スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんの公式練習記事+写真など③

2014.02.06.Thu.21:53
団体SPまで、あと3時間…!!!

羽生、完璧デモ見せた!“VIP”視線も動じない強心臓/フィギュア
http://www.sanspo.com/smp/sochi2014/news/20140206/ soc14020605040011-s.html
ソチ五輪は7日の開会式に先立って6日に競技が始まり、新種目のフィギュアスケート団体は午後7時半(日本時間7日午前0時半)スタート。男子ショートプログラム(SP)の最終の10番目に羽生結弦(19)=ANA=が登場する。午後6時(同午後11時)に始まるフリースタイルスキー女子モーグルに5大会連続出場となる上村愛子(34)=北野建設=らが出場。五輪初実施のスノーボード・スロープスタイルは午前10時(同午後3時)に予選が始まり、日本勢の先陣を切って男子の角野友基(17)=日産X-TRAIL=が臨む。
決戦の舞台に足を踏み入れた。羽生が本番会場のアイスベルク・パレスで躍動した。フリーで演じる『ロミオとジュリエット』の曲を流し、サルコーとトーループの2種類の4回転ジャンプに成功。各国の国旗が天井につり下がる中、“世界一”の実力を誇示した。
「日本男子は強い。熾烈な争いの中で選ばれたことは誇らしい。チームに貢献したい」
会場には日本選手団の橋本聖子団長や、ロシアの名コーチ、タチアナ・タラソワ氏も駆けつけた。“VIP”の視線が注がれても、動じることが一切ない強心臓ぶりを発揮。練習後は日の丸のウエアを身にまとい、国を背負う覚悟をみせた。団体戦で任されたSPには絶対的な自信を誇る。ゲイリー・ムーアの『パリの散歩道』は2季連続で使用する“勝負曲”だ。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルでは99・84点の世界歴代最高得点をマークした。滑走順は最終の10番に決定。小林芳子監督からは「最大の自信を持っている。取れるところはポイントを取っておきたい」と期待された。
ライバルが手ぐすね引いて待っている。開催国ロシアは幼少期からあこがれたエフゲニー・プルシェンコが登場する。この日は同じ時間帯に練習し、存在を強烈にアピールした。カナダからは世界王者パトリック・チャンが登場。昨年10月のスケートカナダと11月のフランス杯で連敗を喫したが、12月のGPファイナルではやり返した。個人の金メダルを争う最強ライバルとの“前哨戦”が幕を開ける。
「日本代表の中ではいちばん若い。自信を持って元気よく滑りたい」
7日の開会式は調整のため欠席予定。団体戦でのメダルを狙い、13日のSP、14日にフリーが行われる個人戦へ向かう。(江坂勇始)
★展望
ペアとアイスダンスで強豪がそろうカナダ、ロシア、米国が3強を形勢する。日本はこの2種目でライバルとの差が大きく、男子と女子でポイントを加算しなければ、メダル争いは厳しくなる。女子はSPに浅田真央、フリーは鈴木明子が起用される予定だが、ロシアは1月の欧州選手権を今季世界最高得点で制したユリア・リプニツカヤがSP、フリーの両方に出場見込みだ。
ルール
10カ国が出場。男子、女子、ペア、アイスダンスの4種目の合計ポイントで争い、1位10点、2位9点、3位8点…10位1点が与えられる。SPの上位5カ国がフリーへ進む。1人でSPとフリーに出場することは可能だが、2種目までSPとフリーで選手交代が認められる。
http://www.sanspo.com/sochi2014/images/20140206/soc14020605040011-p1.jpg
http://www.sanspo.com/sochi2014/images/20140206/soc14020605040011-p2.jpg
http://www.sanspo.com/sochi2014/images/20140206/soc14020605040011-p3.jpg
http://www.sanspo.com/sochi2014/images/20140206/soc14020605040011-p4.jpg

羽生くんとプルが一緒に写ってる写真見るだけで胸が…(*´Д`*)

ソチ五輪 フィギュアスケート・団体男子SPに羽生選手が出場へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00262548.html
ソチオリンピックが、いよいよ7日に開幕する。開会式に先立ち、6日から競技がスタートする。
フィギュアスケートの団体男子ショートプログラム(SP)に、羽生結弦選手(19)が出場することが決まった。
羽生選手は「自分自身も日本代表としてすごく誇らしく思ってますし、その中で一生懸命チームに貢献したい」と話した。
本番のリンクで、初めて練習を行った羽生選手。
フリーの曲をかけた練習では、2つの4回転ジャンプを完璧に決めた。
羽生選手は、団体男子ショートプログラムに出場することが決定。
チームジャパンの若きエースに注目が集まる。
一方、町田 樹選手(23)は、練習中、リンクの壁に足をかけ、転倒してしまう場面があった。
ひざを強打したが、幸い大事には至らず、団体戦への出場も問題ないとみられる。
町田選手は「こういうハプニングがあるんだということを肝に銘じて、けがをしてしまったら元も子もないので、よりいっそう気を引き締めて頑張りたい」と話した。



<五輪フィギュア>浅田、羽生ら開会式欠席へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140206-00000020-mai-spo
http://mainichi.jp/sports/news/20140206k0000e050164000c.html
【ソチ芳賀竜也】7日に行われるソチ冬季五輪の開会式で、フィギュアスケート勢の出席はペアの高橋成美、木原龍一組(木下ク)だけにとどまることが6日、日本スケート連盟関係者への取材で分かった。
◇「コンディション管理優先」
開会式後の現地入りを予定している高橋大輔(関大大学院)と村上佳菜子(中京大)に加え、浅田真央(中京大)や羽生結弦(ゆづる)=ANA=らも出席しない見通し。関係者は「(開会式前後に行われる)団体出場へのコンディション管理を優先させたい」と説明した。

羽生くんは団体SP後だからそんなに影響なさそうな気がするけど、行進の時間とか含めて会場に数時間拘束されるみたいだからやっぱりお休みする方がいいのかな。成龍元気だなw

英語記事だけど、50人のアスリートのヒストリーを紹介する記事の3人目に羽生くんの名前が。
50 stars to watch at the Sochi Olympics and their amazing stories
http://uk.eurosport.yahoo.com/blogs/thesochinetwork/50-stars-watch-sochi-olympics-amazing-stories-195418621.html
3. Yuzuru Hanyu (Japan – Figure Skating)
Japanese figure skater Yuzuru Hanyu was practicing at his home rink in northern Japan one Friday afternoon when the arena began to shake violently. Then the ice cracked.

50 to watch: Hanyu’s journey from earthquake survivor to Winter Olympian
In the run up to the 2014 Sochi Winter Olympics, Reuters is highlighting the athletes to watch during the Games.
+++
Japanese figure skater Yuzuru Hanyu was practicing at his home rink in northern Japan one Friday afternoon when the arena began to shake violently.
Then the ice cracked.
It was March 11, 2011, and a magnitude 9.0 earthquake was striking off the coast of Miyagi, not far from the city of Sendai where Hanyu, then a high school student, lived and trained.
"The ice was bucking so much I couldn't stand," said Hanyu, now 19 and a major contender for gold at the Sochi Olympics, to the Japan News daily. "I was really terrified and wondered what I should do."
Some walls in the arena fell as the quake, which also set off a massive tsunami and nuclear disaster that ultimately claimed nearly 20,000 lives, rumbled on. Hanyu crawled off the ice to flee the building on his skates, damaging the blades.
Their house battered, his family sought shelter in a gymnasium, where they slept shoulder-to-shoulder on the floor for several days among scores of other people. Water pipes under the rink exploded and the ice melted.
"I won't be able to say I want to skate again," he thought.
Some 10 days later he was back on the ice at the rink near Tokyo where he had trained in primary school, alternating with a rink three hours' drive north from his home. But concerns about radiation and where he would go to school remained.
To get more ice time in Japan, he appeared in some 60 shows around the nation until the rink was finally repaired in July 2011.
Now, with victories in the Japan Nationals and Grand Prix Final behind him, Hanyu is poised to debut at the Olympics and challenge Canada's Patrick Chan, who beat him in their two 2013 Grand Prix series meets, for the gold.
Hanyu said the losses to Chan would act as motivation.
"Confidence in carrying out my own performance has really grown within me. I'm very grateful to him," he told Japanese national broadcaster NHK. "If I hadn't had the experience of those two meets, I wouldn't be where I am today."
Hanyu's coach, Canadian Brian Orser, who once coached reigning women's Olympic champion Kim Yuna of South Korea, agreed.
"I think it's good for Yuzuru's mentality, since he wants to be considered a contender," Orser said in the Japan News. "He's better when he's considered a contender, and works harder."
Hanyu's boyish good looks and slender frame, at 1.72 metres and 54 kg, conceal a steely determination that has helped him overcome not only the disaster but also the asthma that at one point limited his strength and training time.
Skating since the age of four, Hanyu excels both at the athletic side of the sport, with the quadruple Salchow and quadruple toe loops that have become his trademarks, as well as fluid, elegant moves that highlight his long legs and arms.
In 2012, he began training with Orser, himself a former Olympian, switching his training base to Canada. The move was not without some problems.
"At the start, it was nothing but confusion. I couldn't understand what he said to me in practice, or his ideas, and because we didn't share a language, I couldn't even express differing opinions," Hanyu told the Sankei Shimbun daily.
"I thought of returning to Japan any number of times. But I studied English hard on my own and we gradually became able to communicate, establishing a relationship of trust."
Under Orser he changed his practice habits, reducing the proportion of time he spent on jumps to polish his other moves. He also began going through his programmes from start to finish once a day instead of once a week, building his endurance.
Hanyu, a devout admirer of retired American skater Johnny Weir, has referred to being in the Olympics as "a dream" and said he wanted to make every day until then count.
"Pretty much everybody who competes at the Olympics will put in a great performance," he told NHK.
"I plan to really sink my teeth into it and never forget that it's not stuff like points that matters, but giving my all and doing better than everybody else."
In the end, though, it is the audience that really matters.
"When you're skating alone on a big rink, the sounds that emerge are for you alone... If I fall on a quadruple jump, there is a huge gasp from around the arena. Fans get really caught up," he told the Sankei.
"Afterwards, so many bouquets are tossed onto the ice. And I always think, 'I have to keep on trying.'"


もうひとつ。

Plushenko finds feet on Sochi ice
http://sg.sports.yahoo.com/news/plushenko-finds-feet-sochi-ice-172025738--spt.html
After his own session, Hanyu said: "Plushenko is my hero. I was so proud to be skating with him."
"The Japan team is strong -- especially the men. I will do my best for Japan and I hope we can get a medal."

羽生くんの言葉だけ引用してみました。ヒーローと同じ舞台で戦うなんてね…!

ナンバーにも新しい記事が二つ。

五輪史上初、フィギュア団体戦開始!浅田、羽生のリードを守ってメダルへ。
http://number.bunshun.jp/articles/-/783764
羽生、プルシェンコ、チャンが火花。ライバル意識と敬意が混じる緊張感。
http://number.bunshun.jp/articles/-/783773
http://number.ismcdn.jp/mwimgs/4/1/-/img_41b4dd18eba6f45320c3df8e9f81e7ac195779.jpg

あとツイで紹介されてたロシア2放送の動画も。
http://www.youtube.com/watch?v=Z3WbcE8aH5g
2:45頃から昨日のプルと羽生くんが同組だった公式練習の映像があります。羽生くんの練習映像も日本のニュースよりも長めな気がする。リンク内でプルとすれ違うシーン(それだけで胸熱)やエリックFSの4Sみたいにエッジが滑ったように抜けて苦笑いしているシーンも。3:55からは羽生くんの英語コメントが!でもロシア語がかぶせられてる上に短いので何言ってるのかはわかりません(´・ω・`)たぶん『調子はいい』的なことかなー。

Hanyu to skate first for Japan in team event
http://www.japantimes.co.jp/sports/2014/02/06/olympics/winter-olympics/hanyu-receives-singles-assignment-for-team-competition/#.UvMvgPl_vVZ
あれ、これは前記事最後の英語記事と同じかな。タイトル違うけど。写真は一緒。
http://jto.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/02/w3-ice-time-a-20140206-e1391609438535.jpg

あと昨日の練習での、転倒した町田くんに駆け寄る羽生くんの写真追加。
http://img.news.goo.ne.jp/picture/jiji_sochi/mmjiji_sochi_0016615408.jpg
町田くんが「問題ない」と答えてた映像を見てほっとした。そしてほっとした今だからこそ言えること。町田くんと羽生くん、倒れたお姫様と助けに行く王子様みたい…w

金メダル候補の羽生、ソチ五輪でも平常心
http://www.afpbb.com/articles/-/3007816
【2月6日 AFP】ソチ冬季五輪でフィギュアスケート日本人男子初の金メダルを狙う羽生結弦(Yuzuru Hanyu)は、経験値の高いライバル選手たちに引け目を感じてはいないと語った。
2010年のバンクーバー冬季五輪で日本人男子として初めて表彰台に上がり、銅メダルを獲得した高橋大輔(Daisuke Takahashi)は、その翌月の世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)でもアジア人男子初の優勝を果たした。
ソチ(Sochi)のアイスバーグ・スケーティング・パレス(Iceberg Skating Palace)で13日と14日に予定される男子シングルでは、羽生がその記録を塗り替えるかもしれない。
羽生は、五輪を前にしても「普通の試合と同じように臨む。五輪だからといって特別なことはしていません」と語る。
「とてもいい感覚です。不安もありません。今は、何をすべきか、どこに照準を合わせるかも分かっているので大丈夫です」
羽生は、今季のグランプリ(GP)ファイナルで3連覇中だった世界王者のパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)を抑え優勝、その後の全日本選手権でも連覇を飾っている。
仙台出身の羽生はこれが初めての五輪出場。2010年に世界ジュニア選手権(World Junior Championship)を制したが、2011年3月の東日本大震災で被災し、避難生活を送りながらその後の競技生活に不安を抱いた。
それでも羽生は、五輪メダリストのブライアン・オーサー(Brian Orser)氏とトレイシー・ウィルソン(Tracy Wilson)氏に師事し、世界最高のスケート選手へと成長した。
6日に行われる団体戦に出場する羽生は言う。
「すべてはメンタルの問題。精神的に自分をコントロールできれば、自分の能力を最大限に発揮した演技ができるはず」
「精神的にも肉体的にも、まったく気は抜いていません。昨季、もしくはその前のシーズンよりも自分をうまくコントロールしてきました」
「もちろん緊張はしています。でも、こういうときは誰でも緊張するものだし、自分を落ち着かせられるかどうかが課題なので」
「五輪がどういうものなのか分かりませんが、結果を残そうという気持ちは特にありません。目標は、できるときにできることすべてを出し切ることです」

同じく五輪初出場の町田樹(Tatsuki Machida)は、昨季のGPファイナルで6位となった同じソチのリンクで滑り心地を確かめ、次のように語った。
「驚きました、まったく別の場所です。たった1年の間に、遊園地になってしまいました。試合が全て終わったら、絶対にジェットコースターに乗りに行きます」
今季のフィギュアスケートグランプリGPシリーズ開幕戦スケート・アメリカ(Skate America 2013)と最終戦ロシア杯(2013 Russia's Cup)で優勝を果たした町田は、次のように続けた。
「この2日間、基本的に飛行機に閉じ込められていたのでリンクに出たくてしょうがなかった。気持ち良かったです」
「いま体調はあまり良くないのですが、取り戻す時間はまだあります。GPファイナルのときに比べて、氷の感触はかなり良いです」
町田はこう締めくくった。
「最初で最後の五輪かもしれない。後悔のないようすべてを出し切りたいです」
(c)AFP/Emmeline MOORE

まずはこの団体SPで、できることすべてを出し切れますように…!

羽生に“ジョニーからの伝言”届いた!
http://www.daily.co.jp/general/2014/02/06/0006688729.shtml
ソチ五輪開会式前日の6日に競技が始まるフィギュアスケート団体の男子ショートプログラム(SP)、ペアの出場選手が発表され、日本は男子SPに羽生結弦(19)=ANA=の起用が決まった。
五輪デビューを迎える19歳に“ジョニーからの伝言”も届いた。全米選手権3連覇の実績を持ち、羽生のフリー「ロミオとジュリエット」の衣装を手がけたジョニー・ウィアーが練習会場を来訪。氷上で抜群の存在感を示してきた羽生も尊敬する名スケーターは「ガンバッテ!とにかく自分自身を信じてほしい。なぜならチャンスを手にするのは本人にしかできないことですから」とエールを送った。
http://www.daily.co.jp/general/2014/02/06/p1_0006688729.shtml


憧れのウィアー氏が羽生激励「ガンバッテ!」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/06/kiji/ K20140206007528920.html
抜群の存在感で氷上を彩った、06年トリノ五輪5位のジョニー・ウィアー氏(31=米国)が羽生にエールを送った。
羽生は同氏を尊敬しており、今季フリー「ロミオとジュリエット」の衣装のデザインを依頼した。「ガンバッテ!」と日本語で声援を送った同氏は「とにかく自分自身を信じてほしい。チャンスを手にするのは本人にしかできないことだから」と続けた。

ジョニー!(´;∀;`)

あとヤフーきっずでも紹介されてた。

メダルをめざして! 日本の期待の選手
http://topic.kids.yahoo.co.jp/article/sochi_olympic/
フィギュア男子 ☆ 羽生 結弦(はにゅう ゆづる)選手 ☆ 19さい
世界トップレベルの選手がそろった日本のフィギュア男子陣(じん)。その中でも特に注目が集まるのが羽生選手です。昨年12月、切れ味するどい4回転ジャンプを武器に世界トップレベルの選手6人が参加するグランプリファイナルで優勝しました。
初のオリンピックにのぞむ羽生選手は「一生けんめいに全力を出し切って、そこで最終的にいい笑顔で終われればいいかな」と目標を語っていました。
男子フィギュアでは、羽生選手のほか、初出場の町田 樹(まちだ たつき)選手(23)と、バンクーバーオリンピック銅メダルの高橋 大輔(たかはし だいすけ)選手(27)も出場。いずれもメダルをねらえる実力者です。
http://i.yimg.jp/i/kids/topic/upimages/imgtxt1/loop/img/1/38.jpg



フィギュア団体戦、羽生が先陣を切る!2月6日の見どころ
http://sochi.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201402010004-spnavi
開会式に先立ち、メダル期待の日本人選手が登場する。注目は何と言ってもフィギュアスケート団体戦だ。今大会から新採用された、10カ国による国別対抗戦。男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目合計ポイントで争われ、初日には男子シングルのショートプラグラム(SP)、ペアSPが行われる。フリープログラムに進めるのはSPの上位5カ国のみという条件だけに、より重要視されるのはSPの方か。スタートダッシュを決めたい日本は、SPで抜群の強さを誇る羽生結弦(ANA)が出場。日本の若きエースがいきなり世界中を魅了する演技を披露する。
スキーでは女子モーグル予選がスタート。こちらは5大会連続の五輪出場となる上村愛子(北野建設)に期待が集まる。18歳で7位入賞した1998年長野五輪から4大会連続入賞。今度こそ悲願のメダル獲得へ、大事な予選の滑走となる。一方、昨年の世界選手権銀メダルの伊藤みき(北野建設)は右ひざの回復具合が鍵となりそうだ。
また、日本人選手の一番手として初陣を飾るのはスノーボードの新種目スロープスタイル、17歳の角野友基(日産 X−TRAIL)。昨シーズン、FIS(国際スキー連盟)スロープスタイル種目の総合優勝に輝いた新星だ。スノーボードは北米、欧州勢の層が厚いが、メダルも視界に入る位置で予選を突破したい。
http://iwiz-spo.c.yimg.jp/im_siggSnWcKBe9_JTHLcXB7Py.8A---x450-y450-q90-pril/c/sports/text/images/2014/0201/201402010004-spnavi_2014020500021_view.jpg

なんかジブリでこういうシーンありそうよねwちょっと浮いてるしw

羽生結弦 団体予選前に順調な調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140206/k10015074431000.html
ソチオリンピック、フィギュアスケートの新種目、団体の予選に起用された羽生結弦選手が当日の練習に臨み、持ち味の4回転ジャンプを次々と決めました。
フィギュアスケートの団体は、ソチ大会で初めて採用された新種目で、10か国が出場して男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目の総合成績で順位を競います。
6日は予選が行われ、日本は、男子シングルに羽生選手、ペアに高橋成美選手と木原龍一選手が出場します。
現地で夜から行われる本番を前に、羽生選手は昼前に練習用のリンクを訪れ、得意の4回転ジャンプや難しい連続ジャンプを次々と決めて調整が順調であることをうかがわせました。
また、曲をかけた練習でも4回転ジャンプを完璧に決め、今シーズン、ショートプログラムで世界最高得点を出した実力を示していました。
団体の予選は6日と8日に行われ、出場する10カ国のうち上位5カ国が決勝に進むことができます。

これは動画つき。

フィギュアスケート日本代表の専任トレーナーを取材しました。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00262570.html
大きなメダルをぶらさげた浅田真央選手(23)と一緒に笑顔を浮かべる加藤 修さん(65)は、日本スケート連盟の専任トレーナーです。本来、このトレーナーという仕事は、選手の体のメンテナンスが仕事ですが、取材をすると、目に見えない多くの役割を担っていることがわかりました。
日本時間6日深夜に行われるフィギュアスケート団体戦に向け、現地で練習する羽生結弦選手(19)。その練習風景を真剣な表情で見つめているのが、加藤 修トレーナー。会場の片隅に立ち、リンクの上にいる選手から、ほぼ目を離すことはない。
加藤トレーナーは「やっぱり、見ていないと、何かあったときに、けがをした状態とか、こういう状態で、こういう転び方しましたよというのを、より早く応急処置とか、いろいろできるので」と語った。加藤トレーナーは、1976年のオリンピックから、フィギュアスケートのトレーナーとして同行し、今回のソチで6度目という大ベテラン。これまで、トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香さん(32)をはじめ、高橋大輔選手(27)や浅田真央選手など、日本を代表するフィギュアスケーターたちを、陰からずっと支え続けてきた。
そんな加藤トレーナーの主な仕事は、選手の体調管理だが、それ以上に気を遣っていることがある。それは心、メンタル面でのケア。加藤トレーナーは「なるべく選手にストレスにならないようにというか、それを排除するのが、本当に今の主な仕事。各選手がリズム通りにできるように環境を整えてあげて」と語った。
精神状態が結果に大きく左右するフィギュアスケート。そこで、選手が最大限の力を発揮できるように、できることは何でもやるというのが「加藤流」。分刻みで決められた練習スケジュールの管理から、選手から渡された服をたたむなど、細やかなケアまで。また、練習が始まる前のリンクをのぞき込む加藤トレーナー。リンクには誰もいないが、リンクの氷の状態をチェックし、選手に伝えている。このチェックは、これだけではなかった。
会場内のトイレや更衣室、ウオーミングアップの場所に至るまで、会場を全てを下見し、選手のどんな質問にも答えられるようにしている。この気配りが、選手にストレスを感じさせない秘訣(ひけつ)。さらに、取材を進めていると、かばんの中からは、本来トレーナーが持つ必要のないものまで出てきた。加藤トレーナーは「破けたときにとめたり、ほつれたのをとめたりするので、こういう安全ピンなんですね」と語った。こちらは、ハプニング用だという。いざというときも、素早い対応で選手の動揺を抑える。これも38年にわたるトレーナー経験から自然と身についたテクニック。加藤トレーナーは「何か『引き出しみたい』って言われたことありますね。『先生いると何でも出てくる』って言われます」と語った。
今回のソチを最後に、一線を退くという加藤トレーナー。最後の大仕事を迎えた今、何を思うのか。加藤トレーナーは「今、日本の選手は、レベル的にいえば、普段の練習通りのことを試合でやれば、みんな(表彰)台に乗れる実力を持っているんですね。練習してた通り、自分の満足できる演技をしてほしいっていうのがありますよね」と語った。最高のパフォーマンスが生む最高の笑顔。そこにはきっと加藤トレーナーの変わらぬ信念が隠れている。

こちらは今日のFNNスピークで流れた内容でした。記事中に羽生くんの名前も出てきますが、映像の方でもちらちらと。

羽生選手をファンが応援する「弓弦羽」神社
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/topic/20140206-OYT1T00820.htm
6日のフィギュアスケート団体戦を前に、神戸市東灘区の弓弦羽ゆづるは神社では、羽生結弦はにゅうゆづる選手(19)(ANA)を応援するファンの絵馬がずらりと並んでいる。
名前の読み方が似ていることから、ファンのブログなどで話題に。東日本大震災後の2011年7月には、仙台市出身の羽生選手が訪れ、絵馬を奉納した。
神社の名称は近くにあった森に由来するといい、澤田政泰宮司(60)は「羽生選手とは強い縁を感じる。ぜひ金メダルを取って」とエールを送る。

今度こそ行きます!

これは今日の練習のお写真らしい。
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140206-00000061-jijp-000-2-view.jpg
今日のアイリンは赤!(*´∇`*)ちなみに昨日は青でした~!

あとライサがつぶやきの中で…

Evan Lysacek ‏@EvanLysacek
https://twitter.com/EvanLysacek/status/431343159524982784
At mens practice: Chan struggled a bit. Plushenko yet to show programs but looking technically sound. Hanyu looks very fit. @TODAYshow
17:26 - 2014年2月6日

『Hanyu looks very fit. 』だそうです!

Nick McCarvel ‏@NickMcCarvel
https://twitter.com/NickMcCarvel/status/431361892649799680
In mixed zone, Fernandez (@Superjavi150491) says training w Yuzuru #Hanyu good for both of them. "When one of us is down, the other helps."

『僕たちの中の誰かが落ち込んでいたら、誰かが助ける』(*´ω`)

スポプレ☆SPOPRE ‏@spopre_official
https://twitter.com/spopre_official/status/429086290496081920
【告知】明日2月1日発行のSpopre126号の表紙を先行公開!開幕が迫るソチ五輪と、LPGA女子ゴルフツアーが表紙になります!お近くの設置店( http://www.spopre.com/spot2/?head )にて、ぜひゲットして下さい♪
https://pbs.twimg.com/media/BfRrtTQCUAAkYk7.png:large

フリーペーパー?ちょっと欲しいんだけど!

あと仙台市広報課のFBに羽生くんのコメントが!
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=248739268633478&id=170965539744185
↓(クリックするとWMPが再生されます)
https://fbcdn-video-a.akamaihd.net/hvideo-ak-ash3/v/t42/1619979_248739865300085_2128044443_n.mp4?oh=2554aa7c32b1025b437892766b1277b9&oe=52F385D7&__gda__ =1391691776_26d164890e43467c433d94b4020da452

羽生結弦 20140206 仙台市広報課facebook

「仙台のみなさんこんにちは。フィギュアスケートの羽生結弦です。このたびは、平成25年仙台市スポーツ大賞をいただき、本当にありがとうございます。僕は今、2月6日から始まる、ソチオリンピックに向けて、ソチに来ています。えーこれから始まる、ソチオリンピックでは、僕が一生懸命な演技をして、納得できる演技を、仙台市の皆様に、お届けできるように精一杯頑張りますので、どうか応援のほどよろしくお願い致します。羽生結弦でした」

P&GのFBにも更新きてたー!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=640600199335614
嬉しいニュースです! なんと羽生結弦選手からFacebook編集部宛にメッセージが届きました♪ 
「いよいよ団体戦が始まります。応援してくださっているみなさんに感謝を込めて精一杯がんばってきます。とにかく一生懸命やって最高の演技をしたいと思っています!応援よろしくお願いします!」
https://fbcdn-sphotos-b-a.akamaihd.net/hphotos-ak-frc1/t1/1654246_640600199335614_1888421792_n.png
現地での様子って…え、これ選手村の部屋なの?
それ何気にすごいことだと思うんだけどwP&Gさんホントかなw

そして最後に、こんな動画が…!

羽生結弦 応援PROJECT【仙台が繋いだキズナ】想いよ届け!!
http://www.youtube.com/watch?v=1kw9ZevaQ5Q

パンダライオン ‏@pandalion_OA
https://twitter.com/pandalion_OA/status/431397302456971265
そして今日から仙台出身の羽生結弦くんが大一番を迎えようとしています! そんな羽生結弦くんを応援する気持ちを持った 仙台に縁のある皆で応援動画を作りました!
https://twitter.com/PANDALIONKIM/status/431403229931249664
さらに沢山の、日本中の皆で応援するために
皆の熱い気持ちをこの動画のコメント欄に書き込んで届けよう!!
http://youtu.be/1kw9ZevaQ5Q
結弦くんの笑顔が見たい〜!

この歌じたい、羽生くんのために創られたってこと…!?歌詞が…!!!
村井知事、吉田さんもいるよー!アイスリンク仙台の人や、中学校や東北高校の先生も…!きっときっと、羽生くんが見たら知ってる人たくさんなんだろうな。そして羽生くんも大好きなHi-Fi CAMPのメンバーの新ユニット発表も、きっとすごくうれしいよね。
もう、涙止まらないんだけど…(*>_<*)
でもベガッ太くんと萩の月でちょっと笑ったw羽生くん萩の月大好きなんだよねw

なんか…あったかい気持ちでいっぱいになりました。
今日の試合、うまくいきますように…!


☆追記(22:20)

フィギュア羽生、団体戦であこがれのプルシェンコと戦う
http://www.asahi.com/articles/ASG2654MWG26UTQP00M.html
「本当にオリンピックなんだな、とか思って、ちょっとわくわくしています」
フィギュアスケート男子の金メダル候補ながら、19歳の羽生結弦(ANA)がどっしりと構えられないのも無理はない。元々目指していたのは2018年に韓国で行われる平昌五輪。それが急成長し、今や、日本を引っ張る存在に。団体戦の鍵を握るショートプログラム(SP)を任された。
「5分も集中できない子でね」。小学校2年から中学時代まで指導した都築章一郎さんは振り返る。別の男子とすぐにじゃれ合い始め、突き飛ばされては泣いた。だが、へこたれずに向かっていく負けん気もあった。しかも、「観察力はずば抜けていた」と、都築さんは言う。
羽生自身が「僕のヒーロー」という、五輪の金一つと銀二つを持つエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)のビデオを、すり切れるほどよく見て、まねをした。髪形はプルシェンコと同じマッシュルームカットで、イナバウアーや、背後から足を高く上げるビールマンスピンもまねするうちに身につけた。この五輪のプログラムにも採り入れられている技だ。
そのプルシェンコと、団体戦で早速対戦する。「楽しみだし、学べるところもある」と話す一方で、「それはそれでいいが、でも今回は試合」。あこがれの人と今はもはや対等以上。初めての大舞台でも、存在感を放っている。(後藤太輔)


☆追記(22:50)

真央にイチローから色紙 小林監督の夫が元コーチで…
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/06/kiji/K20140206007533460.html
フィギュアスケート団体で表彰台を狙う女子の浅田真央(中京大)や男子の羽生結弦(ANA)ら日本代表にサプライズが待っていた。フィギュアの監督を務める小林芳子・日本スケート連盟強化部長が6日、親交のある米大リーグ、ヤンキースのイチローのサイン色紙をプレゼントしたことを明らかにした。「少しでも気持ちを高めてくれれば」との粋な計らいだった。
元プロ野球選手でDeNAのスカウトを務める夫の晋哉さんが、イチローのオリックス時代のコーチだった。オフに日本に戻った時には神戸市内での練習でノックを依頼されるほどの間柄で、家族ぐるみの付き合い。今オフに帰国したイチローを小林夫妻が直接訪ね「エールを送ってほしい」とお願いしたという。
前回のバンクーバー五輪でも色紙を贈り、今回は持ち歩けるように一回り小さいものにする気遣いも見せた。6日に受け取った浅田は「バンクーバーでももらったものだ!」と喜び、愛知県出身で中日ファンのペアの木原龍一(木下ク)らも大興奮したそうだ。
日頃は個人種目で争う選手が、力を合わせて戦う団体。明るい性格でムードメーカーの小林監督は「メダルに届いてくれたら」と祈っている。(共同)

小林部長ってあの眼鏡の小柄な女性だよね。イチローと家族ぐるみとかスゲーw羽生くんも野球好きだったよね。嬉しいだろうな~(*´∀`*)

【ソチ五輪】羽生、あこがれのプルシェンコとソチで競演 フィギュア
http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140206-00000594-san-spo
フィギュアの幕開けを飾る団体戦の男子SPで、日本の先陣を切る羽生は、幼少時からあこがれてきた「皇帝」とも激突する。4大会連続出場で、金1、銀2個の五輪メダルを持つロシア代表のプルシェンコだ。“競演”は5日の練習から早速、実現した。
「スケートを始めて、最初に好きになったのがプルシェンコ」。日本の大黒柱はこう言ってはばからない。
演技に、男子選手では珍しい種類のスピンを取り入れるのも元世界王者の影響で、幼少時にはマッシュルームのような髪形までまねていた。
成長著しい19歳の滑りをプルシェンコも高く評価している。同じ組になった公式練習では、羽生の演技に視線を注ぎ、4回転ジャンプの着氷時には拍手でたたえていた。
ただ、もちろん勝ちに行く。「プルシェンコと滑ることは楽しみだけど、しっかりと自分の演技に集中したい」と羽生。勝負の舞台を前にあこがれの気持ちを封印した。
団体戦に続き、13日(日本時間14日)からの個人種目でも戦いが始まる。人気、実力で男子フィギュア界を牽引(けんいん)してきた王者の系譜-。ソチ五輪は、新鋭・羽生が31歳の「皇帝」からその座を奪い取る大会にもなる。(田中充)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140206-00000594-san-000-2-view.jpg



あれ、こんな写真あったっけ…。ロミジュリのだけど初見のような気がするので一応貼っとく。
http://amd.c.yimg.jp/amd/20140205-00000062-mai-000-4-view.jpg
すごく可愛い。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。