スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんのスケカナ公式練習記事、神戸新聞夕刊10/23

2013.10.25.Fri.18:03
ふうふう。追いつかないよー(@O@;)

羽生ら4回転ジャンプ好調 スケートカナダ公式練習
http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2013/10/25/kiji/ K20131025006877160.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは25日(日本時間26日)にカナダのセントジョンで開幕する。24日は公式練習が行われ、男子の羽生結弦(ANA)織田信成(関大大学院)無良崇人(岡山国際スケートリンク)は、いずれも4回転ジャンプに成功して好調さをうかがわせた。
羽生は世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)を意識し「ソチ五輪へ直接つながる一歩として、自分が納得する演技ができたらいい」と抱負を語った。織田はフリーで2度跳ぶ4回転を鍵に挙げて「しっかり自分をアピールできたらいい」と話し、無良は「落ち着いて最後までやりたい」と意気込んだ。
女子の鈴木明子(邦和スポーツランド)は「状態はいい。五輪でまた見たいと思ってもらえるように滑りたい」と力を込めた。
25日は男女のショートプログラム(SP)が行われる。(共同)


羽生、好演技の予感 新エース「一つ一つ成長していきたい」
http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2013/10/25/kiji/ K20131025006877320.html
GPシリーズ第2戦スケートカナダ公式練習(10月24日 セントジョン)
昼と夜で2度滑った羽生は、夜の練習で調子を上げてきた。フリーで得点源となるトーループとサルコーの2種類の4回転ジャンプに次々と成功。世界王者チャンとの対決を前に、好演技を予感させる内容だった。
初戦だった今月初めのフィンランディア杯ではSPとフリーで計3度の4回転を決め、自信を深めた。ソチ冬季五輪に向けた争いが本格化するGP初戦だが「五輪シーズンという感覚はない」ときっぱり。日本男子の18歳の新エースは「一つ一つ成長していきたい」と集中力を高めた。(共同)
http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2013/10/25/jpeg/ G20131025006877260_view.jpg
http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2013/10/25/jpeg/ G20131025006877270_view.jpg


アス比おかしくなくてもやっぱり細ー!

羽生ら順調な調整=「コンディションはいい」-スケートカナダ
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013102500126
【セントジョン(カナダ)時事】25日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダの公式練習が24日、カナダ・セントジョンの試合会場で行われ、日本から出場する男子の羽生結弦(ANA)らが本番に向け調整した。
羽生は2種類の4回転ジャンプを決めるなど順調な仕上がりを見せた。「コンディションはいい。自分のできることを精いっぱいやりたい」と話した。織田信成(関大大学院)、無良崇人(岡山国際リンク)も、4回転ジャンプを成功させた。男子には昨季まで世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)も出場する。
女子の鈴木明子(邦和スポーツランド)も3回転の2連続ジャンプを決め、好調をアピール。男女のショートプログラム(SP)は25日に行われる。 (2013/10/25-08:01)
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0131025at26_p.jpg


コンディションいいんだ。よかった。あとこれ写真可愛い。

25日からスケートカナダ 羽生らが公式練習
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131025/oth13102509010000-n1.htm
セントジョン(カナダ)=田中充】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダに出場する男子の羽生結弦(ANA)と織田信成(関大大学院)、無良崇人(岡山国際スケートリンク)の3選手と、女子の鈴木明子(邦和スポーツランド)が24日、会場で公式練習に臨んだ。
幅が通常より約4メートル短いアイスホッケー用リンクの感触を確認しつつ、羽生は2種類の4回転ジャンプを着氷。織田と無良も4回転ジャンプを跳んだ。鈴木は連続3回転ジャンプを決め、「体はすごくよく動けていて、状態としては良い」と好調な様子だった。
男女とも25日にショートプログラム(SP)、26日にフリーを行う。


羽生、町田の優勝にメラッ!男子五輪争いは混戦/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20131025/fig13102505020002-n1.html
【セントジョン(カナダ)24日=江坂勇始】フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダは25日(同26日)に開幕する。この日は女子の鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=らが公式練習を行った。男子の羽生結弦(18)=ANA=は第1戦スケートアメリカで優勝した町田樹(23)=関大=に対抗心を燃やした。
3枠をめぐる日本男子のソチ五輪出場権争いは混戦模様に。本命と目される羽生は「(オフの)アイスショーでも何回か一緒で、仕上がりが早いなという印象があった」と町田の台頭を予想していた。日本時間26日午前9時40分からのショートプログラム(SP)に向けて「最後まで表現力が落ちない演技を僕自身もできたら」。昨季と同じ『パリの散歩道』で、ソチへの第一歩を記す。


悟空受信。

調子上げる羽生=スケートカナダ
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013102500205
開幕前日の羽生は、1回目の練習ではジャンプがなかなか決まらなかったが、次第に調子を上げて4回転ジャンプを着氷。2回目の練習では2種類の4回転ジャンプに成功した。カナダのトロントに練習拠点を置いており、羽生にとっては準ホームの試合。「調子自体は悪くない感覚はあります」と話した。
優勝した3週間前のフィンランディア・トロフィーで試運転を終えているが、GPシリーズは出場選手のレベルも高く、「3日前からだいぶ緊張していた」。世界王者チャンとの対決もあり、気持ちが高ぶっている様子だった。(セントジョン時事)(2013/10/25-09:49)


そんなに緊張しちゃってたのか。公式練習2回目終わって一晩寝て、気持ちが落ち着くといいな。

Pちゃんの英語記事の日本語版から、男子のとこだけ。

パトリック・チャン、「日本勢が最大のライバル」
http://www.afpbb.com/articles/-/3002075
【10月25日 AFP】13-14フィギュアスケートGPシリーズ第2戦スケート・カナダ(2013 Skate Canada International)の開幕が迫る中、スケート・アメリカ(Skate America 2013)で優勝した浅田真央(Mao Asada)と町田樹(Tatsuki Machida)の後に続こうとする鈴木明子(Akiko Suzuki)、羽生結弦(Yuzuru Hanyu)、織田信成(Nobunari Oda)、無良崇人(Takahito Mura)らが現地入りした。
先週ミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)で行われたシーズン開幕戦のスケート・アメリカでは、スター選手の浅田が納得の勝利を挙げ、男子では優勝候補と見られていなかった町田が衝撃的な結果を残した。
シーズン第2戦となる今大会で、日本勢男子の羽生、小田、無良は世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2013)3連覇を誇るカナダのパトリック・チャン(Patrick Chan)と顔を合わせることとなる。
一方28歳の女子のベテラン鈴木は、前年覇者で地元出身のケイトリン・オズモンド(Kaetlyn Osmond)やロシアのユリア・リプニツカヤ(Julia Lipnitskaia)、米国のグレイシー・ゴールド(Gracie Gold)など、10代のライバル5人としのぎを削る。
(中略)
■日本男子は「世界に存在感を示している」
24日の練習で女子は難易度の高い技もこなし、素晴らしい状態を見せていたが、その一方で男子は全体的に安定性と自信に欠けているように見えた。
それでもチャンと3人の日本勢はそれぞれ4回転ジャンプを成功させた。
「(練習では)少し苛立った。調整するところが多くあった。でも自分がすべきことはすべてやった」とチャンは語る。チャンは昨年、十分な準備を整えることができないままこの大会に臨み、2位という結果に甘んじた。
また、チャンは男子日本勢について、「2014年五輪で最大のライバルになるだろう」と話す。
「彼らはフィギュアスケートを構成する要素すべてを完璧なものに仕上げる。世界に存在感を示している。だから日本ではこんなにもフィギュア人気が急激に高まっているのだと思う」
とはいえ、日本勢の男子トップで昨季の世界選手権では4位に入った羽生は練習で完璧からはほど遠いスケートを見せていた。しかし、バンクーバー五輪で金妍児を金メダルに導いた経歴を持ち、現在は羽生のコーチを務めるブライアン・オーサー(Brian Orser)氏はあまり心配はしていないという。
「彼が練習ですごくいいスケートを見せ、何もかもが完璧だった時の方が心配になるんだ」とオーサーコーチは言う。また同コーチは、羽生がソチで表彰台に上がるポテンシャルを持っていると信じているとも話す。
羽生はライバルが練習している姿を見て、気を取られてしまったと説明し、次回は自身のパフォーマンスだけに集中したいとコメントした。
「2つのプログラム両方で完璧なスケートをして勝ちたい。GPファイナルへの出場を決めたい」
(後略)


王者に挑む18歳羽生=フィギュア・スケートカナダ
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013102500697
【セントジョン(カナダ)時事】25日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦で、昨季の全日本王者、羽生結弦(ANA)が今季GP初戦を迎える。来年2月のソチ五輪でメダルが期待される18歳に注目が集まる。
羽生は今月初めのフィンランディア・トロフィーで、2種類の4回転ジャンプを計3回決め、幸先よく優勝を飾ったが、下級大会で出場自体が調整の意味合いも強かった。「緊張感が違う。(第1戦の)スケートアメリカを見て、いよいよ始まったなという気持ち」と表情を引き締める。
今大会3日ほど前から気持ちに高ぶりがあったという。世界選手権で3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)との対決があるからだ。
ファイナルを除くGPシリーズで、チャンと顔を合わせるのは、シニアデビューした2010年のロシア杯以来。この時はチャンが2位で、羽生は7位。「あの頃は表彰台に上がれる力もなくて」と羽生。通算では1勝4敗。自分の成長を測る機会として、楽しみも感じている。
チャンも名前は挙げないが、「ソチ五輪では日本勢が最大のライバルになる」と意識していることをうかがわせる。「GPシリーズはソチに直接つながる。納得できることを精いっぱいやりたい」と羽生。王者に堂々とぶつかる。(2013/10/25-16:14)
http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0131025at55_p.jpg


公式練習の写真も来てた。
http://mainichi.jp/graph/2013/10/25/20131025k0000e050142000c/image/007.jpg
http://mainichi.jp/graph/2013/10/25/20131025k0000e050142000c/image/003.jpg
とっても綺麗なポーズと表情なのに、なぜかちょっと笑いを誘うw手が絶妙w

あとこれは公式練習記事ではないけど、この間の北海道新聞の記事と同内容の記事が各地域版で出ているとのことだったので、近場の神戸新聞夕刊をゲット。内容は同じかと思いきや、こっちの方が分量多かったんで書き起こしてみました。赤字が増量部分。ちょっと読みにくいけど(・ω・;)

ソチへの翼 羽生結弦(題字と名前は自筆)

4回転 コンスタントに
フィギュアスケート男子の18歳、羽生結弦(ANA)のソチ冬季五輪シーズンが25日(日本時間26日)からのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダで本格的に開幕する。初戦だった10月上旬のフィンランディア杯では2種類の4回転ジャンプを計3度決めて優勝。上々の試運転を見せ、期待は膨らんだ。
「調子が悪かったフィンランディア杯でサルコーとトーループの4回転を決められたのはうれしかった。サルコーは昨季初めてプログラムに入れてまだ1回しか決まっていなかったので、今季はコンスタントに決めていけるようにしたい。五輪はものすごく大きなものだけど、そこに出るためにも一つ一つの試合でレベルアップしたい」
今季のフリーは東日本大震災直後の2シーズン前にも使った思い入れのある「ロミオとジュリエット」を演じる。
「フィンランディア杯では全然表現できていなかった。完全にジャンプに集していたので、まだまだ。ステップが難しいのでスケートの技術を磨かなきゃいけないし、完成度の高いプログラムなので頑張りたい」
羽生と言えば体がきゃしゃでスタミナに難があるイメージが強い。オフは体幹を中心に鍛え、一回り大きくなった。

上々の試運転
「胸筋や背筋、側筋、腹筋、脚も。今の体がベストだと思う。昨シーズンまで履いていたジーンズもパンパンになった。本番同様にジャンプもステップもスピンも全てプログラムの中で練習することで、少しずつ体力もついてきた。カナダ人のオーサー・コーチとも2季目で、英語も分かりだしてコミュニケーションが取れるようになった。昨季とはスタートラインが全然違う
8月に拠点のカナダから仙台に帰省し、地元のリンクで滑った。「昔の気持ちを思い出しながら練習できた。やっぱり仙台が好き。五輪を夢見ていたころから滑っていた場所で(武器の)4回転もあそこで頑張ってきた。ジャンプを跳ぶことは翼や羽というイメージがある。僕の名前にも羽という字が入っている。仙台が震災から復興するように、自分も支えてくれる人たちへの感謝を忘れずに羽ばたいていきたい」
フィギュア男子初の金メダルを目標に掲げる五輪に向け、若きエースの思いを伝える。
◆随時掲載します


随時とは嬉しい!しかもカラー(*´ω`*)どのぐらいの頻度で掲載してくれるのかな。楽しみだな~。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。