スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんの報ステ4/13

2015.10.12.Mon.00:09
今頃なんだけど、いよいよの初戦を前に4月の報ステ修造氏インタを。

2015/04/13 報道STATION

羽生結弦 20150413 報ステ 1

松岡:今週の木曜日から始まります、フィギュアスケートの国別対抗戦。見てください、この世界のトップスケーター達が日本にやってきます、団体戦の世界一決定戦なんですけれども、彼らにとっては、今シーズン最終戦ですね。みなさんには、今大会感じてほしい言葉があるんです

羽生結弦 20150413 報ステ 2

松岡:それは、ジャンプの『革命的進化』

羽生結弦 20150413 報ステ 3

松岡:先月中国で行われた世界選手権で、最も話題をさらったシーン。女子ショートプログラムでロシアのトゥクタミシェワ選手が跳んだのは、トリプルアクセル

羽生結弦 20150413 報ステ 4

松岡:現在、女子では最高得点のジャンプです。トリプルアクセルといえば、かつては伊藤みどりさん。そして近年では浅田真央さんの最大の武器。これまで、女子では5人しか成功したことのない超大技を決めて、金メダルを獲得したのです

羽生結弦 20150413 報ステ 5

リーザ:(字幕)フィギュアは進化しなければならないし、次世代の選手はもう3アクセルを跳んでいます。より難しい事に挑戦するのがスポーツであり、1カ所にとどまる事は出来ません

―快挙を目の当たりにした荒川静香さんは

羽生結弦 20150413 報ステ 7

荒川:まあ時代の、扉が開かれたみたいな感じはあります。伊藤みどりさんが完成させても、じゃあ私達の世代がそれを見てこれからはトリプルアクセルの時代になる、っていう予感はなかったんですよ。やっぱり特別な能力を持った方だからこそ出来る。ただこれだけ、浅田真央選手が跳んで、トゥクタミシェワ選手が跳んで、完成させてくると、今後、必要になるんじゃないかと

羽生結弦 20150413 報ステ 10

―事実、世界選手権で銀メダルに輝いた、宮原知子さんも

羽生結弦 20150413 報ステ 15

宮原:練習は、したこと、はあります

羽生結弦 20150413 報ステ 16

松岡:アクセルやってる、前からやってる
宮原:将来的に、跳べるようになりたいな、っていう思いはあります

この二人のインタもっと見たいw

羽生結弦 20150413 報ステ 17-2

―一方、男子の金メダリストとなった、スペインのフェルナンデス選手は

羽生結弦 20150413 報ステ 18

―フリーの演技で、大技4回転ジャンプを1回、2回、これは転倒してしまいましたが、さらにもう一回、今度は成功。一回でも大変な4回転ジャンプを、三回も跳んだのです

羽生結弦 20150413 報ステ 19

―今、フィギュア界を席巻する『革命的進化』

透けてるリーザ様かっこいい。

羽生結弦 20150413 報ステ 20

―果たしてそれは、どこまで行くんでしょうか

フラワーガールも透ける。羽生くんも透ける。プーも透けるw

羽生結弦 20150413 報ステ 21

羽生結弦 20150413 報ステ 22

―4回転ジャンプを武器に、数々のタイトルを獲得してきた、羽生結弦さんに話を聞きました

羽生結弦 20150413 報ステ 24

松岡:4回転って、やっぱすごいものだと思ってたんですよ
羽生:うん

羽生結弦 20150413 報ステ 26 どう思って

羽生結弦 20150413 報ステ 28 どう思って

松岡:自分ではどう思ってますか、4回転っていうのは

羽生結弦 20150413 報ステ 30

羽生結弦 20150413 報ステ 33

羽生:…うーん…

羽生結弦 20150413 報ステ 39

羽生:まあ飛べて当然ですね 笑

羽生結弦 20150413 報ステ 40

松岡:え?

wwwwwwww

羽生結弦 20150413 報ステ 42 4回転

羽生結弦 20150413 報ステ 46 すごく

羽生:4回転跳べない自分がいると、すごく腹が立つんですよ

羽生結弦 20150413 報ステ 49 当たり前

羽生結弦 20150413 報ステ 50-3

羽生結弦 20150413 報ステ 51

羽生:跳べて当たり前なんで

羽生結弦 20150413 報ステ 52

羽生結弦 20150413 報ステ 54

―4回転ジャンプは、跳べて当たり前。ちょっと前までは、考えられなかった言葉です

羽生結弦 20150413 報ステ 56

―5年前のバンクーバーオリンピック。フリーで4回転ジャンプに挑んだのは、24人中10人。まだ半数にも満たない数でした。それが去年のソチオリンピックでは、14人に。先月の世界選手権では、19人。しかもそのうち10人が、4回転に2回以上挑んだのです。わずか5年の間で、この進化。一体、何が起きているんでしょうか

羽生結弦 20150413 報ステ 59 とんでもない

松岡:とんでもないジャンプっていうものが、普通になれるっていう

羽生結弦 20150413 報ステ 62 面白いな

松岡:スポーツの醍醐味って面白いなと思って

羽生結弦 20150413 報ステ 63 だって

羽生:だって、ほら
松岡:はい

羽生結弦 20150413 報ステ 65 テニス

羽生結弦 20150413 報ステ 67 テニスも

羽生:テニスもそうじゃないすか
松岡:はい

羽生結弦 20150413 報ステ 70

羽生:明らかに昔の次元ではないじゃないですか

羽生結弦 20150413 報ステ 74 錦織

羽生:錦織選手にしろ

羽生結弦 20150413 報ステ 78 ボール

松岡:そうですね。ただ、僕テニスで思ってんのは
羽生:はい
松岡:やっぱラケットの、もうとにかく跳ぶようになった、ボールも変わってった、コートも変わってった
羽生:うんうんうんうん

羽生結弦 20150413 報ステ 82 フィギュア

松岡:でもフィギュアは、まあ靴が良くなったとしても

羽生結弦 20150413 報ステ 83 そこまで

羽生:笑
松岡:そこまで変わってないし
羽生:そうですね

羽生結弦 20150413 報ステ 87 なったのか

松岡:何が良くなってみんな4回転跳べるようになったのかなっていうとこですね

羽生結弦 20150413 報ステ 93 興味深い

羽生:ああ…すっごいそれ、興味深いですね

羽生結弦 20150413 報ステ 93-2 今

羽生結弦 20150413 報ステ 94 思いついたのは

羽生:でも、今、自分がパッと思いついたのは
松岡:はい

羽生結弦 20150413 報ステ 95 跳べる

羽生結弦 20150413 報ステ 96

羽生:やっぱ跳べる人がいる、ことってすごい大事なんですよ
松岡:はぁ~

羽生結弦 20150413 報ステ 97 じゃないけど

羽生:4回転跳べる人が、伝承していくじゃないけど

羽生結弦 20150413 報ステ 98 伝えてる

羽生:自分の感覚をみんな伝えてるんですよね

羽生結弦 20150413 報ステ 99 感覚が

羽生:跳べてた人達の感覚が、やっと今、理論として
松岡:ええ

羽生結弦 20150413 報ステ 103 理論として

羽生結弦 20150413 報ステ 105 確立

羽生:スケート界の理論として確立されつつあるんじゃないかな、って思うんですよね

羽生結弦 20150413 報ステ 107 そして

羽生結弦 20150413 報ステ 110

―そして、この話の流れで出てきた、一人の選手の名前

羽生結弦 20150413 報ステ 111 最初は

羽生結弦 20150413 報ステ 113 勝ちたかった

羽生:最初はみんなパトリックに勝ちたかったんですよ

羽生結弦 20150413 報ステ 114 パトリック

羽生:パトリック・チャン選手に勝ちたかったのが始まりだと思います

羽生結弦 20150413 報ステ 116

―パトリック・チャン。2011年から世界選手権三連覇を果たすなど、バンクーバーオリンピック以降、絶対王者として君臨した選手です

羽生結弦 20150413 報ステ 121-2 まだ

羽生結弦 20150413 報ステ 122 安定

羽生:彼が、まだジャンプが安定してない頃に
松岡:ええ

羽生結弦 20150413 報ステ 126 部分

羽生結弦 20150413 報ステ 129 かなわなかった

羽生:でも、他の部分では絶対敵わなかったので
松岡:はい

羽生結弦 20150413 報ステ 131 4回転

羽生結弦 20150413 報ステ 134 立ち向かう

羽生:4回転(の)数増やして、立ち向かうしかなかったので…

羽生結弦 20150413 報ステ 135

羽生結弦 20150413 報ステ 136 彼自身

羽生:たぶん、彼自身が思ってる以上に

羽生結弦 20150413 報ステ 143

羽生:彼がたぶんこの時代を作ったんだと思いますよ

羽生結弦 20150413 報ステ 144

―こうして訪れた『4回転スタンダード時代』

羽生結弦 20150413 報ステ 147

羽生結弦 20150413 報ステ 149

―その進化がさらに加速するのではと感じさせる羽生さんの映像があります。去年の夏、シーズン前の練習なんですが、これです

羽生結弦 20150413 報ステ 152

お顔ぽりぽりしながら(●⁰౪⁰●)

羽生結弦 20150413 報ステ 154

ループ!

羽生結弦 20150413 報ステ 155

転倒!

羽生結弦 20150413 報ステ 157

―羽生さんが挑戦していたのは、4回転ループというジャンプ

惜しかったけどこの起き上がり方かっこよかった(❀´Д`❀)

羽生結弦 20150413 報ステ 164

―フィギュアには、助走や踏切のわずかな違いによって、6種類のジャンプがあるんですが、これまで羽生さんが跳んでいた4回転は、トウループ。もう一つは、サルコウ。現在、ほぼ全ての選手の4回転ジャンプが、この2種類です。それぞれの難度によって設定されている得点が、最も低いトウループ。トウループの一つ上、サルコウ。そして、羽生さんが新たに跳んだ、ループは、さらに一つ上。つまり、より難しい4回転ジャンプを、跳ぶという進化です

羽生結弦 20150413 報ステ 165

羽生結弦 20150413 報ステ 168

羽生結弦 20150413 報ステ 170

羽生結弦 20150413 報ステ 171

羽生結弦 20150413 報ステ 172

羽生結弦 20150413 報ステ 174

きれい…。

―一方で、4回転の種類ではなく、別の進化の方向性も、羽生さんの口から出てきました

羽生結弦 20150413 報ステ 175

羽生結弦 20150413 報ステ 177 それとも

羽生:それとも

羽生結弦 20150413 報ステ 179 5回転

羽生:4回転じゃなくて5回転の時代になっていくのか

羽生結弦 20150413 報ステ 180 5回転

リピートwww

羽生結弦 20150413 報ステ 181 5回転

顔wwwwwwwwwwww

羽生結弦 20150413 報ステ 183 跳べない

羽生結弦 20150413 報ステ 184 思います

羽生:跳べない選手はいないと思いますたぶん

羽生結弦 20150413 報ステ 188 5回転4回転半

羽生:やろうと思えばたぶん出来ると思うんですよ

羽生結弦 20150413 報ステ 191

羽生:5回転4回転半とか。たぶん 笑

羽生結弦 20150413 報ステ 193

松岡:たぶんそれは、羽生さんだからじゃないんですか
羽生:なのかな 笑

羽生結弦 20150413 報ステ 194 もうなんか

羽生結弦 20150413 報ステ 196 なってくる

羽生:いやもうなんか、これ、跳べる時代になってくるんじゃないかなってちょっと、ワクワクしている自分がいます

羽生結弦 20150413 報ステ 197

―ちなみに、国際スケート連盟が現時点で設定しているジャンプの得点は、4回転が最高。そう遠くない将来、ここに5回転の得点は、追加されるのでしょうか

羽生結弦 20150413 報ステ 199 底がない

羽生:フィギュアは本当に底がないので
松岡:はい
羽生:もう、スピンだってこだわり始めたら、回転の速さだったり軸の速さだったり、それこそポジションの綺麗さだったり
松岡:4回転というジャンプだけじゃなくて、全てのものが、どんどん進化していくんだって

羽生結弦 20150413 報ステ 200 ステップ

羽生:(だって)スピンだとかステップだとか、スケーティングもそうですけど

羽生結弦 20150413 報ステ 201 クオリティ

羽生:全てのクオリティを、常に追求したいなと

羽生結弦 20150413 報ステ 205-5

羽生:それがまた、フィギュアの面白いところで

羽生結弦 20150413 報ステ 206 見てて

羽生結弦 20150413 報ステ 207 見てて

羽生:それがまた、みなさんが見てて
松岡:はい

羽生結弦 20150413 報ステ 209 ファンに

羽生:あのー、ファンになる方が多い、ところなんじゃないかな、と思うんですね

羽生結弦 20150413 報ステ 212 これが

松岡:僕は今回聞いてフィギュアスケートをより興味を持って見れるなと思ったんですね。荒川さんと、羽生さんに僕同じ質問をしました。共通してたのは、4回転ジャンプを作ったのはパトリック・チャンだと。5回転を跳べる時代は来る。一番力説してたのは、ジャンプだけ跳べればいいんじゃないんですと。スピン、スケート、全てにおいて全てレベルアップしてオールラウンダーになる、これこそが美しい、これがフィギュアなんですって、もう前乗り(前のめり?)になって話された。それだけこのフィギュアを、二人は愛してる。また得点も今、そうじゃないと上がんないっていうのもあるんでしょうけどね
古館:羽生選手でいうとね、この前、4回転もいっぱい種類あるけどとにかく失敗したじゃないですか
松岡:しました
古館:やっぱり、コンディションが悪かったってこともちろんあると思うんですけど
松岡:ええ、ええ
古館:練習では跳べていても本番で跳べないっていうか、一つの見方として、今おっしゃった全体構成、ここすごく大事で、一点跳べても全体の中の一つになると非常に難しくなっちゃうっていうのありますよね
松岡:古館さんまさにそこを、一番彼も語っててですね、実は長い間話したんですが、最初これ世界選手権の後、銀メダル、失敗しましたよね、とんでもなく悔しがってました。4回転を跳べないことがこんなに悔しいのかと。跳べて当たり前なんだから。だからこそ、この国別対抗戦は最後の、大会だからこそ、このチャンスを自分はものにしますよって、言い方をしてましたね
古館:これなんかねえ、もう国別だから、みんなでワーっとね、楽しくやってるっていうイメージもあるんだけど、あれすごい戦いですよね
松岡:これはショーじゃないんです、戦いなんだ。もう羽生さんの言葉が今感じてます


スピン、ステップ、スケーティング、全てを追求したいと語る羽生くん。以前からずっと語っていることだけれど、その時々に新しい課題ややりたいことなどによって具体的な重点ポイントは変化したり進化したりしてるんだろうな。
4Aや5Tとかは…とりあえず想像で楽しみにしとこうw
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。