スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.30.Tue.16:55
羽生くんが手術…


羽生 尿膜管遺残症で手術 2週間入院
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/12/30/0007623168.shtml
日本スケート連盟は30日、フィギュアスケート全日本選手権後、腹痛のため精密検査を受けたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=の検査結果について、尿膜管遺残症と診断され、同日手術したと発表した。2週間の入院治療と、1カ月の安静加療が必要で、代表入りした世界選手権(来年3月、中国・上海)出場にも影響が出てきそうだ。
羽生は28日まで行われた全日本で3連覇を達成し、来年3月の世界選手権(中国、上海)代表に決定したが、12月上旬のGPファイナルから続く腹痛のため、精密検査を受けることを発表した。29日のエキシビションを欠場し、都内で精密検査を受けていた。
27日のフリー演技後にはこれまでにないほど息が切れ、汗がしたたり落ちていた羽生。「体調が悪くて、ちょっと大変でした」と話していたが、実は腹痛に悩まされていた。
エキシビション欠場とともにコメントを発表。「ファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、精密検査を行うことを勧められました。まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」と、説明していた。
今季の羽生は11月の中国杯で他選手と衝突し、頭部、腹部など計5カ所を負傷。しかし、1カ月後のGPファイナルで連覇を達成し、全日本も圧倒的な強さで3連覇を達成した。



羽生くん・・・・・
冷静に読もうと思うけど、手が震えてよくわからない。

今日、お腹を手術して、1月中旬まで入院して、一ヶ月安静に…。
ここからはもう良くなる一方、って思っても、たまらない…。



☆追記(12/31 17:00)
昨日からの記事など、ちょっと整理。

朝日新聞スポーツ‏@asahi_sports
https://twitter.com/asahi_sports/status/549826682975043584
フィギュアスケートの羽生結弦選手、尿膜管遺残症で、本日手術治療したそうです。約2週間の入院、約1カ月の安静加療が必要だそうです。(後)#figureskate
16:17 - 2014年12月30日
----------
https://twitter.com/asahi_sports/status/549827014677372929
日本スケート連盟の発表によると、羽生結弦選手、スポーツ活動は経過をみながら開始となるそうです。(後)#figureskate
16:19 - 2014年12月30日

芳賀竜也‏@mainichi_haga
https://twitter.com/mainichi_haga/status/549829978972360705
【速報】日本スケート連盟は30日、フィギュア男子の羽生結弦選手が受けた精密検査について、尿膜管遺残症と診断されて手術を受け、約2週間の入院と約1カ月の安静が必要と発表。今後の競技活動は経過をみながらとの認識を示しました。
16:30 - 2014年12月30日


Javier Fernández skaterFB
https://www.facebook.com/javierfernandezskater/posts/759337637481768
I'd like to wish Yuzuru a speedy recovery. We want you back soon!
Quiero desear a Yuzuru una rápida recuperación.Te queremos de vuelta pronto!

Yuzuru Hanyu out 1 month after bladder surgery
http://olympictalk.nbcsports.com/2014/12/30/yuzuru-hanyu-surgery-figure-skating-winter-olympics-japan/
2014年12月31日 3:14
----------
Javier Fernandez‏@javierfernandez
https://twitter.com/javierfernandez/status/550002844557115392
I'd like to wish Yuzuru a speedy recovery.We want you back soon
Quiero desear a Yuzuru una rápida recuperación.Te queremos de vuelta pronto!
3:57 - 2014年12月31日

Misha Ge‏@mishageofficial
https://twitter.com/mishageofficial/status/550090190174179328
Very sad to hear about Yuzu condition. I wishing him fastest recovery. Rest well buddy,but dont forget we will wait you at WR!
9:44 - 2014年12月31日
----------
https://twitter.com/mishageofficial/status/550090377340780544
#GetBetterYuzu (🔵🔥) We all with You !
9:45 - 2014年12月31日



羽生、世界選手権ピンチ…尿膜管遺残症で安静1カ月半/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20141231/fgr14123105040002-n1.html
世界選手権、V2ピンチ-。フィギュアスケート全日本選手権(長野)で3連覇を達成後、腹痛を訴え精密検査を受けていたソチ五輪男子金メダルの羽生結弦(20)=ANA=の病名が30日、『尿膜管遺残症』と判明、緊急手術を受けた。日本スケート連盟によると、術後は約2週間の入院を含め、約1カ月半の安静加療が必要。V2を目指す来年3月25日開幕の世界選手権(上海)出場に暗雲が垂れ込めた。
再び試練が訪れた。痛みをこらえながら精密検査を受けた羽生に下った診断は『尿膜管遺残症』。約50人に1人の割合の病気だった。羽生は緊急手術を受けたが、2週間の入院を含めると、約1カ月半の安静が必要で、競技に復帰できるのは来年2月中旬以降。準備期間が少なく、世界選手権(3月)でのV2はおろか、出場さえもがピンチに陥った。
華麗な演技の陰で、痛みと戦い続けていた。27日に行われた全日本選手権フリーを終えた直後、痛そうにおなかを押さえた。全身から吹き出る汗も気にせずびしょぬれのまま取材エリアへ。「体調が悪いなか、ミスを最小限にとどめられた」。2005年~07年の高橋大輔以来となるV3よりも、滑りきったことに胸をなで下ろしていた。
11月のグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯(上海)で羽生は他選手と激突。腹部挫傷など全治2、3週間のけがを負った。その後は体重が2、3キロ減り、練習再開時は痛みに襲われた。連戦続きに体が悲鳴をあげていたのも事実だ。
日本男子初の連覇を果たしたGPファイナル(バルセロナ)期間中から断続的な痛みが腹部を襲った。16日に帰国後、医師に相談した結果、精密検査を受けることを勧められた。痛みと蓄積された疲労で思うような練習はできなかった。29日のエキシビションを欠場し、精密検査を受けた。
痛みを放っておくと、最悪の場合、腹膜炎など重い病気になる可能性がある。この日、行われた緊急手術は無事、終了したが、約2週間の入院治療を含め、約1カ月半の安静加療が必要で、スポーツ活動は経過を見ながらの開始となる。
シーズン当初はショートプログラム(SP)、フリーともにジャンプの基礎点が1・1倍となる演技後半に4回転を組み込む予定だった。中国杯でのアクシデントによりその計画は頓挫。指導を受けるブライアン・オーサー氏(53)=カナダ=と相談し、年内は難度を下げる選択をした。悪夢に襲われた因縁の地で、目標とする構成に戻すことに師弟そろって前向きだったが、思わぬ病に出場さえ危ぶまれる事態に陥った。
過去にも持病のぜんそくや腰痛に耐え、難題を乗り越え成長してきた羽生。上海で再び、その雄姿を見せられるか-。いまは早期回復を祈るしかない。
http://www.sanspo.com/sports/images/20141231/fgr14123105040002-p1.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20141231/fgr14123105040002-p2.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20141231/fgr14123105040002-p3.jpg

羽生手術 入院2週間&1カ月は絶対安静…3月世界選手権ピンチ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/31/kiji/ K20141231009552510.html
プリンスがまた大ピンチに陥った。日本スケート連盟は30日、フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリストで、3連覇を達成した全日本選手権後に腹痛の精密検査を受けた羽生結弦(ゆづる、20=ANA)の診断を発表。「尿膜管遺残症」でこの日、手術を受け、約2週間の入院治療と約1カ月の安静加療が必要で、スポーツ活動は経過をみながら開始するとした。連覇を狙う来年3月25日開幕の世界選手権(中国・上海)へ、暗雲が漂ってきた。
スケートの神は、どこまでプリンスに試練を与えるのか。日本スケート連盟によると「尿膜管遺残症」と診断された羽生はこの日、手術を受けた。約2週間の入院と約1カ月の安静が必要で、いつ練習再開できるかは不透明だ。連覇がかかる3月25日開幕の世界選手権まで約3カ月あるものの、調整プランに大幅な修正が必要になっただけでなく、コンディション次第では出場すらできない可能性もある。
日本男子初の連覇を達成した、約20日前のGPファイナル(バルセロナ)の時から腹痛を訴えていた羽生は、16日の帰国後に医師と相談した際、全日本選手権後に精密検査を受けることを勧められていた。27日の全日本男子フリー後には腹部を押さえ、取材エリアでは「体調が悪いというより疲れがたまっている。いろいろ、ちょっと大変でした」とコメント。具体的な症状には触れなかったものの、ファイナルから全日本までに体重が2~3キロ減るなど、ギリギリの状態だったという。検査のため29日のアイスショーも欠場した。
「貴重な体験をさせていただいた」と総括していた14年は、最後まで平穏には終わらなかった。2月、ソチ五輪で日本男子初の金メダルを獲得すると、3月の世界選手権も制覇。世界王者になっても進化を求め、新シーズンではSP、フリーともに演技後半に4回転を組み込む超高難度プログラムをつくり上げた。だが、今季初戦に予定していた10月のフィンランディア杯を腰痛で欠場。11月の中国杯では男子フリー直前の6分間練習で中国選手と激突し頭部、下顎から流血した。5カ所も負傷したが、3週間後のNHK杯に出場した。
当初の予定では、ソチ五輪金メダルによる年明けからの表彰ラッシュを終えた1月中旬以降、拠点のカナダ・トロントに戻るはずだった。世界選手権では演技後半の4回転解禁も目指していたが、今の状況では全てが白紙に。苦境を乗り越えて勝った全日本後、さらなる苦境を予見したのか、羽生は言った。「壁の先には、壁しかない。人間はそういうものと思っている」。新たな壁を乗り越えるため、今は静かに体の回復を待つ。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/31/jpeg/ G20141231009552530_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/31/jpeg/ G20141231009552540_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/31/jpeg/ G20141231009552520_view.jpg

【フィギュア】羽生、緊急手術していた!尿膜管遺残症で1か月半安静
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141231-OHT1T50000.html
フィギュアスケートのソチ五輪金メダリストで腹痛を訴えていた羽生結弦(20)=ANA=が30日、「尿膜管遺残症」と診断され、同日、手術を受けた。日本スケート連盟が発表したもので、約2週間の入院と、その後は約1か月の安静加療が必要とされる。2連覇がかかる来年の世界選手権(3月23日開幕、上海)に大きな影響を及ぼす可能性が出てきた。
尿膜管遺残症は、へその緒と膀胱(ぼうこう)をつなぐ尿膜管が出生後も残って炎症などを起こす症状。11月のGPシリーズ・中国杯の練習で中国選手と激突して負った「腹部挫傷」とは無関係とみられる。
羽生は3連覇を遂げた27日の全日本選手権(長野)で、今月12、13日のグランプリ(GP)ファイナル(バルセロナ)から腹部に断続的な痛みがあったことを明かし、29日のアイスショーを欠場していた。全日本選手権期間中は吐き気を催す時もあるほどの体調だった。28、29日に都内で複数の医師に診察を受け、羽生を含む関係者で慎重に協議した結果、手術に踏み切った。
日本スケート連盟が「スポーツ活動は経過を見ながら開始となる」と発表したように、世界選手権連覇プランは大きく狂う。当初の計画は、1月中旬に練習拠点のカナダ・トロントに戻り、ショートプログラム(SP)、フリーとも基礎点が1・1倍になる後半に4回転ジャンプを組む込む構成に変更して練り込むはずだった。しかし、開幕前に約1か月の猶予しかないことを考えれば、再び調子を取り戻すことで精いっぱいだろう。持病のぜんそくや腰痛にも耐えながら歴史を塗り替えてきた20歳のエース。まず、体を治してから復活を目指す。
◆尿膜管遺残症 尿膜管とは胎児の時にへその緒と膀胱をつなぐ管で、本来は出生後に正中臍靱帯(さいじんたい)と呼ばれる組織に変化する。管のまま、あるいはスペースとして残った状態を尿膜管遺残と言い、これが炎症を起こす症状。発熱やへそ周辺の激しい痛みを発し、へそから膿(うみ)のような分泌物が出ることがある。治療は、抗生物質で炎症を治めることはできるが、完治には摘出手術が必要になる。
http://www.hochi.co.jp/photo/20141231/20141231-OHT1I50000-1.jpg

羽生が手術 世界選手権大ピンチ!?
http://www.daily.co.jp/general/2014/12/31/0007624496.shtml
日本スケート連盟は30日、フィギュアスケート男子ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が、都内の病院で「尿膜管遺残症」と診断され、同日手術したと発表した。羽生は3連覇した全日本選手権の後、12月中旬から続く腹痛のため、28日から都内の病院で精密検査を受けていた。2週間の入院治療と1カ月の安静加療が必要で、連覇の懸かる世界選手権(来年3月、上海)出場にも影響が出る可能性がある。
フィギュア界にとどまらず、日本中のファンに衝撃が走った。腹痛を訴えていた羽生が、尿膜管遺残症と診断され、この日手術したと日本スケート連盟が発表。今後は2週間の入院治療と、1カ月の安静加療が必要で、代表入りした世界選手権出場も危ぶまれる事態となった。
羽生は28日まで行われた全日本選手権で3連覇を達成し、世界選手権の代表に決定。ただ、12月上旬のGPファイナルから続く腹痛のため、精密検査を受けることを発表。そして29日のエキシビションを欠場し、都内で精密検査を受けていた。
27日のフリーの演技後には、過去にないほど息を切らし、汗がしたたり落ちていた。「体調が悪くて、ちょっと大変でした」とコメント。エキシビションを欠場する際、「ファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、精密検査を行うことを勧められました。まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」と、説明していた。
今季の羽生は11月の中国杯で他選手と衝突し、頭部、腹部など計5カ所を負傷。一時は選手生命も危ぶまれたが、1カ月後のGPファイナルで連覇を達成し、全日本も圧倒的な強さで3連覇を達成した。しかし今回、再びアクシデントに直面。当面は治療に専念し、練習再開は状態をみながら判断していくことになる。

羽生またも試練 世界フィギュア万全の状態は困難
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141231_14028.html
フィギュアスケートの羽生結弦(ANA、宮城・東北高-早大)がまたしても試練に直面した。尿膜管遺残症と診断されて手術を受け、1カ月半の安静が必要となった。日本スケート連盟は「スポーツ活動は経過を見ながら開始となる」と発表。順調に回復すれば来年3月25日に開幕する世界選手権まで1カ月程度の調整期間があるが、万全の状態で2連覇に挑むのは難しそうだ。(27面に関連記事)
3連覇を果たした28日までの全日本選手権では五輪王者の自覚が体を突き動かし「自分が強く望み出場した」と言うが、本調子でないのは明らかだった。ブライアン・オーサー・コーチも教え子の体の異変を示唆し「世界選手権までには復帰できると信じている。今はみんなが忍耐強くあるべき時」と険しい表情を浮かべていた。
11月の中国杯で他選手と練習中に激突して全治2、3週間の大けがを負ったが、驚異的な回復力を見せて3週間後のNHK杯で銀盤に戻った。腹痛の症状が出ていたグランプリ・ファイナルは圧巻の演技で2連覇した。
持病のぜんそくや腰痛にも耐えながら日本フィギュア界の歴史を塗り替えてきた20歳のエースは「壁の先には壁しかない」と苦難に立ち向かう覚悟がある。まずは体を治してから復活を目指す。
http://photo.kahoku.co.jp/graph/2014/12/31/01_20141231_14028/image/001.jpg

羽生腹部手術 1カ月半安静
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20141231-1415911.html
激動の1年間の締めくくりに、またも困難が待っていた。日本スケート連盟は30日、フィギュアスケートのソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(20=ANA)が精密検査で「尿膜管遺残症」と診断され、同日手術を受けたと発表した。約2週間の入院と約1カ月の安静加療が必要で、2連覇が懸かる来年3月の世界選手権(上海)出場に影響を及ぼす可能性も出てきた。
2月のソチ五輪での金メダル、3月の世界選手権での初制覇から始まった14年。今季は初戦となった11月の中国杯での激突事故で、腹部挫傷など全治2、3週間のけがを負った。故障を抱えて万全でない状態ながらも、GPファイナルでは復活優勝で2連覇を果たした。そして、28日まで行われた全日本選手権で3連覇。「疲れた~。やっと年が終わる」と感慨深げに振り返っていたが、年の瀬までも病院内のベッドの上で過ごすことになった。
腹部にはファイナル期間中から断続的な痛みがあった。中国杯での激突との直接の因果関係はないとみられるが、関係者は「あの激突がなかったら起きなかった症状だったと思う」とも見解を述べた。
降り掛かる困難を「壁」と称し、「壁を乗り越えた先には壁しかない。でも、人間はそういう風に課題を克服したら次の課題にいくのかな」と進化の糧にしてきた。約3カ月後に行われる世界選手権までの調整期間は、順調に回復すれば2カ月弱ある。今度はこの経験をどう血肉としていくのだろうか。【阿部健吾】
◆尿膜管遺残症 へそ周辺の病気。胎生期の尿膜管(胎児の時にへその緒の中を通り、ぼうこうからの排せつ物を母体へ送るための管)の退化が不完全な場合に、残った尿膜管が原因で、へそからうみのような分泌液が出る。それが化膿(かのう)や炎症を起こし、痛みが生じる。
http://www.nikkansports.com/sports/news/img/sp-et20141231-1-ns-big.jpg

【佐野稔】世界選手権まで筋肉落ち厳しい…まずはじっくり治して
http://www.sanspo.com/sports/news/20141231/fgr14123105000001-n1.html
「中国杯からNHK杯までの状況とは違う。2週間入院することで体を動かせず、筋肉が落ちてしまう。1カ月半の安静となれば、残り1カ月余で迎える世界選手権は、出場するにしても、かなり厳しい状況で臨むことになる。羽生はソチ五輪から休むことなく走り続け、GPファイナル、全日本選手権でも優勝した。世界選手権に出場したい気持ちは理解できるが、まずは病気と闘ってじっくり治してほしい」(1976年インスブルック五輪代表、77年東京世界選手権銅メダリスト)

関連記事
コメント
No title
つゆこさん、わたしもたった今知りました…あまりのことに手が震えてしまって…。

なんていう状況で戦ってきたんでしょうね。
そしてなぜこんなにも、まだたった20歳の羽生くんが次から次へと試練がふりかかるんでしょう…。
代わってあげれるものなら代わってあげたいです(><)

ほんとうに言葉もありません…せっかくスケートをしていて楽しいって、思える心が戻ってきたばっかりだったのに…。

今後の競技活動とか、スケジュールとか、そんなのは考えずにまず、本当に本当にバッチリな体調になりますように!!!

Re: No title
れもんばーむさま


こんばんは。本当に…。
第一報は朝日の後藤さんと毎日の芳賀さんの公式ツイでしたが、TLに流れて来て「手術」という言葉を見た瞬間息が止まるかと思いました。大げさかもしれませんが…。聞き慣れない病名でしたし、2週間の入院と1ヶ月の安静が必要ということにも、驚きましたし胸が苦しくなりました。
それから病気についても調べてみると、本当に、とても痛そうで……。
症状はもちろん、体験された方の術後の経過なども見ると…。

本当に、祈ってます。
れもんばーむさまの最後に一文に心から共感です。
一日も早く痛みが引いて、体を思うように動かすのが大丈夫になって、心身ともにバッチリになりますように。


つゆこ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
はなさま


こんにちは❤あけましておめでとうございます!
昨年はこちらこそ大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします♪(*◍∇◍*)
私も初詣でお祈りしてきます。

お知らせありがとうございます!
確かフライングでもう出している店舗があるという噂はありましたw
でも全国的にはまだですよね。楽しみですね~(❀>ω<❀)


つゆこ

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。