スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんのオータムクラシックSP記事など

2015.10.15.Thu.19:29
今夜のFS当日練習は、日が変わって午前1時台!

羽生 今季初戦でSP首位 4回転着氷乱れ「正直悔しい」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/10/15/kiji/ K20151015011324750.html
フィギュアスケートのオータム・クラシックは14日(日本時間15日)、カナダのバリーで行われ、今季初戦となるソチ五輪金メダリストの羽生結弦(ゆづる、20=ANA)は男子ショートプログラム(SP)で93・14点をマークし、首位スタートを切った。
昨季と同じショパンのピアノ曲「バラード第1番」で演技した羽生は、後半の4回転トーループの着氷で手をつく場面もあったが、続く3回転ルッツ+3回転トーループのコンビネーションジャンプは成功。演技後は納得がいかないのか、厳しい表情を崩さなかったが、2位に6・61点差をつけてトップに立った。
15日(同16日)にはフリーが行われる。
女子SPは今井遥(22=新潟県連盟)が58・17点で3位につけた。
▼羽生結弦の話 6分間練習の感触は良かったが、4回転トーループに関しては(着氷が乱れて)正直悔しい。本番という舞台で、いい課題を見つけられた。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/10/15/jpeg/ G20151015011325000_view.jpg

この写真…綺麗だなあ…

羽生結弦、今季初戦でSP首位も「正直悔しい」
http://www.nikkansports.com/sports/news/1552872.html
<フィギュアスケート:オータム・クラシック>◇14日◇カナダ・バリー
今季初戦となる羽生結弦(ANA)が男子ショートプログラム(SP)で93・14点を出し、地元カナダの2位ナム・ニュエンに6・61点差をつけ、首位に立った。
ソチ冬季五輪金メダリストの羽生は、昨季と同じショパンのピアノ曲「バラード第1番」で演技。後半に組み込んだ4回転トーループで着氷が乱れたが、続くルッツ-トーループの連続3回転ジャンプは成功した。
羽生は「6分間練習の感触は良かったが、4回転トーループに関しては(着氷が乱れて)正直悔しい。本番という舞台で、いい課題を見つけられた」と話した。
女子SPは今井遥(新潟県連盟)が58・17点で3位につけた。

フィギュア国際大会・談話
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2015101500378
◇トーループは悔しい
羽生結弦 正直、悔しい。6分間練習でもいい感じに仕上がっていたし、ウオーミングアップの時点で感触のいいものができていたと思うので、やはり(4回転)トーループに関しては悔しい思いが強くある。

◇フリーにつなげられる
今井遥 ショートプログラム自体、自分の中ではいいスタートが切れたので、あしたのフリーにつなげられると思う。(時事)(2015/10/15-11:34)

羽生、自分に厳しく=フィギュア
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015101500441
今季初戦、羽生は完璧な演技を求めていた。ショートプログラム(SP)で当然のように首位に立っても、4回転トーループの着氷でバランスを崩した内容は不満。「正直、悔しい」と残念がった。
SPは昨季と同じショパンの「バラード1番」。だが、曲は同じでもステップを多くし、演技のつなぎを複雑にするなど難度を上げた。失敗した4回転について「気持ちの面や体の使い方など、後半に決める技術を磨かなければいけない」と自分に厳しかった。
今大会は今月末のグランプリ・シリーズ、スケートカナダに向けた足慣らしの位置付け。「ジャンプは曲の中できれいに跳ばなくてはいけないもの。それを含め、ステップを改良していく必要もあるのかなと思う」と課題を挙げる。今季も向上心は尽きないようだ。(バリー時事)(2015/10/15-12:43)

羽生、頭の整理を課題に挙げる「固定概念に縛られている」/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151015/fgr15101515070003-n1.html
フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が14日、カナダのバリーで行われたオータム・クラシックで今季初戦に臨み、ショートプログラム(SP)の4回転トーループで着氷が乱れたが、93・14点で首位に立った。
疲れの出る演技後半に4回転と2連続3回転ジャンプを組み込む意欲的な構成は、得点が加算される一方でリスクもある。羽生は技術よりもむしろ頭の整理を課題に挙げ「後半(の4回転は大変)という固定概念に縛られている。考えなくてはいけないことを絞り切れていない」と説明する。
2季目となるショパンの「バラード第1番」は難しいピアノ曲で、衝突事故などがあった昨季は自分のものにできなかった。ジャンプと曲の調和を掲げる今季は、最大の見せ場となる4回転を後半に入れ、踏切直前のステップも難しくした。
この日は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や終盤のルッツ-トーループの2連続3回転こそ決まったが、大技でバランスを崩した。「直前の練習ではいい感じだっただけに悔しい」と唇をかむ。それでも、20歳の五輪王者は長いシーズンを見据え「1回(4回転を)降りてしまえば怖さはなくなる。どんどん挑戦していきたい」と意欲を口にした。(共同)

フィギュア 羽生 初戦の国際大会で前半首位
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151015/k10010270751000.html
フィギュアスケートの羽生結弦選手が今シーズンの初戦としてカナダの国際大会に出場し、前半のショートプログラムで90点台の高得点をマークしてトップに立ちました。
ソチオリンピック金メダリストの羽生選手は、今シーズンの初戦として自分の練習拠点のカナダで開かれている国際大会に出場し、14日は前半のショートプログラムに臨みました。
羽生選手の今シーズンのショートプログラムは、曲は昨シーズンと同じショパンのピアノ曲ですが、基礎点が高くなる演技後半に4回転ジャンプを組み込むなど難度を上げた構成になっています。羽生選手は冒頭でトリプルアクセル・3回転半ジャンプを難しい助走から完ぺきに成功させましたが、注目された後半の4回転ジャンプは着氷が乱れて回転不足となりました。それでも、ステップやスピン、それにスケート全体では曲に合わせて流れるような美しい滑りを見せ、93.14の高得点をマークしトップに立ちました。
羽生選手は「正直悔しい。4回転ジャンプの失敗は、“後半に跳ぶ”という意識に縛られたり新しいステップから跳んだりしていることに原因があると思う。本番で、よい課題を見つけられた」と振り返りました。
また、女子シングルのショートプログラムでは、今井遙選手が58.17で3位につけました。

動画あり!

International Figure SkatingFB
https://www.facebook.com/figureskatingmag/posts/10154256925277538/
Men's short results from Skate Canada Autumn Classic.
1 Yuzuru HANYU JPN 93.14
2 Nam NGUYEN CAN 86.53
3 Bennet TOMAN CAN 64.95
4 Sean RABBITT USA 64.75
5 Alexander JOHNSON USA 63.27
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xat1/v/t1.0-9/12122807_10154256925277538_5171161281653589326_n.jpg?oh=472b4c45573494fb5447af03c8bee380&oe=5693404E


能登さんのお写真も。
羽生結弦 スケートカナダオータムクラシックSP(1)
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/10/15/post_150/
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/entry_img/151014ac_sp_0413_700.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/entry_img/151014ac_sp_0339_700.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/entry_img/151014ac_sp_0290_700.jpg
新ショパンのお写真3枚。新しい衣装好きだな。金色部分の形はちょっと独特だけど、動いてる時の残像というか、金色の光がほのかに全身を包む感じになるのが素敵。

あとこちらは現地10/14のSP当日練習後のFBとツイなど。

International Figure Skating FB
https://www.facebook.com/figureskatingmag/posts/10154255809547538
Training buddies Yuzuru Hanyu and Nam Nguyen hit the ice this morning for a practice session at ACI.
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xtp1/v/t1.0-9/12118705_10154255809202538_2578839793788542438_n.jpg?oh=f8abbf14c0a82302e3b1266f11a1ee65&oe=56CFE3D2
2015年10月15日 1:45

黒練習着写真1枚。

IFS Magazine ‏@ifsmagazine
https://twitter.com/ifsmagazine/status/654337545640255488
Yuzuru Hanyu hit the ice this morning for a practice session at ACI.
https://pbs.twimg.com/media/CRSsh6YWsAA1Ytf.jpg:large
1:46 - 2015年10月15日
----------
https://twitter.com/ifsmagazine/status/654346289065369601
Men's short starts at 8:02 local time tonight. Yuzuru skates @ 8:24 p.m.
https://pbs.twimg.com/media/CRS0e3aUEAEnBaN.jpg:large
2:21 - 2015年10月15日

FBと同じものと、もう1枚。

あとショーンくんのインタと、アレックスくんのツイに羽生くん(と応援に来ているファン)について。
Autumn Classic blog: The tales of Sean Rabbitt
California-based competitor takes to international ice for first time in career

http://www.icenetwork.com/news/2015/10/13/154283888/autumn-classic-blog-the-tales-of-sean-rabbitt
>One of the other competitors in this event is the 2014 Olympic gold medalist, Yuzuru Hanyu of Japan. Being that this is my very first international, I did my best to brace myself for "Hanyu Mania," which is one of those things that no matter how well prepared you think you are for it, you just can never anticipate what it's really like. Japanese media was everywhere. Skating fans from Japan (Japanese speaking skills initiate!) were snapping countless pictures of Yuzu with their phones and cameras. At first sight, walking into the rink and being in the middle of this flurry of activity can be quite overwhelming -- and for a few minutes, it was. But I didn't let it get to me; instead, I took advantage of the opportunity and let it all soak in. I took a moment to think how cool it was to experience something like this at my first international.
>I got on the ice, and it felt amazing; it was so good to finally get out there and skate! The energy was great, and I was joined by teammate Alex Johnson and Mr. Hanyu. Alex and I both put out two solid programs. Post practice, we all headed to the draw. Alex drew fourth, and I drew 12th (last in the event).

Alexander Johnson ‏@Alex_M_Johnson
https://twitter.com/Alex_M_Johnson/status/654358720454000640
Short program today :) Skating with Hanyu has been a neat experience and his Japanese fans are pretty awesome!
3:10 - 2015年10月15日



こちらはオータムクラシックとは関係ないけど、草太くんのインタ記事の羽生くんについての部分。
「羽生2世」と呼び声高い15歳の逸材 山本草太を形成する“才能”と“努力”
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201510130004-spnavi
>羽生2世と言われるのはうれしい
>――憧れは羽生選手ということですが、いつどういったきっかけで憧れるようになったのですか?
>羽生君が僕くらいの年から知っていて「すごいな、上手だな」と思っていたんです。小学校4年生くらいのとき、全日本選手権が大阪であって僕はフラワーボーイをやったんですよ(2009年)。そのとき羽生君は中学3年生くらいで、近くで見ていたんですけど「あぁ、すごいなぁ」と思って、そのときから好きでしたね。
>――共通点があるとしたらどういう部分だと思いますか?
>やっぱり羽生君もジャンプを得意にしているし、僕もジャンプは得意なので、そういうところですかね。たぶんジャンプは羽生君も天才肌だと思うし、僕もどちらかというと天才肌のほうかなと思っています。
>――羽生選手と会話した中で印象に残っていることはありますか?
>『ポエタ』はフラメンコじゃないですか。宮本先生に「オールバックにしなさい」と髪形も指示されたんですけど、最近までやったことがなかったんですね。オールバックなんて最初は全然セットできなくて(苦笑)。エキシビションで羽生君と一緒になって、ガラスの前で10分〜20分くらいずっとセットしていたら、羽生君が近くにきて「髪型なんてどうだっていいんだよ、スケートが上手だったら」みたいな(笑)。「確かにそうだな、スケートが良かったら格好良いよな」と思いました。
>――羽生選手に憧れていることもあり、「羽生2世」と言われることもあると思うんですけど、それについてご自身では感じる部分はありますか?
>羽生君は僕と一緒にされてもそんなにうれしくないですよね(笑)。僕は憧れているだけあって、「似ている」と言われるのはうれしいですけど、全然そのレベルではないですし、本当にまだまだです。ただ、そう言われる限り羽生君のレベルに到達できるように頑張りたいと思います。
http://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggGIKTdRahzuqNpwlh6hCi.w---x600-y600-q90-pril/c/sports/text/images/2015/1013/201510130004-spnavi_2015101300006_view.jpg

羽生くん確かに髪型どうでも…良い割に時々気合入れた感じの盛りになってるようなw
そういえば今少し髪が長いよね。髪かきあげるシーンも多くてかっこいいなーと思ってたんだけど、あれかな…スケカナの前にもしかして短くしたりするのかな?練習の時に前髪フーッと吹き上げてた時みたいに、おでこ出すのも似合うと思うんだけどなー無いかなー(❀◡❀)

☆追記(19:50)
産経フォトにあの綺麗なお写真あった(。◠‿◠。)
http://www.sankei.com/photo/images/news/151015/sty1510150007-p1.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151015/sty1510150007-p3.jpg

あとnewscomにもSPお写真たくさん!

☆追記(10/16 5:30)

羽生、笑顔なきSP首位…4回転で着氷ミス「悔しい」/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151016/fgr15101605030001-n1.html
フィギュアスケート・オータム・クラシック(14日=日本時間15日、カナダ・バリー)ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が今季初戦に臨んだ。男子ショートプログラム(SP)で93・14点とし、地元カナダの2位ナム・ニュエン(17)に6・61点差をつけて首位に立った。昨季と同じショパンのピアノ曲「バラード第1番」で演技。後半に組み込んだ4回転トーループで着氷が乱れた。女子SPは今井遥(22)=新潟県連盟=が58・17点で3位につけた。
無念の思いをにじませるように両手を広げた。今季初戦で『バラード第1番』を滑り終えた羽生に、笑顔はなかった。93・14点でトップに立ったが、ソチ五輪時にマークした世界最高スコア101・45点には及ばなかった。
「(4回転)トーループは悔しい思いが強い。このプログラムはまだノーミスでやれていないな、とあらためて思った」
ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半に入れた4回転トーループの着氷でバランスを崩したことが不満だった。
昨季は11月の中国杯での衝突事故が影響し、今年3月の世界選手権(ともに上海)で連覇を逃した。
今季に向けての動きは早かった。4月中に練習拠点のカナダ・トロントへ戻り、フリーの新プログラム作成に集中。さまざまな音楽を聴き込み、和風のテーマを選んだ。
15日(日本時間16日)のフリーで披露する『SEIMEI』は映画「陰陽師(おんみょうじ)」で使用された楽曲。自身初の和風プログラムを手の内に入れるために、能や狂言などの日本の伝統芸能を調べ、動きや間を研究した。
「本番という舞台で、いい課題を見つけられた」。前向きな言葉を口にした羽生。世界選手権(来年3月、米ボストン)の出場権がかかるGPシリーズは31日(日本時間)開幕の「スケートカナダ」から登場する。
オータム・クラシック
2014年に始まったフィギュアスケートの国際大会。開催地はトロントから約80キロ離れたカナダ・バリー。6戦で争われ、上位6人が出場するファイナルが行われるグランプリ(GP)シリーズ、10大会が開かれるチャレンジャーシリーズに比べ格付けは低い。

羽生、今季初戦SP首位発進も…後半4回転で着氷ミス「悔しい」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/10/16/kiji/ K20151016011327820.html
今季初戦の14年ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、20=ANA)が、男子ショートプログラム(SP)で93・14点をマーク。演技後半の4回転トーループの着氷が大きく乱れたが、昨季世界選手権5位のナム・ニュエン(17=カナダ)に6・61点差をつけ、首位に立った。女子SPは今井遥(22=新潟県連盟)が58・17点で3位につけた。
ピアノの旋律が始まってから1分50秒後、羽生が4回転トーループを踏み切った。右足で着氷すると体は深く沈み、バランスを崩して手を突き回転不足の判定。「直前の練習ではいい感じだっただけに悔しい」。疲れの出る演技後半、ジャンプの基礎点は1・1倍になる。高難度プログラムを完遂するために20歳が挙げた課題は、技術ではなく思考回路だった。
「後半(の4回転は大変)という固定概念に縛られている。考えなくてはいけないことを絞り切れていない」
今季SPは2季連続でショパンの「バラード第1番」。昨季も演技後半に4回転トーループを入れる構成だったが、アタックできたのは初戦の中国杯のSPだけ。同大会フリー直前の衝突事故、昨年末には腹部手術などアクシデント続きでコンディションが整わず、挑戦の機会はなかった。ジャンプと音楽の調和を掲げる今季。曲は同じでも、衣装に金色をあしらうなど微修正を加え、4回転を踏み切る直前のステップの難度も上げた。
4回転には失敗したものの、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、演技終盤の3―3回転のコンビネーションはきっちり決めた。「このプログラムはまだノーミスでできていないな、とあらためて思った」と振り返るが、確かな手応えも感じた。「(ジャンプで)もっと気持ち良く乗れるところを探す必要がある。本番という舞台で、いい課題を見つけられた」と前向きだ。
昨季は初戦に予定していたフィンランディア杯を腰痛で欠場。その後の苦難を暗示させるようなシーズンの幕開けだったが、今季は違う。15日(日本時間16日)のフリーでは映画「陰陽師(おんみょうじ)」の曲を使い、安倍晴明を演じる。SP同様、演技後半に4回転トーループに挑む予定だ。「一回(4回転を)降りてしまえば怖さはなくなる。どんどん挑戦していきたい」。初の和風プログラムが、羽生のアタックを後押しする。
▽オータム・クラシック 国際スケート連盟(ISU)公認の試合で、主催はカナダ・スケート連盟。ISU主催のGPシリーズ、世界選手権などの大会よりもランクが下で、国際B級大会に位置づけられている。初開催は14年で、今年が2回目。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/10/16/jpeg/ G20151016011329020_view.jpg

フィギュアスケート:オータム・クラシック 羽生、課題を確認 今季初戦
http://mainichi.jp/shimen/news/20151016ddm035050102000c.html
【バリー(カナダ)共同】フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が14日、カナダのバリーで行われたオータム・クラシックで今季初戦に臨み、ショートプログラム(SP)の4回転トーループで着氷が乱れたが、93・14点で首位に立った。
疲れの出る演技後半に4回転と2連続3回転ジャンプを組み込む意欲的な構成は、得点が加算される一方でリスクもある。羽生は技術よりも、頭の整理を課題に挙げ「後半(の4回転は大変)という固定概念に縛られている。考えなくてはいけないことを絞り切れていない」と説明する。
2季目になるショパンの「バラード第1番」は難しいピアノ曲で、衝突事故などがあった昨季は自分のものにできなかった。ジャンプと曲の調和を掲げる今季は、最大の見せ場となる4回転を後半に入れ、踏み切り直前のステップも難しくした。
20歳の五輪王者は長いシーズンを見据え「1回(4回転を)降りてしまえば怖さはなくなる。挑戦していきたい」と意欲を口にした。
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/shimen/images/20151015dd0phj000254000p_size8.jpg


頑張れ羽生くん…!今日の本番、降りれますように!

☆追記(9:00)

羽生、後半4回転ミスも首位発進
http://www.daily.co.jp/general/2015/10/16/0008486555.shtml
「フィギュアスケート・オータム・クラシック」(14日、カナダ・バリー)
フィギュアスケート男子ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が、今季初戦のショートプログラム(SP)に挑み、93・14点で地元の2位ナム・ニュエン(カナダ)に6・61点差をつけ、首位に立った。後半に組み込んだ4回転トーループの着氷が乱れたものの、貫禄の演技を見せつけた。女子SPは今井遥(22)=新潟県連盟=が、58・17点で3位につけた。
求めるレベルが高いからこそ、笑顔は控えめだった。SPは昨季と同じショパンの「バラード第1番」。ただ、今季から基礎点1・1倍となる後半に4回転トーループを組み込み、さらに難度を上げた構成に挑んだ。そのSPの見せ場といえる後半の4回転で着氷を乱し、回転不足の判定。「4回転は悔しい思いが強い。このプログラムはまだノーミスでやれてないな、とあらためて思った」と、唇をかみしめた。
疲れの出る演技後半に4回転と2連続3回転ジャンプを組み込む意欲的な構成は、リスクもはらむ。ただ、進化にどん欲な20歳の五輪王者は、真正面から立ち向かっていくつもりだ。「後半の4回転は大変という固定概念に縛られている」と技術的なものよりも凝り固まった思考を課題に挙げ、「1回(4回転を)降りてしまえば怖さはなくなる。どんどん挑戦していきたい」と、習得に強い意欲をにじませた。
衝突事故やけがなどの不運に悩まされた昨季からの巻き返しを誓う今シーズン。15日(日本時間16日)のフリーでは、陰陽師、安倍晴明を演じる「SEIMEI」の完全版を初披露する。「ここまで和のプログラムを演じられるのは、今の日本男子で僕だけ」と言い切る自信作で、船出を華々しく飾る。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/10/16/Images/f_08486556.jpg

Skate Canada / Patinage Canada FB
https://www.facebook.com/skatecanada/photos/ a.10153316623402039.1073741830.129815677038/10153316624217039/
Yuzuro Hanyu - JPN
場所: Allandale Recreation Centre
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/12074858_10153316624217039_5223954574724216358_n.jpg?oh=fa43235ba1cf194fd3488535a2660cd0&oe=56866715


☆追記(10/16 20:35)
能登さんのお写真追加。
羽生結弦 スケートカナダオータムクラシックSP(2)
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/10/16/post_151/
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/entry_img/151014ac_sp_0521_700.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/entry_img/151014ac_sp_0218_700.jpg

☆追記(10/16 23:45)
スピン中のお写真だから省いてたんだけど、FSの記事で確認したら衣装の細部まで見える大きなお写真がついてたので、こちらも追加。

Hanyu takes lead in season debut
http://www.japantimes.co.jp/sports/2015/10/15/figure-skating/hanyu-takes-lead-in-season-debut-2/
↓ 画像のみ。
http://jto.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2015/10/sp-skating-a-20151016.jpg

腰の金色部分はこんな感じになってるのね。白い生地よりもちょっとしっかりめの記事で、この部分はストーンも金色。袖のところも同じ生地、同じストーンかな。ベースの白い生地は真っ白で、柔らかくて軽そう。青は空色と言っていいのかなやっぱり。全体的に明るい配色で、両腰と両腕に金色のインパクトがあるから腕の上げ下げや上半身を翻した時などにそれがよく見えるようになってると思った。あと白と青の静かな色合いだけじゃなく金色が入ることで温かさも出てると思う。私好きだなーこれ。

☆追記(10/20 2:30)

robin ritoss‏@RobinRitoss
https://twitter.com/RobinRitoss/status/654716015926841344
@***** a few photos from the short program at Autumn Classic@YuzuruHanyu
https://pbs.twimg.com/media/CRYEvpJUcAAmoU0.jpg:orig
https://pbs.twimg.com/media/CRYEvWuUYAEDBYd.jpg:orig
https://pbs.twimg.com/media/CRYEvhTUYAAv0_N.jpg:orig
https://pbs.twimg.com/media/CRYEvucVEAErspm.jpg:orig
2:50 - 2015年10月16日

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。