羽生くんの世選SP記事+写真など

2014.03.27.Thu.18:50
もうすぐ羽生くんの今日の公式練習!そして女子SP地上波も始まるー!
大急ぎでここまでの記事など。

羽生は4回転の転倒響きSP3位…首位は町田/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20140326/fig14032620450006-n1.html
世界選手権第1日(26日、さいたまスーパーアリーナ)男子ショートプログラム(SP)が行われ29番に登場した羽生結弦(19)=ANA=は冒頭の4回転ジャンプで転倒するなど、ミスが響き91.24点で3位発進した。ソチ五輪で5位入賞した町田樹(24)=関西大学=は、SPでの自己ベストを更新する98.21点で首位に立った。25番目に登場した小塚崇彦(25)=トヨタ自動車=は85.54点で6位だった。
ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」に乗せて滑りだした羽生だったが、冒頭の4回転ジャンプで転倒。しかし続く難度の高いスピンは綺麗に決め、演技を立て直す。トリプルアクセル、3回転-3回転のコンビネーションジャンプを決めると会場から大きな歓声と拍手が。ステップ、最後のスピンでは乱れること無く、華麗にこなしてフィニッシュ。日本の観客に悔しさの混じった笑顔で応えた。
http://www.sanspo.com/sports/images/20140326/fig14032620450006-p1.jpg


SPでの4回転転倒は今季初…羽生「悔しいですね、悔しいです」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/26/kiji/ K20140326007852370.html
羽生は冒頭の4回転ジャンプで転倒。その後は大きなミスなくまとめたが、100点を超えたソチ五輪、全日本選手権の点数を10点以上下回る91・24点にとどまり3位発進となった。
演技を終えたインタビューで開口一番「悔しいですね、悔しいです」。今季公式戦のSPでは初めて4回転で転倒したとあって「久しぶりにこういうジャンプをしてしまった」と反省しきり。それでもその後は立て直した自身の演技に「しっかり集中してやろうと切り替えられたので、このプログラムを4年間やってきて成長できたなと思います」と自信も見せた。
SPで1位を逃しフリーで追う立場となるのはGPシリーズのフランス杯以来4試合ぶり。「他の選手の演技が素晴らしかったと思いますし、今回まだまだ僕は実力不足だなと感じさせられたプログラムだったので、フリーの方がいい演技が出来たらと思います」と謙虚に巻き返しを誓った。


<世界フィギュア>羽生転倒 「ちょっとした過信が…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140326-00000114-mai-spo
まさかのミスだった。26日行われたフィギュアスケート世界選手権の男子SP。五輪王者の羽生が、得意にしている4回転トーループで前向きに両手をついて転倒。「SPはほとんどミスなく来られてきたので、ちょっとした過信だとか、気の緩みだとか、そういうものがあったと思う」と自己分析した。
フリーでの4回転サルコウの成功が課題の羽生にとって、難度が低い4回転トーループ、そして世界歴代最高得点を記録しているSPは「通過点」のはずだった。「(2シーズン演じた)このプログラムを試合でできるのは最後だな。今回のSPの場をすごく楽しもう」と臨んだという。
だが、周囲はそう見ない。あくまでも、五輪金メダリストが直後の世界選手権でどんな会心の演技をしてくれるか期待している。それを知らず知らずに重圧と感じていた。「五輪チャンピオンという言葉自体に、プレッシャーがかかるという意味は付いていない」と羽生。「ちょっとした誤差だが、4回転はそんな誤差でミスが出るもの」と怖さを再認識した。
だが、羽生は「SPは過去、という位置付けでしっかりと次に向けて頭を使いたい」とも。自らも世間も、羽生の物語が終わったとは誰も思っていない。【芳賀竜也】


悔しさ残る羽生=世界フィギュア
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014032600962
会場を埋め尽くした約1万7000人の誰もが楽しみにした金メダリストの滑り。惜しみない拍手は送られたが、羽生には悔しさが残った。
冒頭の4回転トーループ。前のめりに転んだ上に、回転不足となった。ソチ五輪でレベルを取りこぼしたスピンも含め、残りは問題なく演じたが、3位にとどまった。
SPの4回転は、練習でもほとんどミスすることはなかった。「悔しい。過信とか気の緩みがあったかもしれない」と分析。五輪王者の重圧は否定したが、「ここ(3位)にいる自分が許せない」と厳しかった。
初優勝を懸け、首位町田とは約7点差。「すごく楽しい。それだけです」。王者の表情は、挑戦者のそれに変わっていた。(2014/03/26-22:18)


こちらは演技後のコメント、おそらく全文。

羽生、4回転転倒で「気の緩みがあったのかも」=世界フィギュア男子SP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140326-00000006-spnavi-spo
フィギュアスケートの世界選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。男子ショートプログラムでは、ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が冒頭の4回転で転倒し91.24点で3位スタートとなった。首位は町田樹(関大)で98.21点。男子フリーは28日に行われる。
以下は、演技後の羽生のコメント。
(金メダリストとして臨む初めての大会はどうだったか)いつも通りの感覚でやれました。本当に(4回転)トゥループの失敗に関しては悔しさがありますが、練習でもショートのトゥループはミスなくここまで来れていたので、ちょっとした過信や気の緩みなんかがあったのかなと思います。(演技前に過信はあったのか)いや、特になかったです。今回のショートを楽しもうと思っていました。このプログラムを試合でできるのは最後かなとも思ったので、そこは演技内容どうこうではなく楽しもうと。本当に楽しめたと思います。
(町田の演技を見ていたと思うが)見ていました。素晴らしいと思ったし、僕自身もこういう演技をしたいと思っていましたけど、そのあとは自分の演技に心も脳も集中できていました。いまのところは気持ちの緩みくらいしか、ミスの原因は分かっていません。(気持ちの緩みはどこから発生する?)五輪チャンピオンという肩書きからのプレッシャーと、ちょっとした過信があったんだと思います。それについて例えば五輪チャンピオンという言葉にプレッシャーという意味は付いていないし、それで過信するかと言えばそれは自分の心の問題です。本当にちょっとした誤差なんですけど、4回転はそのちょっとした誤差でミスが出るものなので、そのために確率が下がって、ミスになってしまったのかなと。
(気の緩みが出たなと思う箇所は?)過去は過去で、ミスをしてしまった事実は変わらないですし、ショートについては過去という位置付けで、しっかり次に向けて頭を使っていきたいと思います。(立て直すとしたらメンタル面?)立て直すというか、いつもと変わらないですし、あさってがフリーなので、あさってはあさってですし、今日は今日ですし、明日の練習は明日の練習。今考えなければいけないのはインタビューの内容です(笑)。だから特に未来についても過去についても考えず、今の自分を大切にしたいと思っています。(首位を追う展開になったが)すごく楽しいです。それだけです。(4回転以降は良かったが)4回転をミスしてしまいましたが、そのあとはしっかりとGOE(出来栄え点)を取れば90点台に乗せられると思ったので、やっぱりGOEというのが、今回のプログラムで一番点数を稼げるところだと思っていました。少しトゥループのアンダーローテーションは気になりますが、頑張ってできたなと思います。(フリーに向けて)あさってはあさってでしっかりやりたいと思っています。まだ気持ちの整理はついてないですけど、しっかりとつけて、今日はしっかり休んで、明日はしっかり練習して、あさってはしっかり頑張りたいです」


こちらはSPプレカンほぼ全文、かな?

町田「誇りに」羽生「自分が許せない」世界フィギュア男子SPトップ3会見
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1314/columndtl/ 201403260005-spnavi
フィギュアスケートの世界選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。
男子ショートプログラムでは、ソチ五輪5位の町田樹(関西大学)が「ベストの結果を出すことができた」というパーフェクトの演技を披露し、自己ベスト98.21点で首位発進。ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)は冒頭の4回転で転倒し91.24点で3位スタートとなった。一方、高橋大輔(関西大学大学院)の欠場により急きょ出場となった小塚崇彦(トヨタ自動車)はシーズンベスト85.54点で6位につけた。男子フリーは28日に行われる。
以下は、町田、羽生、SP2位ハビエル・フェルナンデス(スペイン)のトップ3会見でのコメント。
町田「自分史上最高のエデンの東を見せることができた」
――今日の演技の出来栄えとフリーへの意気込みを聞かせてください。
町田 今日はベストの結果を出すことができて非常にうれしく思うと同時に、自分を誇りに思っています。特に観客の皆様に自分史上最高のエデンの東を見せることができてうれしく思っています。得点はびっくりしました。このショートを作ってくれたフィリップ先生がこちらにいますが、振付師であると同時にアートディレクターと呼びたいです。彼のおかげでこのプログラムを作ることができました。
フェルナンデス 演技に関しては非常にうれしく思っています。ベストというものではなかったと思いますが、五輪後にトレーニングに戻ることがいかにつらいかが分かりました。その中で自分のベストを尽くして練習に取り組んだことがこの成果を生んだと思います。コーチも100パーセント練習で出し尽くすように後押ししてくれたので、その努力の先に報いがあるんだなと思いました。フリーも良い演技をして、私だけではなく、日々私を支えてくれるコーチや、ファンの皆さん、スケートを愛する方々のために、滑りたいと思っています。
羽生 今日に関してはまったくハッピーとは言えなく、良い演技ではなかったと思います。自分自身に対しても怒りを感じています。しかしベストを尽くして明後日は自分のベストを出す。そしてハッピーになりたいと思っています。
羽生「3位。今ここにいる自分が許せない」
――五輪以降の4週間の旅路についてお伺いしたい。どういう過ごし方をしたのか、五輪で得たことはどういうものだったのか?
町田 (ここまで英語で話していたが)すみません、英語はギブアップします(笑)。五輪では多くのことを学び、よく五輪のあとにアスリートは燃え尽きてしまうとか言われていますが、僕は帰ってきたその日からモチベーションが高くて、やる気が出ていました。ソチで見つけた反省点がいっぱいあったので、それをどうしたら改善できるかを日々考えつつ、自分に改善のノルマを課して、世界選手権のために力強く歩んできたつもりです。日々成長していくのが分かったし、五輪の僕と今の僕を比べても進化しているんじゃないかと思います。
フェルナンデス 多くの方々が、僕の五輪の成績を不満に思っているんじゃないかと思っていたようですが、そんなことはなくて僕はうれしかったんです。全力を尽くして結果がああいうものだったというだけです。トレーニングに戻ってからもモチベーションが高かったんですが、1週間くらい経ったあとに自分に自信がなくなってきて、何をどうすればいいかと分からない状態になってしまいました。ただコーチが「毎日の練習を100パーセントの力で臨むんだ」というふうに後押しをしてくれました。その後自分も練習を100パーセントやって、あきらめちゃいけないんだと思ってやってきて、今日はやってきて良かったなと思いました。
羽生 すみません、僕も英語で話すのあきらめます(笑)。五輪のフリーのあとは全然うれしくなかったので、一生懸命練習することはできたんですけど、実際こうやってミスをしてしまい、3位という順位にいます。今ここにいる自分が許せないので、明後日向けて過去よりも今をしっかりつかみとりたいと思います。
フェルナンデス「日本が一番会場も大きい。とにかくすごい」
――世界選手権史上最大の観客動員数になると思うが、この大歓声をどう自分のモチベーションに変えたのか?
町田 日本ではフィギュアスケートはとてもポピュラーで、この会場が満員になるくらい人気があります。世界選手権初出場で、日本開催で、たくさんのオーディエンスの前で滑ることができて幸せでした。ショートでは僕の最後のステップの場面で、お客さんの感情が高ぶっていくのが僕も手に取るように分かったので、それが自分の背中を押してくれたし、最後まで美しく力強く踊れたと思います。日本のオーディエンスの皆様をはじめ、いつも僕を応援してくれる世界中の皆様に感謝したいです。
フェルナンデス 日本ではたくさんのお客さんが集まります。僕自身が体験した中では日本が一番会場も大きいのではないかと思います。とにかくすごいですよね。僕は2007年のシニアでの初めての世界選手権が日本だったんです。まったく今日と同じような状態で、怖いものでした(笑)。2万人近くお客さんがいる中で、15歳の少年が何をしたらいいのか。本当に怖いなと。ただこれだけこのスポーツを愛してくれる方がいるというのは素晴らしいことだとも思います。
羽生 2人がすべて言ってくれたので、僕は何を言ったらいいのか分からないですけど、とにかくこれだけの日本国民の方がフィギュアスケートを愛してくれているし、日本のスケーターだけでなく、世界のスケーターが集まるこの世界選手権という大会を見て、また新たにいろいろな国のスケーターや国を知ってくれるのは、いちスケーターとしてすごくうれしいなと思いました。僕の演技自体は良くなかったんですけど、多くのお客さんに見守られて、演技ができるのは幸せだなと思います。


オーサーの言葉。

「(羽生は)フリーは大丈夫」とオーサー・コーチ
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140326/oth14032623190030-n1.htm
ブライアン・オーサー・コーチの話「(羽生の)失敗の原因は映像を見直さなければいけないが、フリーは大丈夫だと信じている」
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140326/oth14032623190030-p1.jpg
得点が発表されオーサーコーチに肩を叩かれる羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・古厩正樹)


羽生のミスを生んだメダリスト包囲網
http://thepage.jp/detail/20140327-00000002-wordleafs
メンタルの部分の緩み
フィギュアスケートの世界選手権が26日に開幕し、男子シングルSPが行われた。ソチ五輪金メダリストの羽生結弦は、五輪で史上初の100点超えをマークしたときと同じプログラムを演じたものの、冒頭の4回転トゥループで転倒し、91.24点で3位と出遅れた。
98.21点で首位に立った町田樹、96.42点で2位となったハビエル・フェルナンデス(スペイン)の後塵を拝するというまさかの演技になってしまったのはなぜか。
「(4回転)トゥループの失敗に関しては悔しさがある。練習でもショートのトゥループはミスなく来れていたので、ちょっとした過信や気の緩みなんかがあったのかなと思う」
羽生はミスの原因を「過信」「気の緩み」であると捉えていた。つまり、メンタルの部分に問題が生じていたのだと分析していた。
自身の内側に原因があると思ったことで、羽生は自分を責めているようだった。努めて冷静を装いながらも、表情にときおり険が浮かんだのはそれが理由だろう。SPの1位から3位までが出席した会見の席では、町田とフェルナンデスの横で「今ここ(3位)にいる自分が許せない」とまで言った。
SPの安定度を生み出したトレーニング
しかし、客観的に考えれば単にメンタルの部分だけで結論づけてしまうことはできない。他のライバル勢が“打倒・羽生”を目指して難度の高いプログラムで勝負を挑んできたからこその状況であるからだ。
2010年バンクーバー五輪で銀メダルのエフゲニー・プルシェンコが打ち出した「4回転論争」から4年。4回転を組み込む選手は年々増え、今季は単独の4回転ジャンプではなく、コンビネーションで4回転を使う選手が激増した。今回の世界選手権SPでは、6人の選手がコンビネーションジャンプで4回転―3回転を跳んでおり、3人しかいなかった昨年の世界選手権と比べて倍増という数字だ。
フリーでは羽生も2種類の4回転を組み込んでおり、来季は19歳という若き金メダリストを追い越すために、より多くの選手が4回転の使い方に工夫をこらしてくるだろう。
「いまのところは気持ちの緩みくらいしか、ミスの原因は分かっていません」と羽生は言うが、自身が拍車を掛けた「4回転戦国時代」だからこそ、プレッシャーがきつくなったと言える。
一方で、「過信」するのが止む得ないと思えるほど、今季の羽生のSPの安定度が高かったのも事実だ。GPシリーズ初戦となったスケートカナダこそ80.40点と低い点だったが、エリック・ボンパール杯では95.37点、GPファイナルでは99.84点と試合を重ねるごとに点数を伸ばしていった。国際試合ではないため参考記録にすぎないとはいえ、全日本選手権では103.10点。さらにはソチ五輪で史上初の100点超えを実現させた。
安定感の礎となったのは、2年間で積み重ねてきたトレーニング。今季はソチ五輪で金メダルを獲得するため、2012/2013シーズンと同じSP曲を使い、安定性第一の作戦を採っていた。それが功を奏した形での五輪金メダルだったのだ。
また、演技終了後の取材エリアで、羽生は4回転トゥループをミスした理由をもう一つ述べている。「重圧」だ。
「五輪チャンピオンという肩書きからのプレッシャーもあった。自分の心の問題。ちょっとした誤差なんですが、4回転ジャンプはそのちょっとした誤差でミスが出るものなのです」と説明した。世界選手権前の公式会見では「プレッシャーに挑戦するのが楽しみ」と話していたが、やはり簡単に乗り越えられる相手ではなかった。
とはいえ、4回転ジャンプで転倒してもなお3位につけるだけの力を持っていることはしっかりと証明した。得意のトリプルアクセルは完璧。3回転ルッツ-3回転トゥループも雄大で華麗だった。長い左足を伸ばす決めポーズでは、1万8000人余りの観衆から黄色い声援が飛んだ。スタートポジションに立ってポーズを取った静寂の一瞬に「愛してる!」と響き渡ったマナー違反の声援に対しても「聞こえたけど、特に影響はなかった」と試み出されることはなかった。
「フリーはフリーでしっかりと演技をする」。首位との差7点という数字は十分に挽回可能だ。過信や気の緩みの諫め方、プレッシャーとのつきあい方を覚えることで、さらに進化を遂げていけばいいのである。


こんな記事も。

「ジャンプが苦手」 羽生結弦トリプルアクセル習得まで
http://www.asahi.com/articles/ASG3R7FMSG3RUTQP03Q.html
「僕はジャンプが苦手でした」と羽生結弦は言う。2009年2月の世界ジュニア選手権はトリプルアクセル(3回転半)ジャンプに失敗して12位。「同期(のライバル同士)で、トリプルジャンプをきれいに跳べるようになるのは僕が一番遅かった。大会で負けては泣いた」
羽生の中学時代にジャンプのコーチを務めた田中総司さんも、「そのころ、一番の弱点がトリプルアクセルだった」と話す。成功率が低いため、田中さんが試合で跳ぶのを禁じたこともある。
踏み切る直前の左足が、右へ行ったり、左へ行ったり、安定しなかった。上手に着氷する日があったかと思うと、翌日は全く駄目になることもあった。
田中さんは、多くをアドバイスしなかった。
「考えて跳びなさい」「それが結弦の体重移動か」。羽生自身に、跳び方を探らせた。ジャンプを完全にマスターするためには、結局は自分の感覚に頼り、自分の跳び方を確立するしかない。
「わかんない」とこぼし、ふさぎ込むことがあっても、羽生は必死に考えた。他の選手のスピード、タイミング、軌道を見て盗んでは試し、気づいたことをノートに書き留め、自分なりの3回転半を磨いた。
成果は次のシーズンに出た。2009年11月の全日本ジュニア選手権で連覇を達成。年明けの世界ジュニア選手権で優勝した。田中さんはこう振り返る。「そのシーズンの全日本ジュニアから世界ジュニアの間に急成長した。トリプルアクセルが得意になり、その後、間もなく4回転も跳べるようになった。トリプルアクセルを体得したことが、彼の大きな転機」
町田樹(関大)が「カウンターからのトリプルアクセルはとても難しい」という技を、羽生は「踏み込み(左足)さえ注意すれば全然問題ないジャンプ」と言ってのける。今や、ほとんど失敗することがない絶対的な武器にしている。


英語記事も二つ。

Figure skating: Machida upstages Olympic champ Hanyu
http://www.globalpost.com/dispatch/news/afp/140326/figure-skating-machida-upstages-olympic-champ-hanyu
Japan's Tatsuki Machida upstaged compatriot and Olympic champion Yuzuru Hanyu before a home crowd in the short programme Wednesday to lead the men's event at the world figure skating championships.
The 25-year-old, who won the US and Russian Grand Prix titles this season but finished fifth at the Sochi Games, scored a personal best of 98.21 points with Spain's Javier Fernandez second on 96.42 points.
Hanyu, 19, fell on his opening quadruple toeloop and trailed in third spot on 91.24 points going into the final free skate on Friday.
Tomas Verner of the Czech Republic came in fourth at 89.08 and China's 18-year-old Yan Han fifth at 86.70.
Skating to the soundtrack of "East of Eden" by Lee Holdridge, Machida nailed an opening quadruple-triple toeloop combination, followed by a clean triple Axel.
He also hit a maximum level-four in a flying sit spin and a step sequence to improve his personal short programme best by 7.03 points.
"I am very proud I could perform the best 'East of Eden' ever for all the audience," said Machida competing in his first world championships.
"I got motivated when Hanyu got the gold in Sochi ... I want to give all to reach the gold medal," he added.
Double European champion Fernandez, who trains with Hanyu in Toronto under Canadian coach Brian Orser, also scored his personal best skating to "Satan Takes a Holiday."
"Not everybody can come prepared and he (Hanyu) still has another programme so I bet he will be great," said the 22-year-old Spaniard who was third at last year's world championships and fourth in Sochi.
Hanyu, who beat Canada's three-time world champion Patrick Chan into second spot in Sochi and at the Grand Prix Final in December, sprang back brilliantly after his fall.
He went on at level four in three kinds of spins and a step sequence while nailing a triple Axel and a triple-triple combination.
Hanyu said how he jumped the toeloop "wasn't that bad".
"So I am going to adjust that for the free programme."
Chan and Sochi bronze medallist Denis Ten of Kazakhstan skipped the post-Olympic worlds along with controversial women's champion Adelina Sotnikova of Russia and her runner-up and 2010 Vancouver Games champion Kim Yu-Na of South Korea.
Hanyu is the only Olympic title-holder from Sochi to compete at the world championships.
He is the first man since Russian Alexei Yagudin in 2002 to compete for a world title after winning the Olympic gold in the same season.


Divine short blows Machida past field in Saitama
Fernández lands second, Hanyu third; Abbott goes eighth, Aaron ninth

http://www.icenetwork.com/news/2014/03/26/70144558/divine-short-blows-machida-past-field-in-saitama
The men's short program at the 2014 World Figure Skating Championships, held Wednesday at Saitama's Super Arena, had it all: big winners, a few losers, a lot of entertainment and an enthusiastic crowd of 18,000 spectators who applauded Japanese and international skaters alike.
The audience, comprised mostly of young women aged 16-35, seemed to save their longest and loudest cheers for long-time favorites like Tomáš Verner and Jeremy Abbott, both of whom have announced this is their final competition.
(中略)
Olympic champion Yuzuru Hanyu finds himself in third place after falling on an underrotated quad toe loop. Although the rest of his short to "Parisian Walkways" was strong, his 91.24 points is some 10 points less than his record-breaking short program score in Sochi.
"Needless to say, the toe loop wasn't good," Hanyu said. "Even though I made a mistake, I tried to recover the points by performing [good] point elements. Machida did well, and it made me feel my performance today was not good enough. Hopefully, I'll do a better performance the day after tomorrow."


お写真チェックできた分だけ。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/011.jpg
演技後の苦笑い。
http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0016941303.jpg
ステップ。
http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0016941289.jpg
最後のスピン。
http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0016941247.jpg
スピンに入るところ。
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140326-575477-1-L.jpg
ドーナツ。
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140326/oth14032621560024-p2.jpg
少し儚げな笑顔。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/013.jpg
3Aの着氷直後かな。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/014.jpg
ドーナツ遠景。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/015.jpg
おお、ここ頭の中に音楽が流れてくるw
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/016.jpg
演技直後、胸の前に両手をぐっと。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/017.jpg
か、可愛い。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/018.jpg
足上げ。ちょ股下誰か測ってきて!
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/020.jpg
最後のスピン。
http://mainichi.jp/graph/2014/03/26/20140326org00m050015000c/image/021.jpg
こうして写真で見ると、これまでとそんなに変わらない、キレキレの良い表情もしてたんだなってわかる。
http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2014-03-26T113826Z_3771887_GM1EA3Q1IHY01_RTRMADP_3_FIGURESKATING.JPG
4T転倒の瞬間。この後尻餅ついたまま振り下ろした左足が氷をとらえてすぐにステップに入るように動いてすくっと立ち上がったの、かっこよかったです。
http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2014-03-26T114510Z_1974110725_GM1EA3Q1IRJ01_RTRMADP_3_FIGURESKATING.JPG
ドーナツ。
http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2014-03-26T114814Z_1356853443_GM1EA3Q1IYG01_RTRMADP_3_FIGURESKATING.JPG
「へ」!
http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2014-03-26T114644Z_1278299686_GM1EA3Q1IVI01_RTRMADP_3_FIGURESKATING.JPG
キスクラでオーサーと。汗がすごい。
http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2014-03-26T114731Z_441683197_GM1EA3Q1IX501_RTRMADP_3_FIGURESKATING.JPG
これは「プー取って」の瞬間らしいw
http://image.news.livedoor.com/newsimage/b/6/ b6765346bf4091515b1280c96cdf1171.jpg
こういう微笑みはなんていうんだろう、ニヒル?シニカル?
http://image.news.livedoor.com/newsimage/e/0/ e0f198a644a782528f539cceb10b6a9d.jpg
ヘイタクシー。
http://image.news.livedoor.com/newsimage/8/d/ 8dac4c37bb0f43ae84adcb65b1d286ca.jpg
「へ」を斜め右前から。
http://image.news.livedoor.com/newsimage/a/5/ a59a682fbe78306fdce2efadddb0469b.jpg
演技後オーサーに迎えられて。ジャージ着せてくれてる(*´∀`*)
http://d1.yimg.com/sr/img/1/e8ca4b5d-eb45-3571-bab3-3ef5526d0c49
キスクラで髪を直す羽生くん。美しい…!
http://binaryapi.ap.org/7eb95622898147a4be90b4981776c2c6/preview.jpg
「へ」
http://binaryapi.ap.org/043024cc933b4df2a1616329fb037152/preview.jpg
演技後のあいさつ。お花たくさん。
http://binaryapi.ap.org/eaa8f5d567ce4bf49926d212eaa1a56a/preview.jpg
このポーズも「パリ散」だなあ。
http://www.nikkei.com/content/pic/20140326/ 96958A9C81818A9996E3E2E2E28DE0E4E2E1E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6890200026032014000001-PB1-5.jpg
カッコイイですこれも。
http://az490469.vo.msecnd.net/~/media/essay/2014/03/26figure/ G20140326DDD0600512G2000000.jpg
演技直後少し上を向いて、悔しさの滲む苦笑い。
http://www2.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+u8pPakb7uBGx.jpg
「へ」この角度の写真の出所は全部同じなのかしら?色調さまざまだけど。
http://www1.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+i1OJzv1CUnOx.jpg
これもかっこいい。ニヤリ。
http://www4.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+3QYdwUwP1ehx.jpg
これも「パリ散」!
http://www3.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+o6byBSuHFERx.jpg
キスクラでの笑顔。可愛い…。
http://www3.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+_3v_0iFYk7Hx.jpg
オーサーとにっこり。笑えていた、というだけで嬉しい…(✿´ ꒳ ` )
http://www4.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+thfP1g-_lN8x.jpg
空を仰いで。
http://www4.pictures.zimbio.com/gi/Yuzuru+Hanyu+ISU+ World+Figure+Skating+Championships+Yr81JwlykQ0x.jpg
演技冒頭かな。すっと立っているだけなのに美しい。
http://img.news.goo.ne.jp/picture/megapicture_editor/20140327/ mm20140327103937_tk1403260945.jpg
これこそ「へ」w足おかしいwww
http://img.news.goo.ne.jp/picture/megapicture_editor/20140327/ mm20140327103812_tk1403261037.jpg
キスクラからの去り際。
http://web.icenetwork.com/assets/images/2/2/0/70193220/ cuts/Orser_0s0qh4he_jvmawr4x.jpg
オーサーとハビ、ナムくんと。
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-frc3/t1.0-9/ 10153807_754673037890973_1430320603_n.jpg
クリケットチーム別角度+@

ISUのFB
https://www.facebook.com/isufigureskating/posts/754298021261808:0
Following the Men Short Program here are the leaders and small medalists:
Tatsuki Machida (JPN)
Javier Fernandez (ESP)
Yuzuru Hanyu (JPN)
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn2/l/t1.0-9/1375776_754295751262035_1343725237_n.jpg
スモールメダルをかけてのスリーショット。

Patinaje FEDHのFB
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-frc3/t1.0-9/1982263_298243983656433_277708501_n.jpg
ハビちゃん天使のかわいさ。

DOPPIO AXELのFB
http://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn2/t1.0-9/1531655_697714813604536_1171099490_n.jpg
SPプレカン写真。どれが誰だかわかりゃいい、って具合w

IFSのFB
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn1/t1.0-9/10013280_10152723006692538_4710835_n.jpg
演技前の屈伸。
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn1/t1.0-9/603582_10152723006467538_1484251624_n.jpg
プレカンでの羽生くんソロショット。いくぶんスッキリした顔。
https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-prn1/t31.0-8/1529840_10152722999642538_30386445_o.jpg
スモールメダルをかけてのスリーショット、デカ目。

Scott Russell ‏@SportsWkndScott
https://twitter.com/SportsWkndScott/status/448723046778429440
This guy is a beauty! 15 yr old World Jr. Champ @NamSkating 1st World Championships in Japan @cbcsports @skatecanada
https://pbs.twimg.com/media/BjovO7kCAAAZvxf.jpg:large
16:28 - 2014年3月26日
https://twitter.com/SportsWkndScott/status/448751937869991936
Massive crowd at #ISUWorld's #Saitama They love figure skating here. It's for now the centre of the sport @cbcsports
https://pbs.twimg.com/media/BjpJgnsCAAAZlV3.jpg:large
18:22 - 2014年3月26日
https://twitter.com/SportsWkndScott/status/448778145173233664
Tatsuki Machida skates lights out 98+ SP to lead with Hanyu to come @cbcsports #ISUWorld's
https://pbs.twimg.com/media/BjphWF5CAAAUde0.jpg:large
20:07 - 2014年3月26日
https://twitter.com/SportsWkndScott/status/448785446206599168
Olympic champion...Yuzuru Hanyu "I felt pressure." He trails teammate Machida after SP @cbcsports #ISUWorld's #Japan
https://pbs.twimg.com/media/Bjpn_ERCcAAytjb.jpg:large
20:36 - 2014年3月26日
https://twitter.com/SportsWkndScott/status/448788796037812224
Here's another protege of Brian Orser @javierfernandez ESP "Day is done and I am happy." 2nd after SP @cbcsports
https://pbs.twimg.com/media/BjprCDUCUAAl2Df.jpg:large
20:49 - 2014年3月26日

羽生くんの笑顔が嬉しい。ハビはこれwわざとなの?w

Nick McCarvel ‏@NickMcCarvel
https://twitter.com/NickMcCarvel/status/448787943834939392
Men's SP standings: A guy from #Japan leads, but his name isn't #Hanyu. Abbott, Aaron in 8th and 9th #Worlds2014
https://pbs.twimg.com/media/BjpqQdQCcAAXwtP.png:large
20:45 - 2014年3月26日

いつものニックさん。画像はただの順位表示なんだけど、『日本がリードしているが、その名前は羽生ではない』というコメントが印象的だった。

無良 崇人 ‏@takahito3211
https://twitter.com/takahito3211/status/448771489404178432
日本男子がんばれ!!
19:40 - 2014年3月26日

日本男子の滑走順直前の無良くんのつぶやき。

本田 真凜 ‏@mareeeeeen2018
https://twitter.com/mareeeeeen2018/status/448782608390844416
ほんまに、珍しいー…。
20:24 - 2014年3月26日
https://twitter.com/mareeeeeen2018/status/448785124587347968
フェルナンデス、うまいなぁ!!
20:34 - 2014年3月26日

真凛ちゃんも見てた。一つ目は羽生くんの演技後。二つ目はハビ。真凛ちゃん簡潔www

家庭画報編集長 秋山和輝 ‏@KG_akiyama
https://twitter.com/KG_akiyama/status/448814684263575553
SP終わって上位の3人。明後日はそれぞれのプログラムの最高傑作を見せて欲しいです。ちなみに、右端の後頭部は「エデンの東」振付師のフィリップ・ミルズ氏。今日はさぞかし嬉しかったことでしょう!
https://pbs.twimg.com/media/BjqCk8OCcAApy9k.jpg:large
22:32 - 2014年3月26日

SPプレカンでのスリーショット。みんなお疲れさま。羽生くんの顔が演技前よりもイケメンモード。

パンダライオンKIM ‏@PANDALIONKIM
https://twitter.com/PANDALIONKIM/status/448764969400541184
世界選手権見るo(`ω´ )o
夜中じゃないってステキ!!
19:14 - 2014年3月26日
https://twitter.com/PANDALIONKIM/status/448783638461558784
結弦頑張った!
28日のフリーも楽しみo(`ω´ )o
20:28 - 2014年3月26日

シンプルな言葉。

davidbaden
http://instagram.com/p/mB9SU7vnmm/
Top 3 guys after men's short #worlds2014 #japan #javierfernandez
http://distilleryimage6.ak.instagram.com/ d822856eb55d11e3b0260e40d8c32bd6_8.jpg
----------
http://instagram.com/p/mAaGiYvnlV/
On the bus back to the hotel with @javierfernandez and his little tiny medal @icenetwork
http://distilleryimage1.ak.instagram.com/ ddeb9a90b4e411e3ace41228aa2e19f5_8.jpg

IMGの方のインスタ。プレカンでのスリーショットと、帰りのバスの中のハビ!メダルかけたまま帰ってるのwハビの横と後ろの席にプレゼントらしいラッピングがたくさんあるような。そして写真右上に浮いているのは…黄色と赤のアイツの風船?後部座席の裸足も気になるwその位置でどんな体勢で寝ているんだw

ここからは今朝からの記事。

羽生「怒りを感じる」SP3位…4回転でまさか転倒/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20140327/fig14032704340003-n1.html
世界選手権第1日(26日、さいたまスーパーアリーナ)まさかの失敗! 男子ショートプログラム(SP)で、初優勝を狙うソチ五輪金メダルの羽生結弦(19)=ANA=は冒頭の4回転トーループで転倒し、91.24点で3位。それでもアレクセイ・ヤグディン(ロシア)以来、史上2人目となるグランプリ(GP)ファイナル、五輪、世界選手権の“3冠”を射程圏に捉えた。ソチ五輪5位の町田樹(24)=関大=が世界歴代3位の98.21点で首位に立ち、小塚崇彦(25)=トヨタ自動車=は85.54点で6位だった。
突然だった。演技を始めようとした瞬間、「ユヅ、愛してるっ~」。女性ファンの叫び声がこだまし、会場は一瞬の静寂に包まれた。異様な雰囲気を切り裂くように、ゲイリー・ムーアの『パリの散歩道』が流れ出す。哀愁漂うエレキギターに身を委ねた羽生が、冒頭の4回転トーループで尻もちをつくと、今度は悲鳴が響き渡った。
「歓声? 聞こえたけど影響があったかと言われればない。気持ちの緩みくらいしか原因は分からない。ちょっとした過信があったのかも」
絶対的な自信を誇る4回転トーループは回転不足を取られた揚げ句、転倒により出来栄え点(GOE)は3点減点。ソチ五輪でたたきだした世界最高101・45点を10・21点も下回った。
練習リンクの観覧でも収入増のために有料となったほどの人気ぶり。この日、プラチナチケットを手にした1万6913人で埋まったスタンドからは黄色い歓声が飛んだ。いまやアイドル並みの人気を誇る日本フィギュア界初の五輪男子金メダリストが、故郷を思う気持ちは変わらない。
ソチから2月25日に帰国し、27日に練習拠点のカナダ・トロントへ出発する強行軍の合間を縫って、26日に仙台に凱旋(がいせん)。1700人以上から歓迎を受けた。その男気に自治体も応えた。仙台では4月26日にパレードが行われる。羽生は装飾された大型トラックの荷台に乗って、市中心部約880メートルを約30分間顔見せする予定で、10万人弱の人出が見込まれる。
3月11日はトロントで東日本大震災から3年を迎えた。地震が発生した日本時間午後2時46分に合わせ、現地の午前1時46分から2分間、母国の方角を向き、黙祷(もくとう)をささげた。昨年12月のGPファイナル(福岡)、2月のソチ五輪を制覇。世界選手権初Vも手にし、郷土に再び錦を飾りたい。
「ミスをしての3位。自分に対して怒りを感じる。ここにいる自分が許せない。過去よりいまをつかみ取りたい」
2002年ソルトレークシティー五輪シーズンのヤグディン以来となる3冠は目前。首位・町田との6・97点差を「楽しい」と表現した。28日のフリーで逆転し、五輪シーズンを締めくくる。 (江坂勇始)


【世界フィギュア】羽生「自分自身に怒り」転倒でSP3位
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20140326-OHT1T00246.htm
◆フィギュアスケート 世界選手権第1日(26日・さいたまスーパーアリーナ) 男子ショートプログラム(SP)を行い、ソチ五輪で日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦(19)=ANA=は得意の4回転トーループで転倒するミスがあり、91・24点で3位となった。五輪5位で世界選手権初出場の町田樹(24)=関大=が世界歴代3位の98・21点で首位。高橋大輔(28)=関大大学院=の欠場を受けて出場した小塚崇彦(25)=トヨタ自動車=は85・54点で6位。男子フリーは28日に行う。
名前がコールされても観客席の声援が鳴りやまない。滑り出そうとした瞬間、数人の女性が「ユヅ、愛してる~!」と絶叫。羽生は表情を変えず「パリの散歩道」に乗って滑り始めたが、絶対的な安定感を誇る冒頭の4回転トーループが回転不足で転倒した。
金メダリストの凱旋試合は想定外の3位発進。ソチで出した世界最高101・45点を10点以上も下回った。会見で3位の席に座った羽生は「自分自身に対して怒りを感じる。ここにいる自分が許せない」と厳しい表情。練習からミスしなかった4回転の失敗を「気の緩みがあった。五輪チャンピオンのプレッシャーと過信。自分の心の問題」と悔しそうに振り返った。
直前の大声援については「聞こえてましたけど、影響があったとは思わない」という。日本男子初の五輪金メダルに羽生フィーバーが巻き起こり、女性ファンが激増。ソチから帰国した2日後にはカナダに戻って練習に集中したが、金メダルの重みが19歳の歯車を狂わせた。羽生は「肩書からくるプレッシャーみたいな。ちょっとした誤差みたいなものが4回転に出た」と唇をかんだ。
町田とは約7点差だが、負けず嫌いの羽生は「すっごい楽しい」と追う立場を歓迎した。五輪王者が同シーズンのGPファイナル、世界選手権も制すれば、02年ソルトレークシティー五輪金のアレクセイ・ヤグディン(ロシア)以来で2人目だ。
「SPは過去という位置づけで、フリーに向けて頭を使っていきたい。過去より今をつかみとりたい」。19歳は挑戦者に戻り、18年韓国・平昌(ピョンチャン)五輪への第一歩を踏み出す。
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20140326-580811-1-L.jpg


羽生、3位発進 満身創痍の王者 「気の緩み」4回転転倒 世界フィギュア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000104-san-spo
渾身(こんしん)のガッツポーズとはいかなかった。3大会連続の100点超えはならず、SP3位発進の91.24点。右拳を突き上げて演技を締めた羽生は、わずかに首を横に振り、苦笑いを浮かべた。
五輪金メダリストへ導いてくれた「パリの散歩道」は、冒頭の4回転ジャンプで出ばなをくじかれた。「練習でもミスなく跳べていた」という得点源が回転不足となって、転倒までした。
失敗の原因を問われた19歳は「ちょっとした過信と気の緩み」と淡々と振り返った。満身創痍(そうい)の体で今季最終戦を迎えたという事実を、自らの口では語らなかった。
関係者は大会前、「膝と腰の痛みがひどい」と明かしていた。状況を裏付けるように、24、25日に2回ずつ行われた公式練習は、2日とも、うち1回を見送っていた。
2月の五輪後、今大会に再びピークを合わせることは難しく、五輪銀で世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)も銅のデニス・テン(カザフスタン)も出場を見合わせた。過去2シーズンとも終盤は世界国別対抗戦を欠場するなど、体調不良に苦しんできた羽生にとっても、厳しい調整を強いられた。それでも、コンディションを言い訳にしない姿勢には、新エースの自覚がうかがえる。「しっかり頑張りたい」と話した28日のフリー。力を振り絞って“凱旋(がいせん)大会”の頂点をつかみにいく。(田中充)


見たことないミス…羽生憤り「許せない」3位
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20140327-OYT1T00320.htm
フィギュアスケート・世界選手権第1日(26日・さいたまスーパーアリーナ)――男子はショートプログラム(SP)が行われ、ソチ五輪5位の町田樹(関大)が自己最高の98・21点をマークして首位に立った。
ソチ五輪金メダリストの羽生はにゅう結弦ゆづる(ANA)は、4回転ジャンプで転倒して91・24点の3位スタート。

これが金メダルの重みだろうか。五輪王者として凱旋がいせん試合に臨んだ羽生が、得意のSPでまさかのミスに泣いた。
冒頭の4回転ジャンプで、回転が足りずに転倒した。ここまで5試合連続で成功している得意技で、オーサー・コーチは「いつもと助走の軌道が違った。練習でもあんなミスは見たことがないけど、彼も人の子だね」と驚いた。その後は立て直し、残る二つのジャンプなど全要素を完璧に滑りきったのはさすがだ。演技後は苦笑いし、約1万7000人の大観衆に頭を下げた。
幼い頃から目指してきた金メダルを取って、「すごい重圧を背負った。以前より自分の弱さを感じる」という。五輪後は日本に3日間滞在しただけで練習拠点のカナダにとんぼ返り。「王者として負けられない。もっと強くなってやる」との思いで、コーチ陣が驚くほどの猛練習を積んで大会に臨んできただけに、「ここ(SP3位)にいる自分が本当に許せない」と憤りをあらわにした。
残るフリーは、ソチ五輪では2度転倒し、演技内容に不満を残していた。王者の称号にふさわしい演技で五輪シーズンを締めくくり、初のタイトルをつかみたいところだ。(永井順子)(2014年3月27日13時26分 読売新聞)


黄金タッグ継続!羽生、来季もオーサーコーチに師事
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/27/kiji/ K20140327007852780.html
羽生が来季もブライアン・オーサー・コーチ(52=カナダ)に師事することが分かった。同コーチは「来季もユヅルのコーチだ」と明かし、羽生が連覇を狙う18年平昌五輪までの師弟関係継続についても、「そうなることを願っている」と話した。
84年サラエボ五輪、88年カルガリー五輪で銀メダルを獲得した同コーチは、女子のキム・ヨナ(23=韓国)を10年バンクーバー五輪金メダルに導いた。羽生とオーサー氏は羽生が12年5月にカナダに拠点を移してからの師弟関係。黄金タッグで来季も進化を図る。 
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/27/jpeg/ G20140327007853750_view.jpg

来季もオーサーと、トロント拠点継続!これはいいニュース(´∀`*)

そしてもう一つ嬉しいニュース…!

パラリンピック金2人紫綬褒章 政府方針 五輪・羽生選手も
政府は、ソチ五輪フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(19)、ソチパラリンピックのアルペンスキー男子滑降座位などの狩野亮選手(28)、アルペンスキー男子回転座位の鈴木猛史選手(25)の金メダリスト3人に紫綬褒章を贈る方針を固めた。パラリンピックの金メダリストへの授与は初めて。来月の閣議で正式決定する。
紫綬褒章はこれまで、スポーツや芸術分野などで大きな功績を残した人に贈られてきた。2012年のロンドン五輪では、3連覇を果たしたレスリング女子の吉田沙保里選手(31)ら金メダリスト7人が受章している。
パラリンピックの金メダリストについては、「五輪と比べて種目が細分化され、知名度も低い」(政府関係者)事などを理由に、これまでは対象外とされ、個別に銀杯が贈られてきた。
しかし、2020年東京五輪・パラリンピックの開催が決まり、五輪とパラリンピックで差をつけるべきでないと判断し、授与を決めたという。

19歳で、紫綬褒章!

wikiによると、

通例、紫綬褒章の伝達式は、東京都内のホテルなどで行なわれる。また受章者は、伝達式にあわせて、皇居で天皇に拝謁する。
紫綬褒章の受章者には、紫色の綬(リボン)が付されたメダルと、受章の理由・受章日などが書かれた天皇名の褒状、略綬が授与される。褒章をもって表彰されるべき者が団体であるときは、褒状が授与される(褒章条例2条)。


だそう。ということは、園遊会の他にも個別に陛下に拝謁する機会があると…!
これはその週末の日曜朝の『皇室アルバム』他にも映像来るかも。あの穏やかな朝の番組に…w
関連記事
コメント
No title
こんばんは!
あ~まだ忙しくて、つゆこさんの記事がゆっくりみれない!!!
FSが終わったらなんとか落ち着くかもしれないので、つゆこさんの、記事を堪能したいと思います。
いつも、ありがとうございます。
あしたFS観てきます。
マナーを守って、一生懸命応援してきますね!!
こんばんわ、つゆこさんいつもありがとうございますそして、お疲れ様です。
いよいよあすはフリーですね。サルコウ祈ってます。
後、褒賞…すごい!
なんだか色々ガンバろって気持ちになります。

あすは町田くんも見逃せないですね。

手短にですが、とりあえず(^^ )
羽生くん、公式練習、ばっちりでした!
サルコウは、曲かけともに、キレイにきまって、4Tよりキレイなくらいでした。
ジャンプは不安なしという感じです。

また落ち着いたらコメントしますね。
No title
ゆづ、ジャンプの調子、良いんですね。
\(^o^)/凜様、情報ありがとうございます!

現地観戦の方々の、応援エネルギー力、期待しています。

マナーについては、製氷中に、アナウンスでも流してくれればいいのになア…。

真央ちゃん、取り戻しましたね。☆☆
素晴らしいSPでした!!

もう、何て素敵な世界大会なの!?


ワールドも、掴みとって欲しい。

頑張って!!羽生君 ((o(^∇^)o)) 希望



二回もコメントすみません、ジャンプの調子がいいんですね。あぁ~よかった。メンタルコントロールが強いゆづくん、だけど心配しちゃいます。
マナーはほんとに、アナウンスしたら良いかも…

今日の真央ちゃんがきっと、ゆづくんのよい刺激になってるはずですよね、プラス思考のゆづくんを信じて応援してます。
Re: No title
えみねさま


おはようございます❤
今日も現地にいらっしゃるんですねー!
だいじょぶです、私も自分でまとめてある記事そんなにちゃんと読めてませんので!
どうぞお気を付けて。
きっと素晴らしい瞬間を、見届けてくださいね。


つゆこ
Re: タイトルなし
ヒロママさま


紫綬褒章、すごいですよね。
でも紫綬褒章のこととか園遊会のこととかパレードのこととか、いろいろ調べたいことたくさんなのに、今は頭も働かず手も動かずという事態です。

膝と腰の状態に不安という記事が一つ出てますけど、練習でのジャンプの様子、トライの仕方からはそこまで深刻な状態ではない…と思いますし思いたいです。


つゆこ
Re: タイトルなし
凜さま


おはようございます!
レポありがとうございます(*^^*)
美しいサルコウをロミジュリの中で見たいですね。
現地での観戦、楽しんでくださいね♪


つゆこ

管理者にだけ表示を許可する