スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんのGPファイナルEXその他記事など

2014.12.15.Mon.22:33
バンケのお写真来たー!

maiashibutani
http://instagram.com/p/woIAs8S7qy/
Some of my faves
http://photos-f.ak.instagram.com/hphotos-ak-xfa1/10865279_1515048165437325_1089682025_n.jpg
2014-12-15, 21:13

マイアちゃんとコフトンと無良くんと、羽生くん!

alexshibutani
http://instagram.com/p/woQFgQQm9B/
thick as thieves | 📷: @takahitobh5d #GPFBarcelona
http://photos-a.ak.instagram.com/hphotos-ak-xap1/1515378_645052962291200_1518681286_n.jpg
2014-12-15, 22:24

こちらはアレックスとマイアちゃんとコフトンと無良くんと!
かわいい…(❁´Д`❁)いつかどこかで見た妖精風の髪型だね!

今回バンケ写真、公開で来てるのまだこれだけかな?セラフィマとめどべたんのインスタにも来てるけど、二人とも鍵なんだよね(いつのまに…)。セラフィマのインスタはセラフィマと昌磨くんと草太くんと羽生くんの4人でのお写真で、セラフィマによると「羽生くんから写真撮ろうって言われた」と!キャー! (n´∀`n)
そしてめどべたんのインスタにはめどべたんと羽生くん、後ろにアンナちゃん。アンナちゃんはめどべたんの頭の上でピース。めどべたんはキャプションで「いつも台無しにする友達」とwww羽生くんとツーショのつもりだったのかなw機械翻訳なので誤訳だったらごめんwww

昨日からの記事いくつか。

羽生、連覇達成から一夜明け「眠いのに興奮で寝付けなかった」/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20141214/fgr14121421320015-n1.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで日本男子初の2連覇を果たした羽生結弦(ANA)がフリーから一夜明けた14日、バルセロナで取材に応じ、7日に20歳の誕生日を迎えたソチ冬季五輪金メダリストは「10代に残してきた課題をしっかり克服できた。眠いのに興奮してなかなか寝付けなかった」と笑顔で語った。
11月の中国杯で他選手と激突して負傷後、反響の大きさに「びっくりしたし、迷惑を掛けたと反省した」という。激動の1カ月を乗り越え「向上心は持ち続けたい。そういうところは子どもであり続けたい」と成人の誓いを立てた。
上位選手らによるエキシビションでは「優勝の喜びをかみしめて滑りたい」と熱演した。ジュニアGPファイナルの男子で初優勝した宇野昌磨(愛知・中京大中京高)も出演し、4回転ジャンプを決めて歓声を浴びた。(共同)
http://www.sanspo.com/sports/images/20141214/fgr14121421320015-p1.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20141214/fgr14121421320015-p2.jpg

羽生「浮かれている状態じゃない」=フィギュアGPファイナル
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014121400545
【バルセロナ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル男子で連覇を果たした羽生結弦(ANA)が一夜明けた14日、取材に応じ、「今なすべきことがなせた。浮かれている状態じゃないし、全日本選手権に向けて、ハードな練習がやってくる」と次の年末の大一番を見据えた。
中国杯の激突で負傷してから1カ月。今大会ではショートプログラム、フリーとも4回転ジャンプを全て成功させ、復活を遂げた。NHK杯では残っていた恐怖心にも「そんなのに振り回されてはいられない感触があった」と精神面でも乗り越えた様子だ。
7日に20歳になって最初の大会だったが、「僕にとっては、10代に残してきた課題をしっかり克服できた試合だった」と満足感を示した。
羽生はこの日のエキシビションに出演した。 (2014/12/14-21:31)

羽生結弦のアイデア光った 4回転サルコー、復活導く
http://www.asahi.com/articles/ASGDG63Y8GDGUTQP01V.html
跳び上がった瞬間、羽生は「きたっ」と感じた。冒頭の4回転サルコー。流れるように氷に下りた。「こんなにきれいに決まったのは初めて」。続く4回転トーループもきれいに着氷した。
終盤の3回転ルッツで転倒しても、昨年のこの大会で記録したフリーの自己ベストを更新。GOE(出来栄え)で高い評価を受けた二つの4回転ジャンプが得点を押し上げた。
鍵となったのは、演技直前の一コマだった。
前の選手の得点を待つ間、羽生はいつも3回転ループを跳ぶ。だが、この日はトリプルアクセル(3回転半)に変えた。「ループは簡単に跳べる。体への刺激が足りない」。6分間の公式練習の後、出番まで30分以上あり、体は冷える。最終滑走を何度も経験している羽生がいう「一番過酷な状況」の中で、序盤に負担の大きい4回転ジャンプを成功させるため、より回転数が近いジャンプを跳ぶことを試みた。
4位に沈んだ11月末のNHK杯後、本番を想定した練習を繰り返した。体を温めた後、一度リンクから上がってスケート靴を脱ぎ、10分後に演技する。だが、何度やっても4回転サルコーが決まらなかった。「ウォーミングアップの仕方が悪い」。自らを追い込む中で、アイデアは生まれた。
中国杯での衝突事故。作り笑いを浮かべて「笑うのもつらい」と言ったNHK杯。この1カ月、苦しみ続けた五輪王者が完全復活を印象づけた。(金島淑華)

【フィギュア】羽生「興奮で寝付けなかった」Vから一夜明け笑顔
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141214-OHT1T50224.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで日本男子初の2連覇を果たした羽生結弦(20)=ANA=がフリーから一夜明けた14日、バルセロナで取材に応じた。ソチ冬季五輪金メダリストは「10代に残してきた課題をしっかり克服できた。眠いのに興奮してなかなか寝付けなかった」と笑顔で語った。
11月の中国杯で他選手と激突して負傷後、反響の大きさに「びっくりしたし、迷惑を掛けたと反省した」という。激動の1か月を乗り越え「全然浮かれている状態じゃない。向上心は持ち続けたい。そういうところは子どもであり続けたい」と成人の誓いを立てた。
上位選手らによるエキシビションでは「優勝の喜びをかみしめて滑りたい」と熱演した。ジュニアGPファイナルの男子で初優勝した宇野昌磨(16)=愛知・中京大中京高=も出演し、4回転ジャンプを決めて歓声を浴びた。
http://www.hochi.co.jp/photo/20141214/20141214-OHT1I50048-1.jpg


ここから少しEXのツイレポとお写真。

GP Figure Skating‏@ISU_Reporter
https://twitter.com/ISU_Reporter/status/544038446072078336
Group Choreography
https://pbs.twimg.com/media/B4zQEBLCMAE6unB.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B4zQEwKCcAAiMWB.jpg:large
16:57 - 2014年12月14日
----------
https://twitter.com/ISU_Reporter/status/544042633249976320
Yuzuru practicing early 3 Axel
https://pbs.twimg.com/media/B4zT4ChIgAI5BVY.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B4zT4m3IUAASVU1.jpg:large
17:14 - 2014年12月14日

EX練習で3A!黄色ネックウォーマーかわいいー!

florentina_tzone
http://instagram.com/p/wlYO8JuJAF/
There's never a dull moment at the arena. Now, at the @gpfbarcelona.
http://photos-g.ak.instagram.com/hphotos-ak-xfa1/10848305_1538520506405350_1955522365_n.jpg
2014-12-14, 19:37

インタ中の羽生くん。今日放送されたいくつかの映像でこういう背景のところで答えてるのあったね。

GPF Barcelona 2014@gpfbarcelona
https://twitter.com/gpfbarcelona/status/544088638355935232
Yuzuru is ready to enchant Barcelona for one last time (at least for now!). #gpfbarcelona
https://pbs.twimg.com/media/B4z9u6bIcAArhYX.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B4z9u1iIcAAuXpH.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B4z9upcIEAAk6ny.jpg:large
20:16 - 2014年12月14日
----------
https://twitter.com/gpfbarcelona/status/544117353928478721
Two friends! Javi introduces Yuzuru's performance at the gala exhibition. #gpfbarcelona
https://pbs.twimg.com/media/B40X2TcIQAA0syy.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B40X2YRIAAEZrA4.jpg:large
22:11 - 2014年12月14日
----------
https://twitter.com/gpfbarcelona/status/544118372989145089
Barcelona cheers as Yuzuru Hanyu from Japan dances on ice. #gpfbarcelona
https://pbs.twimg.com/media/B40YwvFIAAAbAFj.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B40YxftIMAABgLa.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B40YxMSIIAIisxz.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B40Yxr8IcAA-OsP.jpg:large
22:15 - 2014年12月14日

綺麗だねー…ほんとに…。

Absolute SkatingFB
https://www.facebook.com/113697665347647/photos/a.349141035136641.92268.113697665347647/849697325081007/

https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/1013845_849697325081007_2006326296205530048_n.jpg?oh=9baab8ad1b84699af833c4dd20e72219&oe=550364AF
----------
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=849278448456228&id=113697665347647

https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/10391379_849278391789567_5472947179417258709_n.jpg?oh=181fd7dbc92e752292d522ddbc32a2f5&oe=55113A2C
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/10848025_849278395122900_8041041379210686300_n.jpg?oh=982e3a527f151701d15dae914e60bb46&oe=550CA46E
----------
https://www.facebook.com/113697665347647/photos/a.349141035136641.92268.113697665347647/849447441772662/

https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/10418222_849447441772662_1743364756680313531_n.jpg?oh=aa59e069ff671d846b17c783fb1a1734&oe=5503ACC1

テレビ朝日 フィギュアスケートFB
https://www.facebook.com/tvasahifigure/photos/a.151712928305092.38498.150636491746069/487765224699859/

https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/v/t1.0-9/10850322_487765224699859_6786838788560399230_n.jpg?oh=b7c9b9dc1927d86766d193c5056c0f6a&oe=550D6107&__gda__=1427185087_f6c3336a335a051b64d4501c989d87bf

Grand Prix Final 2014 BarcelonaFB
https://www.facebook.com/gpf2014barcelona/photos/a.1524225294512548.1073741873.1418861008382311/1524299334505144/

https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/1470044_1524299334505144_2357538510540211116_n.jpg?oh=413b4d196ff8e822ddbb9fbaed0832e7&oe=54FC35A8
----------
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1524383951163349.1073741874.1418861008382311

https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/10868045_1524384307829980_1209123791559480686_n.jpg?oh=223eaebaaeb331f7fa8e7a06423fb609&oe=553DC609
https://fbcdn-sphotos-g-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xap1/t31.0-8/1048957_1524384367829974_4799642465898710743_o.jpg

Edea SkatesFB
https://www.facebook.com/EdeaSkates/posts/473301266143985

https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/v/t1.0-9/10360343_473300102810768_5431997172829499521_n.jpg?oh=811fd83c41f3841f43861b147baac1c2&oe=55452B73
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xfp1/v/t1.0-9/10846020_473300112810767_8674514728913458371_n.jpg?oh=ee5f5d6156c135765b4b434e2f580b2c&oe=55080656
https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/v/t1.0-9/10846096_473300099477435_7742985522889670185_n.jpg?oh=534fdbea6bd8a002eb98ae5d55b22951&oe=54FF327E&__gda__=1427233734_d512949557285f3154f5d6507133b49f
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xfp1/t31.0-8/10873013_473300109477434_7623386741266645640_o.jpg
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xap1/t31.0-8/10869307_473300136144098_6164230991565276594_o.jpg


能登さんのお写真も。
羽生結弦 グランプリファイナル SP
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/sp/

http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141212m_fs0529.JPG
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141212m_fs0206.JPG
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141212m_fs1339.JPG

羽生結弦 グランプリファイナル フリー
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/15/gp/

http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141213m_fs1142.JPG
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141213m_fs1030.JPG
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2014/12/14/141213m_fs1285.JPG
能登さんのお写真って、全体的に静かな目線だけど鮮やかで躍動感があって、特に目の表情がはっきりしてることが多いなと思う。どれもしばらく見とれてしまう。

そしてエリナさんのお写真も。
The ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2014 – Day 3
http://www.elinapaasonen.com/blog/2014/12/14/the-isu-grand-prix-of-figure-skating-final-2014-day-3-1

http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d6728e4b08a093ba4e7e1/1418553128890/DSC_4137sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d6726e4b08a093ba4e7d9/1418553127446/DSC_3881sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d6728e4b062b18d613476/1418553129399/DSC_4013sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d672ae4b062b18d613478/1418553131782/DSC_4317sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d6729e4b08a093ba4e7e3/1418553130061/DSC_4375sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d672ae4b08a093ba4e7e5/1418553131667/DSC_4395sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d672ce4b062b18d613480/1418553133536/DSC_4620sweb.jpg
http://static.squarespace.com/static/53e0a8cae4b0f2394feecf6a/548d6722e4b0d462d9e244c3/548d672ce4b08a093ba4e7ed/1418553133117/DSC_4635sweb.jpg
最後の写真可愛すぎや。

テレビ朝日 フィギュアスケート‏@figureskate5ch
https://twitter.com/figureskate5ch/status/544084197657165826
羽生結弦選手、日本男子初のGPファイナル連覇達成!「自分らしい演技ができた」というフリーの演技を期間限定で公開中です!そして!GPファイナル「エキシビション」は今夜11時30分からテレビ朝日系列にて放送! #GPファイナル
https://amp.twimg.com/v/9c0d38d4-5d5a-4cb1-8e29-2f1a8633de95
19:59 - 2014年12月14日

今回このテレ朝ツイの動画すごく嬉しかったな。

そして草太くん!!!

Sota Yamamoto@so_ta0110
https://twitter.com/so_ta0110/status/544124026202116096
念願の夢が叶った😭
一生の宝物です!!!
https://pbs.twimg.com/media/B40d5-aCAAEfgZj.jpg:large
22:37 - 2014年12月14日

念願だったのかー!今まで撮る機会なかった(ってことだよね)の意外w結何回か共演してるのにwなんか二人とも本当の兄弟みたい…ってか似過ぎwww

そしてエルネストくん…!

Ernesto Martínez‏@ErniMartinez
https://twitter.com/ErniMartinez/status/544135090566340608
GPFが終わりました。羽生結弦選手はとっても忙しいから、なかなか一緒に写真を撮れませんでした。
23:21 - 2014年12月14日
----------
https://twitter.com/ErniMartinez/status/544234405607522304
色々な選手と→ラジ子、ゆづくん(笑)、リプ子、ポゴちゃん♡
https://pbs.twimg.com/media/B42CTBiIMAAtnpY.jpg:large
5:56 - 2014年12月15日

撮れなかったのかー…ってことは会えなかったのかな(´・ω・`)

icenetwork‏@icenetwork
https://twitter.com/icenetwork/status/544166219499438083
The answer to the headline of this article: "Evidently, very." (Photo by Getty Images) http://web.icenetwork.com/news/2014/12/11/103827338/how-ready-are-hanyu-and-fernandez-for-the-final … #GPF14
https://pbs.twimg.com/media/B41ESueCcAEd6XV.jpg:large
1:25 - 2014年12月15日

『羽生とフェルナンデス、ファイナルではどうなるか』みたいな以前の記事に、この写真をつけて『これがアンサー』と。いいねえ。

あとお写真少しだけ。

FS
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543770.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543769.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543768.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543714.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543712.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543711.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543710.jpg
http://visualrian.ru/en/images/zooms/RIAN_2543728.jpg

EX
http://spnavi.c.yimg.jp/im_sigg6iG.96O27vpXoSRdM9IunQ---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_22.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_sigg5lckwtj2ODYt2sMMp3XTyg---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_00.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_sigg9SuIQmL8YHDYRtwb_Gx1SQ---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_16.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_siggW94kC1BvQCHuyZVxV_zMog---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_17.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_sigg.NAb_WFnqP2x6RU_ttxTyg---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_18.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_siggVlB4zVjJvJBkjCaQ3IQeVw---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_19.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_siggLYEzRvELLQbsD9YEqqWlZw---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_20.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_sigg1as7r98mgqwZ3G86ILrldg---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_21.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/im_siggKiWnT3n9NHs_6BEC0iDKbA---x600-y600/spnavi/photo/figureskate/141214_23.jpg

http://www3.pictures.zimbio.com/gi/ISU+Grand+Prix+Figure+Skating+Final+2014+2015+qcyhAGP5J7Lx.jpg
http://www4.pictures.zimbio.com/gi/ISU+Grand+Prix+Figure+Skating+Final+2014+2015+JX97_foO_rdx.jpg
http://www3.pictures.zimbio.com/gi/ISU+Grand+Prix+Figure+Skating+Final+2014+2015+oRUjurhFEqHx.jpg

http://d2.yimg.com/sr/imgv1/1/e0145466-c8e3-3344-96c6-eb2671eeb839
この写真綺麗すぎる…!
http://d2.yimg.com/sr/imgv1/1/27a19614-5bdd-3cfb-a788-a7c195fc8636
http://d1.yimg.com/sr/imgv1/1/2304895e-1f4d-3004-844c-83b7bd0e3955
http://d2.yimg.com/sr/imgv1/1/b8e83ee5-9afd-3684-9110-18f0b141ad11
http://d1.yimg.com/sr/imgv1/1/7c5ad77d-c740-3280-9827-ad8dfa7284eb
http://d2.yimg.com/sr/imgv1/1/a3b15d6b-dbca-33ba-a3f0-a8332b42219e
http://d3.yimg.com/sr/imgv1/1/e72f709a-3bed-3c67-91ba-5be3f5154058
何だろうこの神聖な美しさは。

☆追記(12/16 2:00)

羽生 大差V2、完全復活の舞 完璧4回転連発「I did it」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/15/kiji/ K20141215009461700.html
金字塔とともにプリンスが完全復活だ。ソチ五輪男子金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、20=ANA)が今季世界最高、自己2番目の合計288・16点で日本男子初の連覇を達成した。2種類の4回転ジャンプを完璧に決めたフリーは、世界歴代2位で自己ベストの194・08点をマーク。合計で2位のハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)に34・26点の大差をつけて圧勝した。無良崇人(23=HIROTA)は235・37点で5位。SP2位の町田樹(24=関大)は216・13点で6位に終わった。
こんな羽生をみんなが待っていた。中国杯の練習での激突事故から1カ月余り。シーズン前半の大舞台で五輪王者の真価を示した。日本男子初の連覇。地元の声援を浴びた2位のフェルナンデスに34・26点差の圧勝だ。演技後、息が整わない中、場内で受けたインタビュー。12年からカナダ・トロントに拠点を移し、英語も上達中のプリンスは心の底から笑っていた。
「I did it!I did it!(やったぜ)Almost perfect!(ほぼ完璧)」
力強いファントムが舞い降りた。「オペラ座の怪人」に乗って、冒頭に挑んだ4回転サルコーは「初めてこんなにきれいに跳んだ。跳んだ瞬間、“きた!”と思った」と自画自賛。4回転トーループも完璧で、この2つのジャンプだけで5・14点もの加点を稼いだ。基礎点が1・1倍になる演技後半の2度のトリプルアクセル(3回転半)も成功。「ちょっと気が緩んだ」という最後の3回転ルッツで転倒したが、起き上がる際には笑みも浮かぶ。演技後は派手なガッツポーズを見せた。
「自分の演技ができたことの方が(連覇よりも)うれしい。チーム、関係者、観客、世界中のフィギュアファンに“ありがとう”と伝えたい」
氷上で羽生の脳裏を巡ったのは「幸せ」「感謝」だった。「体を駆使できる、最後まで存分に使える幸せ」。中国杯の負傷はほぼ癒えたが、今大会は持病の腰痛という別の悩みを抱えていた。睡眠中の悪化を防ぐためのマットレスや患部のテーピングは手放せない。オーサー・コーチから渡された練習メニューも過酷だった。「練習に耐えた自分の体にも感謝しないと」。命の危険を感じた1カ月前の事故ですら、今は前向きに捉えている。
「(中国杯の)アクシデントが五輪の次のシーズンで良かった。誰もが経験できるわけじゃない。この状況に陥った中でどう練習したらいいかをつかみ、周りの支援を実感できる機会になった」
ファイナル連覇で完全復活を遂げたが、完成するのはまだ先だ。「ほぼパーフェクトになったのは大きな進歩だけど、まだ4回転トーループを(演技)後半に入れられていない」。SP、フリーで理想の演技をそろえれば、史上初の合計300点超えも視界に入る。次戦は3連覇が懸かる全日本選手権(26日開幕、長野)。7日に20歳の誕生日を迎えた。大人になったプリンスが、20代も黄金の進撃を続ける。
▼日本スケート連盟小林芳子フィギュア強化部長 フリーの内容は完璧に近い。ファイナルに滑り込んでの2連覇。才能があって気持ちも強い。しばらく無敵だと思う。
【羽生記録アラカルト】
★ファイナル連覇 プルシェンコ(ロシア)、チャン(カナダ)に次いで史上3人目、日本男子では初めての快挙。日本勢は12年の高橋大輔から3連勝となった。女子ではスルツカヤ(ロシア)が3連覇、浅田真央(中京大)は昨季まで連覇していた。
★得点 今大会の合計288.16点は昨年のファイナルの293.25点に次ぐ自己2番目のスコア。フリーでマークした194.08点は自己ベスト。羽生は合計280点超えが自身4度目となり、チャンの3度を上回り世界最多に。
★五輪翌シーズンの勝利 10年バンクーバー五輪優勝のライサチェク(米国)、06年トリノ五輪を制したプルシェンコ(ロシア)は五輪翌シーズンは試合に出場せず。02年ソルトレークシティー五輪金メダルのヤグディン(ロシア)は同年秋のスケートアメリカに出場したが、途中棄権した。五輪金メダリストが翌シーズンのGPを制したのは初めて。

【フィギュア】羽生、日本男子初の連覇!後半4回転へ「向上心は持ち続けたい」
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141215-OHT1T50006.html
◆フィギュアスケート GPファイナル(13日・バルセロナ)
【バルセロナ(スペイン)14日】ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が今季世界最高となる合計288・16点をマークし、日本男子として初の連覇を飾った。12日のショートプログラム(SP)で首位だった羽生は、一瞬のひらめきで直前練習に3回転半を取り入れ、冒頭の4回転ジャンプを立て続けに成功。フリーでは世界歴代2位の194・08点を出し、2位に34・26点の大差をつけた。次戦は、25日開幕の全日本選手権(長野)で3連覇に挑む。
思わず羽生は立ち上がった。「キス・アンド・クライ」から見えた得点を、その目にしっかり焼き付けた。連覇が決まると無邪気にガッツポーズを繰り返した。11月8日、中国杯フリーの直前練習での激突負傷から鮮やかすぎる復活V。拍手が鳴りやまないスタンドへ、何度も何度も頭を下げた。
演技直前の練習で3回転ループを失敗した後、初めて3回転半ジャンプを跳んだ。「やっぱり(3回転より)回転が速く、ちょっとだけですが体を締める感覚が4回転に近い」。大会前の仙台での練習からフリー冒頭の4回転サルコーがうまく決まらなかった。「こけてもいいからアクセルを回って、自信をつけよう」。短時間で体に刺激を与えるのが狙いで、ブライアン・オーサー・コーチ(52)に伝えた上であえてルーチンを変えた。
ひらめきは、奏功した。今季3戦目で初めて4回転サルコーで着氷し「初めてきれいに決まって、跳んだ瞬間に『来た!』って思った」。続く4回転トーループにもキレがあった。体力が落ちる後半には、ともに3回転半からの連続ジャンプという驚異の構成で得点を伸ばした。直前練習での“賭け”が見事な流れを呼び込んだ。
中国杯で負った5か所のけがは回復したが、今大会は再び腰痛に苦しんだ。そんな中、フリーの得点(194・08点)は、パトリック・チャン(カナダ)が昨年出した世界歴代最高点(196・75点)に次ぐ2位。男子では日本勢初、史上3人目の連覇を達成した。
今季開幕前はSP、フリーともに基礎点が1・1倍になる後半に4回転トーループを入れていた。まだ試合で披露していないが、特にフリーでは後半最初の3回転ルッツ+2回転トーループが4回転からの連続ジャンプになる。自身初となる3つの4回転を跳ぶ構成だ。
エキシビションの前に行われた14日の一夜明け会見では、全日本選手権後から当初の構成に戻す可能性を明かした。「向上心は持ち続けたい。そういうところは子供であり続けたい」。今月7日に20歳になったばかりの王者は、プログラムの完成型を目指して再び走り始めた。
◆羽生の優勝記録メモ 1996年に前身の「チャンピオンシリーズファイナル」として創設されて以降、五輪で金メダルを獲得した5人のうち、翌シーズンのファイナルに出場したのは羽生が初めてで優勝も初。また、シリーズ獲得ポイント6番目としてSP第1滑走となった選手が優勝したのは、過去2003年のE・サンデュ(カナダ)以来、2人目。
http://www.hochi.co.jp/photo/20141215/20141215-OHT1I50001-1.jpg
http://www.hochi.co.jp/h_common/img/t-ichimen.jpg

羽生2連覇!世界最高点にスマイル復活
http://www.daily.co.jp/general/2014/12/15/0007584287.shtml
「フィギュアスケートGPファイナル」(13日、バルセロナ)
男子フリーが行われ、ソチ五輪王者でSP1位の羽生結弦(20)=ANA=が、圧巻の演技でフリーでも1位となり、今季世界最高の288・16点で2連覇を達成。中国杯での負傷からの完全復活をアピールした。ファイナル男子の2連覇はプルシェンコ(ロシア)、チャン(カナダ)に続く史上3人目、日本男子では初の快挙となった。約34点差の2位にハビエル・フェルナンデス(スペイン)。SP2位の町田樹(24)=関大=は精彩を欠き、6位に沈んだ。
スコアのコールを聞くまでもなかった。“俺がNo.1だ”-。演技を終えた羽生は破顔一笑した後、天に人さし指を突き立てた。「ほぼ完ぺきだった」と振り返るフリーの194・08点は、昨年のファイナルを上回る自己ベスト。中国杯での激突事故から1カ月余り。力強いガッツポーズと、柔和な“ユヅスマイル”と、ともに強い羽生が帰ってきた。
2種類の4回転ジャンプが高らかな号砲となった。「初めてこんなにきれいに跳んだ」と自賛したサルコー、切れ味抜群のトーループを完ぺきに着氷。軽やかなスケーティングとともに、時折歌を口ずさみながら、「オペラ座の怪人」の主人公ファントムを体現していく。スタミナが求められる演技後半には2つのトリプルアクセルからの連続ジャンプを決めきった。「気が緩んだ」と反省した最後の3回転ルッツの転倒がなければ、フリーで史上初の200点に届く圧巻の内容だった。
中国杯のけがこそ癒えていたが、今大会は持病の腰痛という別の悩みを抱えていた。睡眠中の悪化を防ぐためのマットレスや患部のテーピングに頼らざるを得ない状態。それでも、ここまでオーサー・コーチから課せられた練習で「もう嫌だというくらい追い込んだ」という自負が、羽生の心を支えた。その姿に日本連盟の小林芳子強化部長は「才能があって気持ちも強い。しばらくは無敵だと思う」と舌を巻いた。
選手生命が危ぶまれたアクシデントを乗り越え、見事に王座を防衛した。これでファイナル、五輪、世界選手権の3大タイトルを史上初の4連勝。ただ、今大会は事故後の体への負担を考え、これでも難度を下げた構成だった。オフに取り組んで来たのは、SP、フリーとも4回転を基礎点が1・1倍される演技後半に取り入れる究極難度の構成だ。完全復活か?の問いには「まだ4回転を後半に入れられていない」と、首を振った。慢心なき王者が君臨する“羽生政権”は、まだまだ揺るぎそうにない。

史上最強の王者!羽生、五輪&翌シーズンGPファイナルW制覇!!
http://www.sanspo.com/sports/news/20141215/fgr14121505050001-n1.html
GPファイナル最終日(13日、バルセロナ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)首位だったソチ五輪金メダルの羽生結弦(20)=ANA=が世界歴代2位の194・08点。今季世界最高の合計288・16点を出し、史上3人目の連覇を果たした。五輪を制した直後のシーズンのGPファイナルを勝つのは史上初。第3戦中国杯での負傷を乗り越えて快挙を達成した王者は、来年3月の世界選手権(上海)代表選考会を兼ねた26日開幕の全日本選手権(長野)ではV3を目指す。
無邪気にはしゃいだ。4分半にわたる『オペラ座の怪人』を熱演した羽生は、自画自賛するように手をたたいた。無数の日の丸が揺れる中、『キス・アンド・クライ』で確認した得点は、フリーで世界歴代2位の194・08点。パトリック・チャン(23)=カナダ=が昨年のフランス杯で記録した世界最高の196・75点に迫るハイスコアだ。GPシリーズ第3戦中国杯での激突事故から35日。五輪王者が“定位置”に返り咲いた。
「2連覇よりも自分の演技ができたことがうれしい。ほぼ完璧だった。今、スケートができることが一番の幸せ」
2種類の4回転ジャンプでファントム(怪人)が覚醒した。「初めてこんなにきれいに跳んだ」と評したサルコーはGOE(出来栄え点)で2・43点、トーループは2・71点の加点。スタミナが必要な演技後半には、2つのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳ぶ驚異の構成に成功した。「ちょっと気が緩んだ」という最後の3回転ルッツの転倒がなければ、フリー史上初の200点に届く勢いだった。
今大会は持病の腰痛と戦っていた。睡眠中の悪化を防ぐため、最先端技術が採用されたマットレスや患部のテーピングに頼り、細心の注意を払った。その一方で強行出場した第6戦NHK杯後は、師事するブライアン・オーサー氏(52)に課せられたハードな練習メニューに取り組んだ。「もうこんなの嫌だというくらい追い込んだ」。拠点のカナダへ戻った恩師が不在のなか、地元の仙台で孤独なトレーニング。跳んでは転び、立ち上がり、曲を最初からかけ直してはまた転び、また立ち上がり…。強い自分を取り戻した。
歴代の五輪金メダリストはその直後、引退や休養に入る例が多かった。五輪の翌シーズンのGPファイナルに出たのは羽生が初。“勤続疲労”のリスクを背負っての戴冠には価値がある。ファイナル男子でV2は、2006年トリノ五輪覇者の“皇帝”ことエフゲニー・プルシェンコ(32)=ロシア=と、チャンに続き3人目だ。
しかも羽生は中国杯後に車いす姿で帰国。頭部と下あごの挫創、腹部と左大腿の挫傷、右足関節捻挫で全治2~3週間と診断された危機を乗り越えた。まさに不死鳥。史上最強のスケーターといっても過言ではない。
「アクシデントが五輪の次のシーズンで幸せだった。誰もが経験できることじゃない。周りの支援を実感できる機会になった」
体の負担を考えて難度を落としても、ライバルを圧倒。底知れぬ可能性を示した。成人したばかりの羽生がタイトルを重ね、王道をひた走る。

羽生復活の軌跡 11・8激突負傷から1カ月で頂点
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/15/kiji/ K20141215009461600.html
【羽生復活の軌跡】
▼11月8日 中国杯男子フリー直前の6分間練習で閻(エン)涵(カン)(18=中国)と正面衝突。頭部、顎から流血したが、止血後に強行出場した。5度も転倒しながら滑りきり、スコアを見ると号泣。合計237・55点で2位に入った。
▼9日 エキシビションを欠場し、成田空港に緊急帰国。車椅子に乗った痛々しい姿で空港に姿を見せ、そのまま都内の病院で精密検査を受けた。
▼10日 日本連盟が精密検査の結果を発表。頭部挫創、下顎(かがく)挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫と負傷は5カ所で、全治約2~3週間の診断。
▼20日頃 氷上練習を再開したが、ジャンプは跳べず。
▼25日 ブライアン・オーサー・コーチが来日。NHK杯出場について「可能性はかなり高い」と明かした。日本連盟は26日の非公式練習後に最終判断すると発表。
▼26日 非公式練習でトーループ、サルコーの2種類の4回転に成功。練習後、小林強化部長が「出場いたします」と発表。
▼27日 会見で中国杯の強行出場について問われると「スポーツは限界に挑むもの。ある意味、死と隣り合わせ」などと話した。
▼28、29日 NHK杯はSP5位と出遅れ、フリーでもミスを連発。4位に終わったが、ポイント6位でぎりぎりファイナルの出場権を獲得。
▼12月1日以降 オーサー・コーチに渡された練習メニューをトロントに戻らず国内でこなす。
▼7日 20歳の誕生日を迎える。
▼9日 ファイナル開催地のバルセロナ入り。「年は関係なく、僕らしい演技をしたい」
▼12日 SPで94・08点をマークして首位発進。

羽生の凄みとは 岡崎真氏が解説、夢の300点はもう目前
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/15/kiji/ K20141215009461590.html
転倒しながらも2種類の4回転を鮮やかに決め、羽生がフリー自己ベストでGPファイナル連覇を達成した。ISU(国際スケート連盟)テクニカルスペシャリストで、プロコーチを務めるスポニチ本紙解説の岡崎真氏が20歳の五輪王者の凄みを分析し、歴代最高得点の可能性に言及した。
率直に言えば「羽生はどこまで行くのだろう」と感じさせてくれるような素晴らしい演技だった。終盤の3回転ルッツで転倒はあったが、前日のSPのように踏み切りのちぐはぐさという技術的な問題とは異なり、体力的にきつくなったことや「これが決まればノーミス」という意識の影響があったのか、少し丁寧さ を欠いたように見えた。それでも、これまでは疲労の見える後半でスケーティングに伸びを欠くことが多かったが、この日は最後までよく滑っていた。
得点は200点に迫り、フリー2位のフェルナンデスに約20点の大差をつけた。これが羽生のスケール感を表しているのではないか。アクセルも含めた他の種類の4回転も練習していると噂に聞く。もしかすると4―4回転の連続ジャンプも練習しているのではないか。五輪王者となって守ることなく、さらに貪欲に新しい領域に挑戦し続ける姿勢が、高い評価につながっていると思う。個人的に言えば、子供たちの憧れの存在が、さらに高みを目指していることは、指導者としてありがたい。
国際大会初の「SP100点+フリー200点、合計300点」というスコアは、目前だろう。前日のSPと合わせ、2度転倒しながら合計は288・16点。転倒さえなければ、と思わせる。さらに細かい指摘をすれば、フリーではステップとスピンで上積みは可能だった。体力面や曲調を考慮した部分もあるだろうが、ステップの振り付けはもう少し大きい方がいい。最後のスピンも、曲に合わせてフェードアウトするのではなく、もっと盛り上がるように回転を速めるなど、工夫のしようがある。レベルを取りこぼさないだけでなく、GOE(出来栄え評価)による加点も、もっと引き出せると思う。
今後、安定感抜群の4回転をさらに増やすことも考えられる。結論を言えば、それだけの「余白」をまだ残しているということが、羽生というスケーターの凄さを雄弁に物語っているのではないだろうか。(ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)
≪歴代最高はチャン295・27点≫国際スケート連盟(ISU)公認の世界歴代最高得点はパトリック・チャン(カナダ)が13年GPフランス杯で記録した295・27点。羽生が13年GPファイナルで残した293・25点は歴代2位となっている。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/15/jpeg/ G20141215009462060_view.jpg

【佐野稔の舞評論】羽生はすごいとしかいいようがない
http://www.sanspo.com/sports/news/20141215/fgr14121505030002-n1.html
中国杯でのアクシデントから1カ月でよくここまで変身するものだ。羽生はすごいとしかいいようがない。サルコー、トーループの4回転をビシッと決めた。演技後半にはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2発入れた。
SPで首位に立ったことが、精神面で何よりの薬となった。最終滑走のプレッシャーが、良い方向に働いた。最近は見られなかったビールマンスピンも披露した。スピンは最高評価のレベル4を獲得。丁寧に演技をこなした印象を受けた。
NHK杯の時点でジャンプ自体に技術的な問題はなかった。曲がかかると力が入ってしまう課題が明確だった。連覇という結果は、現地入りする前に曲がかかった状況でしっかりとした練習をこなしてきた証拠だろう。
全日本選手権では、ミスのない演技を心がけてほしい。最後の3回転ルッツで転倒し、4分半という長丁場のフリーを最後までこなすスタミナは戻っていないことを露呈した。当初の演技構成に戻すことや、合計得点で300点を目指すのは、来年3月の世界選手権でも遅くはない。 (1976年インスブルック五輪代表、1977年東京世界選手権銅メダリスト)

羽生と一問一答「ありがとう伝えたい」
http://www.daily.co.jp/general/2014/12/15/0007584285.shtml
男子はソチ冬季五輪王者の羽生結弦(20)=ANA=が今季世界最高の合計288・16点で2連覇した。男子の2連覇は史上3人目で日本人では初めて。無良崇人(23)=HIROTA=は5位で、SP2位の町田樹(24)=関大=は最下位の6位に順位を落とした。女子で初出場の本郷理華(18)=愛知みずほ大瑞穂高=はSPに続きフリーも5位だったが、合計176・13点で6位に終わった。
羽生はこぼれんばかりの笑みで優勝インタビューに答えた。
-圧勝で2連覇。
「優勝よりも自分の演技ができたことの方がうれしい。今、スケートができることが、僕にとって一番の幸せ。チーム、関係者、観客、世界中のフィギュアファンに『ありがとう』と伝えたい」
-2種類の4回転ジャンプが決まった。
「出番の前に初めて(トリプル)アクセルをやった。何となく(体が)動ききらない感覚があったから。(4回転)サルコーは跳んだ瞬間『きた!』と思った」
-中国杯での激突後の体調は。
「良くはなってきている。アクシデントによる影響はほとんど体にないと思っている。練習に耐えた自分の体にも感謝しないといけない」
-これで完全復活か。
「ほぼパーフェクトだったのは大きな進歩だが、4回転トーループを演技後半に入れられていない」
-けがを乗り越えての優勝。
「ファン、チーム、関係者に背中を押されてこういう結果になった。練習や運だけじゃ勝てないと実感した。アクシデントが五輪の次のシーズンで幸せだった。誰もが経験できることじゃない。この状況に陥った中でどう練習したらいいかをつかみ、周りの支援を実感できる機会になった」

「事故の影響ない」/羽生一問一答
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20141215-1409247.html
<フィギュアスケート:グランプリファイナル>◇最終日◇13日◇スペイン・バルセロナ
ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)が、圧巻の復活劇で日本人初の大会2連覇を飾った。ショートプログラム(SP)1位からのフリーで2種類の4回転ジャンプを完璧に決め、自己ベストの194・08点。合計288・16点で2位以下を30点以上も引き離した。11月の中国杯での衝突から1カ月あまり。演技直前の慣習を急きょ変える大胆さで、変化を恐れない強さをみせつけた。
-試合を終えて
羽生 2連覇より自分の演技ができたことがうれしい。自分自身が体を駆使できる、最後まで存分に使い切れる幸せを感じました。いまスケートをできることが僕にとって一番の幸せ。
-復活と言ってよいか
羽生 実際には4回転トーループを(フリーの)後半に入れることができていない。その中でパーフェクトに近い演技はできましたが、完璧な状態に戻ったとは言えない。
-体の痛みは
羽生 自分の中ではまだ体が本当にそう(完治)思っているかはわからない。ただ、自分の感覚では、中国杯(前)の方がよっぽど体のことを注意して追い込めなかった。良くなってきていると思います。事故による影響はほとんど体にはないんじゃないかな。

【フィギュア】羽生「10代に残した課題克服できた」
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141215-OHT1T50075.html
GPファイナルで日本男子初の連覇を飾った羽生結弦(20)=ANA=は14日、スペイン・バルセロナの会場で一夜明け会見に臨んだ。
―連覇の感想を。
「眠いのに興奮してなかなか寝付けなかった。僕にとってギリギリ滑り込んだファイナル。優勝したいとは思ってましたけど、優勝と連覇は切り離されていた感じです」
―7日に20歳になって、初めての試合だった。
「10代の最後(NHK杯)は僕らしく課題がいっぱい残って、その10代に残してきた課題をしっかり克服できた」
―中国杯以降、自身への注目に驚いた?
「帰国してから、こんなワイドショーで取り上げられているんだと…。ただ、こういうこともあると全選手に伝えることができたと思うので、今後事故が減っていくようになればと思います」
―開幕前のプログラムに戻す時期は?
「全日本まではこれでいきたい。まだ足のことが心配。全日本の後、体の声を聞きながら、一応やりたいと思ってます」

恐怖心を克服「結弦は強くなった」 コーチが復活劇語る
http://www.asahi.com/articles/ASGDH338YGDHUTQP002.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで2連覇を達成した羽生結弦(ANA)は、中国杯での衝突事故から1カ月で復活を遂げた。その道のりをコーチのブライアン・オーサー氏はどう見たのか。
羽生は11月8日の中国杯の公式練習で中国選手とぶつかり、頭部や左太ももなど5カ所にけがを負った。負傷が癒えないまま迎えた11月末のNHK杯ではジャンプの失敗が響き、4位に終わった。
GPファイナルに向け、恐怖心を克服するのは簡単ではなかったという。オーサー氏は「少し時間がかかった。結弦の心は本当に壊れやすく、今回の事故でかき乱されたと思う。NHK杯の後も他の選手と滑るのを少し怖がっていた」と明かす。
NHK杯後、羽生は日本に残り、オーサー氏はカナダに帰国。ただ、ファイナルへ向けて出発するまでの1週間のメニューを毎日メールで受け取った。羽生が「もうこんなの嫌だって思うくらい追い込めた」と振り返る厳しい練習だった。
オーサー氏は「確かに大変だった。でも、『もしこのスケジュール通りにやったら、ファイナルでうまく滑れるよ』と約束した。本当にその通りにやってくれた。そして、強くなった」。GPファイナルのフリーでは、2種類の4回転ジャンプ(サルコーとトーループ)に成功。自己ベストのスコアだった。ただ、オーサー氏は「状態が100%戻ったとは言えない」と話す。それは羽生自身も感じていることだった。
今季はフリーに3度の4回転ジャンプを組み込む予定だったが、けがの影響でまだ披露できていない。次の舞台は26日開幕の全日本選手権(長野)。新たな演技構成に挑むには「結弦の状態がもっと良くならないといけない」とオーサー氏。GPファイナルと同じ構成で、全日本3連覇を狙うことになりそうだ。(バルセロナ=金島淑華)
http://www.asahi.com/articles/images/AS20141215000851_comm.jpg
http://www.asahi.com/articles/images/AS20141215000842_comm.jpg

羽生V 興奮抑えられず「グラシアス!」
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20141215-1409246.html
<フィギュアスケート:グランプリファイナル>◇最終日◇13日◇スペイン・バルセロナ
ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)が、圧巻の復活劇で日本人初の大会2連覇を飾った。ショートプログラム(SP)1位からのフリーで2種類の4回転ジャンプを完璧に決め、自己ベストの194・08点。合計288・16点で2位以下を30点以上も引き離した。11月の中国杯での衝突から1カ月あまり。演技直前の慣習を急きょ変える大胆さで、変化を恐れない強さをみせつけた。
半回転の差が勝負を分けていた。
演技を開始する本当に直前。前の滑走者の町田が演技を終えて、入れ替わりでリンクに入った羽生が速度を上げていく。最後に感覚を確かめるために跳んだのは、いつもの3回転ループではなく、半回転多いトリプルアクセル(3回転半)だった。
「アクセルやりたいんだけど、どう?」。オーサー・コーチに問うたのは、数分前。「良いと思うよ」のゴーサインに、滑走までの新たな準備を決めた。習熟しすぎて「気を抜いても跳べてしまう」ループに、物足りなさを覚えていた。より4回転の感覚に近い、新たな1本で全身に少し刺激を多めに入れる。「いまの体だからこそ」と、約1カ月前の中国杯の負傷から復調中の体と相談。その上で、以前の慣習に戻すのでなく、変化を恐れなかった。
1つのジャンプに凝縮された五輪王者の精神構造。その勇気が見事に成果を生む。開始20秒、「きた!」。踏み切った瞬間に成功を確信した4回転サルコー。続く40秒、4回転トーループ。糸を引くように滑らかに、まったくバランスを崩すことなく降りきると、満員のスペイン人ファンから悲鳴に似た歓声が巻き起こる。「こんなにきれいに決まったのは初めて」。2本の成功は13年9月のフィンランディア杯以来だった。
久しぶりの快感に、勢いは増す。ジャンプを跳ぶたびに、優勝は確実に。最終8本目の3回転ルッツこそ「本当に本当に疲れていて、気が緩んだかな」と転倒したが、惜しくもフリー初の200点超えはならずも、会心の演技の妨げにはならない。フィニッシュすると、とにかくはしゃぐ。何度も何度も拳を振り、右手を掲げてピース。フリーで自己ベストの得点が出て圧勝が決まると、興奮を抑えられず、両手を振って観客の声援をあおった。「グラシアス(スペイン語でありがとう)!」と感謝して、ずっと笑っていた。
この日は、午後の公式練習でも新たな試みをした。曲をかける順番が6人中6番目だったため、開始を5分遅らせて入場。体の温まりかたを自己分析した結果で、調整法は「かなり自信にはなった」という。常に変わり続けることを「ある程度、孤独。自分のなかでの闘い」と形容する。あえてコーチにも頼らず、進化を求める。
11月8日の激突事故から始まった1カ月。最後は歓喜で締めた日々を「幸せでした」とまとめた。日本連盟の小林強化部長も、「しばらく無敵だと思います」と舌を巻く20歳。逆境に進化で応え、王道を歩み続ける。【阿部健吾】
<羽生の14年歩み>
◆2月14日 ソチ五輪の男子シングルで、日本人史上初の金メダルを獲得。
◆3月28日 世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の男子シングルで、10年の高橋大輔に続く日本人2人目の優勝。GPファイナル、五輪、世界選手権の3冠に輝いた。
◆8月27日 10月から始まる新シーズンを前に、イベントに出席。「金メダルが偶然ではなく、実力と思われるように頑張る。全部勝ちたい」と意気込む。
◆9月23日 全治4週間の腰痛で、シーズン初戦となるフィンランディア杯(10月10~12日)の欠場を発表する。
◆11月8日 初戦となったGPシリーズ第3戦中国杯で、フリー演技直前の6分間練習中に閻涵(エン・カン=中国)と大激突。顔から出血するなどしたが、治療を受けて強行出場。5度のジャンプで転倒しながらも2位に入った。
◆11月9日 精密検査を受けるため、緊急帰国。成田空港では車いすに乗って姿を現した。
◆11月14日 オーサー・コーチが全治2、3週間と診断された羽生について、最も深刻なけがは左大腿(だいたい)挫傷だと明かす。
◆11月26日 羽生がGPシリーズ第6戦NHK杯(28~30日)の出場を決断。
◆11月28日 4回転ジャンプに転倒するなどボロボロになりながらも総合4位に入り、6人で争うGPファイナルへの出場権をギリギリ6番目で手にする。
◆12月13日 アクシデントを乗り越え、GPファイナルに優勝。

『2本の成功は13年9月のフィンランディア杯以来』…ん?14年3月の埼玉世選でも成功してるよね。

羽生ファイナル連覇 「サルコー跳んだ瞬間 きた!」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2014121502000212.html
【バルセロナ=海老名徳馬】グランプリ(GP)ファイナル最終日は13日(日本時間14日)、当地で男子フリーなどを行い、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ゆづる=ANA)がフリーでも世界歴代2位となる194・08点で1位となり、今季世界最高の合計288・16点で連覇を果たした。男子の2連覇は3人目で、日本人では初めて。2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に合計で34・26点差をつける圧勝だった。
SP6位の無良崇人(むら・たかひと=HIROTA)はフリーが4位で、合計235・37点の5位。SP2位だった町田樹(たつき=関大)はフリーが6位で、合計216・13点の6位だった。
女子フリーは本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が115・03点でSPに続いて5位となり、合計176・13点で6位。SP首位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が合計203・58点で初優勝した。
羽生は策を案じていた。「出番の前に初めて(トリプル)アクセル(3回転半ジャンプ)を跳んだ」。前の選手の得点を待つ時間、体を慣らすためにあえて負荷の高い技を選んだ。これまで跳ぶことの多かった3回転ループよりも「体を締める感覚が4回転に近い」。最終滑走のため6分間練習から演技までは30分以上かかる。中国杯の衝突の影響が残る体を、より難しい技で温めて演技に臨んだ。
冒頭に挑んだ2種類の4回転をともに成功させた。「サルコーは跳んだ瞬間にきた! と思った」。サルコーは2・43点、トーループも2・71点もの出来栄え点を稼ぐ。最大の難関をクリアすると次々に跳躍を決めた。
ミスは疲れの出た終盤の3回転ルッツで転倒したところだけ。昨季のGPファイナルで記録した自己最高点を、スタミナの不安や痛みの残る体で更新してみせた。
衝突で痛めた両脚や持病の腰痛を抱えながら、自分に言い聞かせるように「けがの影響はない」と口にし続けてきた。中国杯以降、6分間練習が「怖い」と周囲に打ち明けたこともある。高得点を生んだこの日は「完璧な状態に戻ったとはいえない」と本音に近いだろう言葉も漏らした。心身にダメージが残りながら記録した高得点が、20歳の王者が持つ底知れない力をあらためて証明した。 (海老名徳馬)

一夜明け、熱戦の余韻 恐怖拭い、羽生復調
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2014121502000300.html
◇フィギュアスケートGPファイナル
【バルセロナ=共同】グランプリ(GP)ファイナルで日本男子初の2連覇を果たした羽生結弦(ANA)がフリーから一夜明けた14日、当地で取材に応じ、7日に20歳の誕生日を迎えたソチ五輪金メダリストは「10代に残してきた課題をしっかり克服できた。眠いのに興奮してなかなか寝付けなかった」と笑顔で語った。
11月の中国杯で他選手と激突して負傷後、反響の大きさに「びっくりしたし、迷惑を掛けたと反省した」という。激動の1カ月を乗り越え「全然浮かれている状態じゃない。向上心は持ち続けたい。そういうところは子どもであり続けたい」と成人の誓いを立てた。
上位選手らによるエキシビションでは「優勝の喜びをかみしめて滑りたい」と熱演した。ジュニアGPファイナルの男子で初優勝した宇野昌磨(愛知・中京大中京高)も出演し、4回転ジャンプを決めて歓声を浴びた。
「体使い切る幸せ感じた」
ほかの選手との衝突でけがを負ってから1カ月強で、羽生はフリーで自己最高点を更新するまでの回復を見せた。痛みは残るものの「体を存分に使い切ることができる幸せを感じた」。練習で自信を取り戻し、事故で芽生えた恐怖心を拭い去って世界のトップに戻ってきた。
けがをする前も試合でなかなか跳べなかった4回転サルコーをほぼ完璧に決めた。成功の理由は「ブライアン(オーサー・コーチ)にいただいたメニューをこなしたことが大きい」。メールで送られるメニューは「曲の通しや本番同様の練習が多い。もうこんなの嫌だ、と思うくらい追い込めた」。けがで滑れない時期に比べれば、きつくても練習で滑れる状態は「やっぱり幸せ」なことだった。
スタミナが落ちていたこともあり、練習する羽生の意識は普段以上にジャンプに向いていた。GPファイナルに向け、1週間の集中した練習で一気にジャンプの調子が上がった。
けがをしたことで6分間練習に抱いていた恐怖感も「今回は割り切った。(選手が)見えたら見えたで避ければいい。やるべきことに集中できた」。心身の準備が整い、フリーの高得点につながった。
今季は当初、ショートプログラム(SP)、フリーともに後半に4回転を跳ぶ構成を予定していたが、衝突の後は昨季の構成に戻している。年末の全日本選手権では「本調子ではないし、今無理して変えることではない」とそのまま臨む予定。さらに2週間滑り込めば、完成度はさらに高まる。 (バルセロナ・海老名徳馬)

「終わってみれば連覇」羽生結弦が満足感示す
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20141215-OYT1T50145.html
【バルセロナ(スペイン)=大野展誠】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで日本男子初の連覇を達成した羽生結弦(ANA)は一夜明けた14日、「(難度の高い4回転)サルコーがきれいに決まったことが大きな収穫だった。前回の試合(NHK杯)の課題を少しは克服できた」と、満足感をにじませた。
今季世界最高得点で2位に大差をつけての圧勝だったが、「(GPシリーズの合計点が6位で)ギリギリ滑り込んだファイナルだったので、僕の中に連覇という文字は全くなかった。終わってみれば連覇という感じ」と語った。
次戦は、26日に長野で開幕する全日本選手権。「まずは疲れをとり、今回の悪かった所を反省したい」。今大会と同じプログラムで臨む予定という。

復活に冷静な決断=「羽生1強」加速-フィギュアGPファイナル
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014121501036
【バルセロナ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは、男子で羽生結弦(ANA)が2連覇を果たした。中国杯での激突負傷を乗り越えた復活は、さらなる進化へのステップになった。
復活の象徴が4回転ジャンプだった。今季一度も決まっていなかったが、ショートプログラム(SP)、フリー合わせて計3度、鮮やかに成功させた。特にフリー冒頭の4回転サルコーは、これまでで一番という美しさだったが、決して幸運でも偶然でもなかった。
羽生は今回、フリー滑走直前のウオームアップに、トリプルアクセル(3回転半)を取り入れた。普段は3回転ループで済ますが、6分間練習後、最終滑走の出番まで30分以上あり、「ループだけでは体に刺激が足りない」と決断した。
10分休むと、サルコーが入らなくなるという練習での経験をヒントにしたが、ループに加えてアクセルで負荷を増やしたことで、思惑通りに演技冒頭から体が動いた。試行錯誤の末の成功に、「どうやったら跳べたのかを冷静に振り返られる材料になった。サルコーが一番の収穫」と言い切った。
昨年のファイナルから、ソチ五輪、世界選手権とタイトルを独占。五輪王者が翌シーズンのファイナルに出ること自体、羽生が初めてだった。日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は「気持ちが強く、才能がある。しばらくは無敵」。「羽生1強」が加速しそうだ。(2014/12/15-16:18)
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0141215at39_p.jpg

ハードな「結弦のスケジュール」オーサーが明かす
http://dot.asahi.com/aera/2014121500026.html
スペイン・バルセロナでのグランプリファイナルで2連覇を果たした、羽生結弦(はにゅうゆづる)。コーチのブライアン・オーサーがNHK杯後、AERAの取材に、羽生の様子などについて語った。
6戦のうち2戦に出場してポイントを争うグランプリシリーズで、ファイナルに出場できるのは上位6人。中国杯2位、NHK杯4位という結果を受け、羽生は6番目という成績で滑り込んだ。
NHK杯からスペインで行われるファイナルまでの準備期間は、移動日を除くとわずか7日間。現地練習を入れても10日間しかない。オーサーは、万全の計画を練っていた。
「とにかくハードに練習するほかありません。私自身はハビエル・フェルナンデスの練習を見るためにトロントに帰り、結弦は仙台で練習します。結弦もトロントのほうが周りを気にせず練習に集中できるのですが、スペインでの試合前にトロントに移動する時間さえもったいない。だから私は、結弦の10日間の練習のための細かい計画表を作りました」
ずばり「結弦のスケジュール」とタイトルを付けた計画表には、「これをやれば、身体にこたえるけれど、やり切った時にすごく力を感じると思うよ。トレーニングを信じてね」と書き添えられていた。
「かなりつらいメニューです。毎日2時間、濃密な内容にしました。スケーティングとステップは何分ずつ、3回転+3回転の連続ジャンプは何回、4回転を何回、などと、すべて細かく決めました。これをこなすだけで、2時間はあっという間に過ぎるでしょう。これまで以上にハードな練習計画です」
そして、続けた。
「結弦は、私が作った計画表をもらうのを楽しみにしているようでした。グランプリファイナルの連覇が今年の目標の一つだったので、自分を厳しくトレーニングに向けていくでしょう。彼は、私がいなくても自分を追い込める人。自主的にやらせたほうが、効果があります。ここからのシーズン後半、再び自分が王者であることを証明していくことになるでしょう」
この言葉通りの結果になった。
※AERA 2014年12月15日号より抜粋

ブライアン・オーサーコーチが語る羽生結弦の強さとは
http://ddnavi.com/news/218529/(Archive)
ソチオリンピックの金メダル、世界選手権優勝、グランプリシリーズ中国大会での衝突事故と、今年は名前を聞かない日はないのではないのかというほど話題に上った羽生結弦選手。
どの試合に出ても注目されてしまう羽生選手だが、それは、もちろん強さゆえ。ジュニア時代から活躍していた彼だが、ブライアン・オーサーコーチに師事したここ数年は見るたびに強くなっているように感じられる。
オーサーコーチが自ら語った著書『チーム・ブライアン』(ブライアン・オーサー:著、樋口 豊:監修、野口美惠:訳/講談社)から、羽生選手の強さの秘密を探ってみよう。
■チーム・ブライアンとは
キム・ヨナ、羽生結弦と2人の選手に金メダルをもたらしたブライアン・オーサー。現在はコーチとして活躍する彼だが、元々はサラエボオリンピックとカルガリーオリンピックで2度の銀メダルを手にしたトップフィギュアスケーターだ。引退後プロスケーターとして17年過ごしたオーサーだが、キム・ヨナが訪れたことによりコーチ業に専念する。
オーサーコーチの拠点は「トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブ(クリケット・クラブ)」。トロント屈指の会員制スポーツクラブであり、クリケット、スケート、カーリングの他にもテニス、スカッシュ、プールなどさまざまな施設がある。オーサーはクリケット・クラブでチーム・ブライアンを結成する。
チーム・ブライアンの中心メンバーはカルガリーオリンピック・アイスダンス銅メダリストのトレーシー・ウィルソン、振付師のデイヴィット・ウィルソン。その他、世界選手権チャンピオン ジェフリー・バトル、バトルを育てたリー・バーケルなどそうそうたるメンバーが揃う。
■羽生選手がチーム・ブライアンと出会い強化されたこと
羽生選手といえば、体力が課題とされてきた。シニアはジュニアに比べて演技の時間が長くなる。シニアからジュニアに上がった当時はスタミナが持たないため後半、不安定な場面も多く見られた。
そんな羽生選手に向けてオーサーコーチが行ったのは、体力作りではなくスケーティング技術の向上だった。オーサーコーチは「彼は喘息で体力もないため、滑りでムダな体力を使ってはいけません。スタミナをつけさせるよりも、スタミナを使わない滑りを身につけさせるのが正解だと思いました」と記す。また、「このスケーティングの強化はジャンプの安定性にもつながり」4回転ジャンプも安定したという。
その他にも常に全力でスケーティングする羽生選手は、試合終了後リンクの上に倒れてしまうこともあった。審判は見所がある緩急のついた演技を好む。常に全力で演技に取り組む彼の美学を尊重しながらも、ソチオリンピックに向けては落ち着く部分は落ち着いた緩急のある演技を行うことを目標とした。
■羽生選手とハビエル・フェルナンデス選手
チーム・ブライアンと言えば、羽生選手の他にハビエル・フェルナンデスというトップスケーターがいる。羽生選手とフェルナンデス選手の仲の良さは有名だ。リンクの中や外での2人の仲睦まじい様子は、厳しいスポーツの世界でもほっとする瞬間という人も多いのではないか。彼がチーム・ブライアンにいることにも羽生選手の強くなった秘密があった。
全くタイプの異なる2人。羽生選手は常に全力であり全ての試合に勝とうとする。一方、フェルナンデス選手は緊張感が続かない。そのため、常にリラックスした状態で試合に望む。また、常にマスコミから注目されている羽生選手は、常に失敗したくないという意識があり練習も全力で行う。しかし、のんびりした性格のフェルナンデス選手は、練習で転んでも気にしない。そのまま氷の上で寝そべり、靴が悪いのかもしれないとおどけたパフォーマンスをしてみせる。
そんな2人にオーサーコーチは「ハビエルは愉快でユヅルは一生懸命です。ハビエルにとってはユヅルと競い合うことで練習への集中力が上がりました。ユヅルにとっては、ときに自分を追い込みすぎたときに、ハビエルが心の安らぎになったと思います」と語る。2人のトップ選手は互いに良い相乗効果をもたらしている。
羽生選手の強さの理由は、素晴らしいチーム、素晴らしいコーチング、素晴らしい仲間にあった。そしてそんな素晴らしい環境を提供できるブライアン・オーサーコーチも素晴らしい。本書を読むと、競技だけに固執しないブライアン・オーサーの人柄の良さも感じられる。
今シーズンも、まだまだはじまったばかり。読んだ後は、羽生選手だけでなく、チーム・ブライアン全体の活躍に注目したくなる1冊である。

羽生 復活V視聴率は15・4%、SPも16・8%を記録
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/15/kiji/ K20141215009463671.html
14日(午後5時40分~)にテレビ朝日系で放送されたフィギュアスケートGPファイナル・男女フリープログラムの平均視聴率が、15・4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。羽生の地元、仙台地区が20・2%だった。瞬間最高視聴率は関東地区23・3%、関西地区25・0%、仙台地区33・0%で、羽生の優勝決定からインタビューにかけての場面だった。
また、13日(午後6時56分~)に行われた男子ショートプログラムの平均視聴率も16・8%(同)、仙台地区は24・5%と高い数字を記録している。
ソチ五輪男子金メダリスト・羽生結弦(20=ANA)が、SPでの首位を守って今季世界最高、自己2番目の合計288・16点で日本男子初の連覇を達成。早朝に競技は終わっていたが、男子の日本人選手が無良崇人(23=HIROTA)、町田樹(24=関大)と3人出場、さらにGPシリーズ中国大会で負傷した羽生の復活が視聴者を集めたようだ。
12日(午後8時~)、女子で本郷理華(18=愛知みずほ大瑞穂高)が自己ベストを出した女子SPも11・7%(同)を記録している。

【フィギュア】羽生、ファイナル連覇で瞬間最高23・3%
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141215-OHT1T50183.html
羽生結弦選手が2連覇を決めた「フィギュアスケート・グランプリファイナル世界一決定戦2014」の男女フリープログラム(14日夜、テレビ朝日系)の平均視聴率が関東地区で15・4%、関西地区15・2%、羽生選手の地元、仙台地区が20・2%だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。
瞬間最高視聴率は関東地区23・3%、関西地区25・0%、仙台地区33・0%で、羽生選手の優勝決定からインタビューにかけての場面だった。

Olympic champ Hanyu retains Grand Prix Final title
http://www.kansascity.com/sports/article4465606.html
BARCELONA, SPAIN
Olympic and world champion Yuzuru Hanyu successfully defended his Grand Prix Final title after extending his lead through Saturday's free skate.
Hanyu barely qualified for the final after struggling in his last two events following a scary on-ice collision with another skater during warm-ups at the Cup of China last month.
But the Japanese 20-year-old produced a second strong performance in as many days to the sounds of the "Phantom of the Opera" to maintain his title won last year at home.
Hanyu nailed his two opening quadruple jumps and his other elements until falling on his final triple lutz. But it didn't matter, as he earned a shower of teddy bears and 194.08 points for a winning total of 288.16.
Spaniard Javier Fernandez finished second, and Sergei Voronov of Russia third.



羽生結弦、復活過程で得た「財産」。なぜフリー直後に舌を出したのか?
http://number.bunshun.jp/articles/-/822274
(Archive1/Archive2/Archive3)

2連覇・羽生結弦の飽くなき挑戦。今季最高得点も「まだ完璧じゃない」。
http://number.bunshun.jp/articles/-/822284
(Archive1/Archive2/Archive3)

逆境を跳ね除けてレベルアップした羽生結弦の演技
http://www.athlete-journal.com/figureskate/kensukenakaniwa20141215.html
(Archive1/Archive2/Archive3)

羽生結弦選手「GPファイナル世界一決定戦」優勝おめでとう!
http://www.phiten.com/list/news_con.aspx?NewsID=956

【フィギュアスケート・グランプリファイナル】羽生結弦選手が2連覇!
http://www.shuzo.co.jp/blog/2014/12/column_905.html

http://www.nikkansports.com/sports/figure/hanyu/photo/article/

河野 正樹(Masaki Kono) ‏@masakiK0N0
https://twitter.com/masakiK0N0/status/544276883719065602
フィギュアの選手を取材していると、特に男子の選手が言葉を持っていると感じます。町田選手はもちろんのこと、羽生選手や無良選手も。自分の演技を解説するために、自分の言葉を紡ぎ出します。十代、二十代でこんなに言葉を持っていただろうか、自分を振り返るきっかけになりました。
8:44 - 2014年12月15日


Odhrán Allen‏@odhranallen
https://twitter.com/odhranallen/status/544519553615953920
Some pics from the men's press conference at #GPFBarcelona @javierfernandez, Yuzuru Hanyu & Sergei Voronov
https://pbs.twimg.com/media/B46Fk0ACcAA9QWq.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B46Fk0aCIAAxbAM.jpg:large
https://pbs.twimg.com/media/B46Fk03CMAA_Krd.jpg:large
0:49 - 2014年12月16日


☆追記(12/16 22:00)
バンケ写真もう一枚!

U.S. Figure SkatingFB
https://www.facebook.com/usfigureskating/photos/a.10152554575586342.1073741862.209118026341/10152563453381342/

https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xaf1/v/t1.0-9/10849751_10152563453381342_4426651599008747458_n.jpg?oh=26109ed3c7880b8bc8ab65ff8856705e&oe=553EC397

アレックスとマイアちゃんと、無良くんと羽生くん!ワイン持ってるのは無良くんの手かな。

こっちは楽しそうなプレカン。

Doppio AxelFB
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=836336013075748&id=152001281509228

https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/10441035_836335843075765_7662401208273708348_n.jpg?oh=ccb32cf1052e1a616c9f7bc8873c0e7d&oe=550E56FB
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xpf1/v/t1.0-9/1455977_836335863075763_9042225428773103980_n.jpg?oh=07c12a8b1b22d72beb8762719a568e8a&oe=55404317
https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/v/t1.0-9/10846423_836335879742428_8400954160091701577_n.jpg?oh=073014706cafc602a18b3a67168b6c3f&oe=5511865C&__gda__=1430524132_114eb9cb3b9f22bdbc1e6b9332d6c46d
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-xfa1/v/t1.0-9/10392325_836335909742425_1595433814162352224_n.jpg?oh=a8af1207831d7ad5b0801ab930909f45&oe=54FEA9E9

かわいい(❁´ω`❁)

そしてひそかに草太くん、ツイのヘッダーにも羽生くんとのツーショを。
https://pbs.twimg.com/profile_banners/2418385200/1418698794/
なんかもぐもぐ中。二人ほんと似てるんですけどwww

あとIN記事とスポルティーバ記事ひとつずつ。

Tapas Grandes: Uno, Yamamoto delve into details
Yuzu sees, Javy feels; Smirnov skates alone; Bilodeau's 'stache (cont.)

http://web.icenetwork.com/news/2014/12/13/103995012/tapas-grandes-uno-yamamoto-delve-into-details
Jean-Christophe Berlot catches junior men's medalists Shoma Uno and Sota Yamamoto in a playful moment and provides the latest on Charlie Bilodeau's mustache.
Japanese brothers
The press conference room is a huge room opening to the sea. Its size makes it rather impressive at first, and one usually assumes a dignified attitude as one enters it. Chairs are perfectly placed in clear rows, dictating the discipline and order that prevail in the place. After the senior short dance Friday night, as journalists, photographers and the three top teams were going to assemble for a 30-minute update, the first to enter the room received somewhat of a surprise: Two Japanese boys were laying side by side, on a scene placed there for photographers and TV crews. They looked like two buddies laying on their bellies and playing a video game. Uno and Yamamoto, the top two men in the junior Final, were simply watching the detailed results sheet of their own competition, analyzing the Grades of Execution and components as if they were alone in the world. Who said that figure skating's protocol sheets were esoteric, and could not also be a fun game to play?
Yuzu's tablet
When you watch one of Yuzuru Hanyu's practice sessions, you will see him go to the boards from time to time -- not for drinking water or blowing his nose but to look for a computer tablet. "Yuzu is a visual skater," his coach, Brian Orser, explained. "He needs to see. So when one of his jumps is not good, he comes to see the tablet. Then we analyze to see where his error was. Yuzuru has several versions of his (good) jumps on file, so he can refer to them when he needs to." Who says that Hanyu is not programmed to win?
…and Fernández' feelings
What about Javier Fernández, Orser's other protégé? "By contrast, Javier is more into the feeling. Javier has to feel things; Yuzuru has to see things," Orser offered. Who says that Fernández does not have a feel for winning?
Caring for and respecting one's tool
Japan's Tatsuki Machida has a unique habit: As he leaves the ice after a competition or practice session, he always takes the time to touch the ice before going to the kiss and cry or the dressing room. "I am just thanking the ice," he said with a smile. When you think of those billion ice crystals that make the ice a human possibility…
(略)
A new invention: The skating rink Japanese barometer
The press seats are located high in the stands in Barcelona (as usual...this must be to give journalists the opportunity to exercise more and get a higher perspective on the events!). There are far fewer positions than there are journalists (also as usual...this must be to place journalists in the mood of the competitive spirit!). At the start of the men's short program Friday night, the press seats were completely packed. As soon as Hanyu successfully ended his performance, those seats witnessed a general migration: Most Japanese journalists (30-40) left and rushed to the mixed zone. The pressure in the press seats had dropped in just a matter of seconds. If you want to take out a patent on a device that measures this volatile force, you may -- it's still free. You just need a skating rink to make it run!


連覇達成。羽生結弦が語ったGPファイナルの「収穫」
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2014/12/15/post_425/
(Archive1/Archive2/Archive3/Archive4)
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2014/12/14/141213m_fs1361.JPG

なんかこんなのも。
羽生結弦選手の英語力は○○以降急上昇?インタビュー動画で検証
http://www.ei-sta.com/sp/detail/25
ほうー。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。