スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんの海外たすけあいコメント他

2014.12.09.Tue.01:02
寝る前に。
まだ捕獲できてないので、とりあえず今日更新された公式サイトの動画から。…粗い(落涙)

歳末たすけあい 海外たすけあい
http://www.nhk.or.jp/event/tasukeai/ouen.html

羽生結弦 NHK海外たすけあい 0-2 羽生結弦です

「羽生結弦です」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 2

↑ こうセリフを言う前に、息を吸うのと同時に大きく首も動いちゃうところ好きw

羽生結弦 NHK海外たすけあい 3 NHK

「NHK海外たすけあい、私も応援しています」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 4 応援しています

「たくさんの人に支えられて、多くの声援に力をもらい、スケートを、続けていくことができました」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 5 嬉しいです

「僕の滑りから、皆さんが、元気や希望を感じてくだされば、本当に嬉しいです」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 6 応援が

「皆さんの応援が、力になります」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 8 お願いします

「ご協力お願いします」

羽生結弦 NHK海外たすけあい 9

http://www.nhk.or.jp/event/tasukeai/ouen2.html
http://www.nhk.or.jp/event/tasukeai/img/ouen_hanyu.jpg

コメントでの一人称がまた「私」だー!と思ったらみんな「私」だった、葛西さんも。

ところでこういう小さい動画は画面を録画したのをキャプってるんだけど、黄色が濃くなっちゃうのが残念…羽生くんはもっと色白なのにぃ(´・ω・`)

あと記事みっつ。

羽生、連覇へ復調できるか=町田、無良も挑戦-フィギュアGPファイナル
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120800586
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うGPファイナルは11日、スペインのバルセロナで開幕する。ソチ五輪金メダルで前回覇者の羽生結弦(ANA)、世界選手権2位の町田樹(関大)、無良崇人(HIROTA)の日本男子の優勝争いが注目される。
日本男子がファイナルに3人以上進出するのは3年連続。2季前の覇者の高橋大輔と前回3位の織田信成が引退したが、層の厚さは健在だ。
エースの羽生は中国杯の衝突で負傷したダメージが大きいが、4年連続出場にこぎつけた。復調途上で4位に終わったNHK杯から短期間で、どこまで立て直せるか。羽生は「挑戦者として、一番上を狙っていく」と話している。
充実ぶりでは、町田が目を引く。芸術性に磨きを掛け、スケートアメリカでは今季世界最高点をマークし、初のビッグタイトルを視野に入れる。初出場の無良も4回転ジャンプの安定感が増した。日本勢にとって最大のライバルは地元のハビエル・フェルナンデス(スペイン)。
女子は今季シニアデビューした18歳の本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が繰り上がりでチャンスを得た。実績は劣るが、一戦ごとに自己ベストを更新し、ロシア杯を制覇。エレーナ・ラジオノワらロシア勢4人の牙城を崩せるか。(2014/12/08-15:46)
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0141208at32_p.jpg

羽生選手のひたむきさに感動
http://www.sankei.com/region/news/141208/rgn1412080041-n1.html
スポーツで感動するのは選手のひたむきさなんだということをソチ五輪の金メダリストに改めて教えられた。NHK杯フィギュアの羽生結弦選手である。ジャンプの申し子が何度もリンク上で転倒する。気持ちが切れても仕方ないのに、最後までひたむきにプログラムを演じ切った。
先月8日に上海で開かれたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯の公式練習で中国選手と激しく衝突、全治2、3週間と診断された。
けがの影響は素人目にも明らかだった。あれだけ軸がぶれたジャンプで着氷は無理だったろう。何より硬い氷にたたきつけられた痛みは半端じゃなかったはずだ。
筆者もスピードスケートのコーナリング練習で痛い目にあった。体を左に傾け両足を交差するのだが、エッジが引っ掛かり、足払いを食ったようにお尻からドスン。
足腰は青あざだらけ。覚えるのに1シーズン。転倒は数知れず。打ち所が青あざだったときの激痛に身もだえ、思わず涙がこぼれたことすらあったからだ。
伏線もある。東日本大震災の被災地、仙台市出身の20歳は言葉遣いが謙虚なのだ。被災地へのメッセージでは元気や勇気を「届けたい」という表現をする。
だが、アスリートの定番は「勇気を与えたい」。まるで上から目線。謙虚さとひたむきさで感動をくれた羽生選手に改めてエールを送りたくなった。(石田征広)

2014 NHK Trophy: no butterflies and hurricanes at GPF in Barcelona
http://www.insideskating.net/2014/12/07/features/2014-nhk-trophy-no-butterflies-and-hurricanes-at-gpf-in-barcelona
(略)
Yuzuru Hanyu: the nostalgia, the emotions, the goose bumps, I just love Yuzuru’s short program to Chopin’s Ballade no. 1. As if the Japanese skaters have found the secret formula to brilliantly interpret Chopin: need I remind you Mao Asada’s masterpiece, to Chopin’s Nocturne, from the Olympic season? A flawed routine in Osaka for Yuzuru Hanyu, I agree, but what an amazing choreography – and how much he matured from last season. If you take out the jumps, it still stands out – and I for one can’t wait to watch this program live in Barcelona. I’m sure it will be marvelous; to say the least.

羽生くんのショパンバラード1番がすごく好きだと。日本人は真央のショパンといい解釈に秘密の手法を得ているかのよう。ジャンプが抜けていても、驚くべき振付。昨シーズンからなんて成熟したのだろう…バルセロナで見るのが待ち切れない、素晴らしいと確信している、控えめに言ってもね(大意)とのこと。こんなコメントを読むと、迫ってきたファイナルでの演技が本当に楽しみ。DOIなどのショーでの演技と中国杯、NHK杯での演技を、今思い出すと全く違う色が浮かぶ。今はまだ構成の遂行も表現の突き詰めも、まだまだ模索している部分が多いんだと思うけど、DOIでのキリキリとしたショパンも、今生々しく揺れ動いているショパンも、どちらも好き…。我に帰ればとってもとっても怖いプロだけど、いつか羽生くんが納得できる演技ができるといいな。そう願いながら、羽生くんの納得できるショパンの演技がどんなものなのか、いろんな色合いを想像してみるのも楽しい。
……生で見たかったーっ!ハー(;ω;)
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。