スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんの全日本前日練習12/24

2015.12.24.Thu.19:28
SPドローまであともう少し。

羽生が貫録のデモンストレーション
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/12/24/0008672339.shtml
フィギュアスケートの世界選手権代表選考会を兼ねた全日本選手権は25日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。24日は非公式練習が行われ、男子で4連覇を狙う羽生結弦(21)=ANA=は、フリー「SEIMEI」を掛けた練習で4回転ジャンプを鮮やかに決めた。その後、演技後半に予定している4回転-3回転のコンビネーションも好調。貫録を示した。
ここ2戦は“神の領域”ともいえる完璧な演技が続く羽生。11月のNHK杯で圧巻の演技を見せ、SP(106・33点)、フリー(216・07点)、総得点(322・40点)と3つの世界記録を樹立。その2週間後のGPファイナルではさらに神がかった演技を見せ、SP(110・95点)、フリー(219・48点)、総得点(330・43点)と異次元の得点まで引き上げた。
練習後は「NHK杯、GPファイナルと短い間隔で試合が続いているけど、いいイメージをもちやすい。全日本は違った緊張感があるけど、楽しみながらしっかりやりたい」と、充実した表情で話した。
すでに王座奪還を狙う来年3月の世界選手権代表入りは“当確”。焦点は、どんな演技を見せるかだ。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/12/24/Images/f_08672341.jpg

羽生結弦「重圧かけながら」真央は笑顔「悪くない」
http://www.nikkansports.com/sports/news/1583405.html
フィギュアスケートの世界選手権(来年3~4月・米ボストン)代表選考会を兼ねた全日本選手権は25日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。
24日は会場で練習が行われ、4連覇が有力な男子の羽生結弦(ANA)は「トップを張っていけるように重圧をかけながらやっていければ」と静かに闘志を燃やした。
NHK杯、グランプリ(GP)ファイナルと続けて世界歴代最高得点を更新した羽生は4回転ジャンプに切れがあり、練習でも圧倒的な存在感を発揮。GPファイナル3位の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は限られた代表枠の争いについて「自分が満足できる演技をすればついてくるもの」と意気込みを示した。
女子はGPファイナルで6位に沈んだ浅田真央(中京大)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷するなど復調をうかがわせた。「気持ちも調子も悪くない。準備はできている」と笑顔で話し、2連覇を狙う宮原知子(大阪・関大高)は安定した滑りを披露した。
男子は25日、女子は26日にショートプログラム(SP)が行われる。
http://www.nikkansports.com/sports/news/img/kmr-sp-hanyu1830-20151224-ogp_0.jpg

フィギュア羽生は闘志、浅田笑顔
http://this.kiji.is/52690463958779384?c=39550187727945729
フィギュアスケートの世界選手権(来年3~4月・米ボストン)代表選考会を兼ねた全日本選手権は25日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。24日は会場で練習が行われ、4連覇が有力な男子の羽生結弦(ANA)は「トップを張っていけるように重圧をかけながらやっていければ」と静かに闘志を燃やした。
NHK杯、グランプリ(GP)ファイナルと続けて世界歴代最高得点を更新した羽生は4回転ジャンプに切れがあり、圧倒的な存在感を発揮。
浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷するなど復調をうかがわせた。「準備はできている」と笑顔で話した。
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/r/iwiz-nor/ch/images/52692911972894199/origin_1.jpg


フィギュア全日本選手権あす開幕 羽生らが調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151224/k10010351881000.html
フィギュアスケートの全日本選手権が25日開幕するのを前に、男子シングルで4連覇を目指す羽生結弦選手が最後の調整を行いました。
全日本選手権は来年3月、アメリカで開かれる世界選手権の代表選考を兼ねて25日から3日間、札幌市で行われ、24日は選手たちが本番の会場で練習しました。
このうち、今月のグランプリファイナルで自身の世界最高得点を更新し、330.43を出した羽生選手は、およそ30分間の練習で、フリーの曲をかけながら4回転ジャンプをきれいに決めるなど調子のよさをうかがわせました。今回は国内大会のため、得点は国際スケート連盟の公認にはなりませんが、羽生選手がどこまで点数を伸ばすのか注目されます。羽生選手は、「すばらしい選手ばかりなので、その中で『トップを張ってやるぞ』と自分自身にプレッシャーをかけて試合に臨みたい」と話しました。
このほか、男子シングルではグランプリファイナル3位で18歳の宇野昌磨選手の演技にも注目が集まります。
一方、女子シングルの練習では2シーズンぶりに復帰し、グランプリファイナルで6位に終わった浅田真央選手がトリプルアクセル=3回転半ジャンプを成功させていました。浅田選手はショートプログラムで難度の高いジャンプから別の種類のジャンプへの変更を明らかにしたうえで、「グランプリファイナルのあとは気持ちも落ち込んだが、今は気持も調子も悪くない。ことし最後をいい演技で締めくくりたい」と話してました。
また、グランプリファイナル2位で、今大会連覇を狙う宮原知子選手はショートプログラムのフラメンコの曲をかけて集中した様子で調整していました。宮原選手は、「いい流れで来ているので勢いのある演技をしたい」と話していました。
大会初日の25日は、男子シングルのショートプログラムなどが行われます。

全日本フィギュア開幕へ 4連覇かかる羽生選手、順調な仕上がり
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312083.html
全日本フィギュアが、いよいよ25日に開幕する。大会4連覇を目指す「絶対王者」羽生結弦選手(21)は、開幕前日の練習で、仕上がりのよさを見せている。
全日本フィギュアの会場、北海道・札幌市の真駒内アイスアリーナに登場した、羽生結弦選手。練習では、4回転ジャンプを鮮やかに決めた。4連覇がかかる全日本フィギュア。羽生選手は、13日のグランプリファイナル終了後、独特の言い回しで全日本の目標を話していた。羽生選手は「目標っていうのは、欲みたいなものかもしれないけれども、欲がない人間なんていないんで。その欲を思いっきり、思いっきり欲を出して」と話していた。思いっきり欲を出したい。羽生選手が追い求める、その「欲」とは、未知の領域にあるものだった。
全日本へ向けた練習でも、好調をキープしている様子の羽生選手。思えば今シーズンは、異次元の滑りで、次々と世界最高得点を更新してきた。グランプリファイナルのあとには、満面の笑みで「(2試合連続で、SP・F、完璧な演技をそろえて?)初めてそろえたのにね、NHK杯でビックリですよ、自分でも。覚醒した?」と話していた。
サルコウとトウループの、2種類の4回転ジャンプに挑み、見事、決めてきた羽生選手。しかし、そこにはコーチらの反対があったという。羽生選手は「『トウループ2本にした方がいいんじゃない?』とか、いろいろな方の意見もありましたし。でも、その中でも、ずっと挑戦し続けて、ここまでやってこられて、本当に良かったなと。その挑戦は無駄じゃなかったなと、今、すごく感じています」と話していた。
完璧な演技。しかし、羽生選手が追い求めるものは、その先にあった。羽生選手は「まだ、振り付けで改善したいところはたくさんありますし、実際やってて、『あ、ここ汚い』ていうのは、結構あるんですよ」と話していた。
世界最高得点の、その先へ。羽生選手を突き動かすのは、スケートに対する欲だった。羽生選手は「目標っていうのは、欲みたいなものかもしれないけれども、思いっきり欲を出して、これからもスケートを頑張りたいなと思います」と話していた。
さらなる高みを常に求める心を、「欲」と表現した羽生選手。そして、見据えるのは未知の領域。羽生選手は「自分の中でも、まだNHK杯の時は、まだ『まぐれ』というか。3回やればね、まぐれとは思われない。(未知の部分はまだある?)自分では思っていますね」と話していた。
まだある、未知の部分。24日の羽生選手は、フリーの曲「SEIMEI」をかけて練習を行った。冒頭の4回転サルコウ。そして、続く4回転トウループを鮮やかに成功。軽やかに動き、余裕を感じさせた。11月のNHK杯から、およそ1カ月で3大会目となるが、疲れを感じさせない順調な仕上がりぶりだった。羽生選手は「(全日本は)また違った緊張感があると思いますし、明日からショートですけれども、しっかりと自分のことを考えながら、自分自身を観察しながら、自分をコントロールできたらと思う」と話した。
グランプリファイナルで見せた、世界歴代最高得点を上回る演技を見せることができるのか。25日はショートプログラムが行われる。


羽生の前日練習=全日本フィギュア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000100-spnavip-spo.view-000
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151224-00000100-spnavip-000-1-view.jpg

今日はFSの曲かけだったんだね(公式のTSに公式練習と書いてあるのに非公式練習とはこれいかに)。まだ夕方の録画をざっと見ただけだけど、羽生くん調子は良いみたいかな…?クワドも良く決まってたみたいだし、目もきりっとしてて声も落ち着いてるみたい。ファイナルの時も思ったけど、痩せたように見えてたのは大人びて顔のお肉がより落ちてきたのかな。頬のラインがシャープになって、目もちょっと大きくなった感じでかっこいいぞ。ジャンプの調子もだけど体調も良いといいな。元気で、良いイメージで、明日を迎えられますように。

ANA旅のつぶやき【公式】‏@ANA_travel_info
https://twitter.com/ANA_travel_info/status/679864873824550913
こんにちは、羽生結弦です。
明日から始まる全日本選手権は、世界選手権につながる大事な試合です。
グランプリファイナルで感じた課題を一つ一つクリアし、納得のいく演技をしたいと思います。
引き続き応援よろしくお願いします。

https://pbs.twimg.com/media/CW9df3oUwAAcyFQ.jpg:orig
12:23 - 2015年12月24日

応援してるよー!頑張れっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ところでANAさんはこの時の写真を一体何枚ストックしているのだろうw全部まとめて見せてほしいw

さあそしてもうすぐ運命の!SPドロー!

公式『すぽると!』‏@fujitvsport
https://twitter.com/fujitvsport/status/679902197279113216
全日本フィギュアスケート選手権「滑走順抽選」。今夜8時ごろから出場全選手をノーカットで完全生中継!視聴はこちらhttp://www.fujitv.co.jp/sports/skate/japan/index.html
#fujitv#skate#全日本フィギュア
https://pbs.twimg.com/media/CW9_cZ5UEAE2J6K.jpg:orig
https://pbs.twimg.com/media/CW9_cVLUQAAZ-1M.jpg:orig
14:51 - 2015年12月24日


【公式】<LIVE>全日本フィギュア2015滑走順抽選
https://www.youtube.com/watch?v=Pu-7X4FN9HE
フジ公式HPとyoutubeとLINEでそれぞれあるっていうのが助かるよね。いろんなところで見られるし、見る人も分散するし。はあぁ、みんな何番になるかな…!

☆追記(19:30)
朝日のかっこいいお写真きたー!

朝日新聞写真部‏@asahi_photo
https://twitter.com/asahi_photo/status/679967727360933888
25日から札幌で始まるフィギュアスケートの全日本選手権を前に、羽生結弦選手らが公式練習にのぞみました。#YuzuruHanyu #figureskate (達)
https://pbs.twimg.com/media/CW-7C3SUsAA58Qn.jpg:orig
19:11 - 2015年12月24日

かっこいいー!しかしながら黒い手がにょっきり頭から生えているみたいでもある(●⁰౪⁰●)

☆追記(19:50)

地に足着ける羽生=全日本フィギュア
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2015122400814
羽生は練習開始直後に自身の曲の順番となり、短いウオームアップでも2種類の4回転を難なく着氷した。立て続けに歴代最高得点を塗り替えたNHK杯、GPファイナルと続き、調整は簡単ではないが、「いいイメージを持ちやすい」と前向きに捉えた。
驚異のハイスコアは合計330.43点まで伸びた。今回は国内大会のため認定されないとはいえ、得点には大きな注目が集まる。「意識しないわけではないが、全日本には独特な緊張感がある。プレッシャーを感じつつ、自分をコントロールしていく」と地に足を着けて臨む。(2015/12/24-19:07)


4連覇目指す羽生、練習でも存在感発揮/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151224/fgr15122418110001-n1.html
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p1.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p2.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p3.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p4.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p5.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151224/fgr15122418110001-p6.jpg
リンクサイドで御機嫌な様子w

ライストまもなく3000人突破の様相(๑°∀°๑)

☆追記(19:57)

羽生結弦「いいイメージで」…全日本25日開幕
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20151224-OYT1T50129.html
フィギュアスケートの全日本選手権が25日、札幌市で開幕する。
男子は、グランプリ(GP)ファイナルで330・43点の世界歴代最高得点をマークした羽生結弦(ANA)の4連覇が有力。女子では、休養を挟んで2季ぶりに復帰した浅田真央(中京大)が3年ぶりの優勝を飾れるか、注目される。来春の世界選手権の代表選考を兼ねており、男子2、女子3の枠を巡る争いも白熱しそうだ。
24日は前日練習が行われ、羽生はジャンプを失敗する場面もあった。11月末のNHK杯からGPファイナル、今大会と連戦になるが、「管理してきた体調を信じ、いいイメージを持ちながらやっていければ」と語った。
期待される得点については「意識しないわけではない」と言い、力を出し切るために「しっかりと自分を観察し、コントロールできたら」と冷静に話した。
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20151224/20151224-OYT1I50036-L.jpg

本番まで、良い調整ができますように。

ちょっライスト5600人突破w
始まるー!

☆追記(22:20)

世界選手権切符かけ熱戦…全日本・25日開幕
http://mainichi.jp/articles/20151225/k00/00m/050/063000c
フィギュアスケートの全日本選手権は25日、世界選手権(来年3〜4月、米ボストン)などの最終選考会を兼ねて札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。
24日は会場で前日練習などが行われ、4連覇を狙う羽生結弦(ANA)、前回覇者の宮原知子(大阪・関大高)、2季ぶりの出場で7度目の優勝を目指す浅田真央(中京大)ら出場選手が氷の感覚を確かめた。
世界選手権の出場枠は男子が2、女子が3。男女とも若手の台頭が顕著で、激しい争いが繰り広げられそうだ。競技は、25日に男子のショートプログラム(SP)などが実施され、26日は女子のSPと男子のフリー、27日には女子のフリーがあり、世界選手権の代表が発表される。【中村有花】
羽生、V4へ余裕の調整
4連覇がかかる羽生は余裕を感じさせる調整ぶり。約2週間前のGPファイナル、さらにその2週間前のNHK杯より若干キレを欠いた感はあるが、4回転サルコウ、4回転トーループをきっちり着氷した。
「連戦で体調管理が難しい。GPファイナルは怖くて緊張したが、今はまた違った緊張感であまり楽しみではない」とこぼしたが、来年の世界選手権代表は有力だ。宇野昌磨(愛知・中京大中京高)らに追われる立場で臨む今年最後の大会。「宇野選手もどんどん(レベルが)あがるが、自分もどんどんあがっていける。そのなかでトップを張っていけるようにプレッシャーをかけながらやりたい」と負けん気の強さをのぞかせていた。
浅田、難度下げ「完璧」狙う
○…グランプリ(GP)ファイナル後、体調を崩してエキシビションの出演を回避した浅田。「その後は普通に練習できた」と周囲の心配を払拭した。今大会はSPの演技構成を変更する予定。GPシリーズ初戦の中国杯から取り組んできたフリップ−ループの連続3回転を3回転フリップ−2回転ループに、最後の3回転ジャンプもルッツをループにし、難度を下げた。「今できる自分のベストを尽くしたい」と浅田。11月のNHK杯で3位、GPファイナルで6位と満足のいかない結果が続く中、まずは「パーフェクトな演技」に主眼に置く。


朝日新聞写真部‏@asahi_photo
https://twitter.com/asahi_photo/status/679982464064815108
公式練習の前、笑顔を見せる羽生結弦選手です。#YuzuruHanyu #figureskate (達)
https://pbs.twimg.com/media/CW_IcppUwAAJ-WQ.jpg:orig
20:10 - 2015年12月24日

無良くんとダイスくんと談笑…爆笑中の羽生くんw

☆追記(12/25 15:00)

羽生 世界最高どこまで超えるか 完璧演技で新たな領域も
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/12/25/kiji/ K20151225011745670.html
フィギュアスケートの全日本選手権は25日、北海道札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。NHK杯、GPファイナルと世界最高得点を連発している羽生結弦(ゆづる、21=ANA)は24日、男子ショートプログラム(SP、25日)に向け会場で非公式練習に参加。12年に全日本を初めて制したリンクで3年間の成長を見せつけ、4連覇を飾る。女子の浅田真央(25=中京大)も女子SP(26日)に向けて調整した。
14年ソチ五輪で金メダルを獲得し、世界最高得点を連発しても、プリンスに慢心はない。ファイナル3位・宇野、6位の村上、無良、小塚ら日本のトップと滑った、この日の非公式練習。「宇野選手はどんどん上がってくると思うし、僕は僕でどんどん上がっていけると思う。それはそれで凄く楽しみ」と羽生は他の選手にも敬意を表した上で、自らを鼓舞した。
「村上選手も4回転サルコーの確率は素晴らしいと思うし、無良選手の4回転トーループの確率も素晴らしいと思うし、小塚さんのスケーティングも素晴らしい。どこを見ても素晴らしいスケーターだらけ。その中で自分が“しっかりトップを張っていけるぞ”ってプレッシャーをかけながら、やっていければいい」
NHK杯で合計322・40点、ファイナルで330・43点。約1カ月で3試合目の厳しいスケジュールだが、「ある意味ではいいイメージを持ちやすい」と前向きに捉えている。国際大会と国内大会。舞台の大小を問わず、いつも通りのルーティンを心掛ける。「しっかり自分を考え、観察しながらコントロールできたらな」。練習では、いきなりループの回転が連続で抜けたが、フリー「陰陽師(おんみょうじ)」を流しての滑走ではサルコー、トーループの4回転を決めた。
12年に全日本初制覇を飾ったリンクだが、感傷には浸らない。「全然、違う感覚で、今までの全日本と違う感覚で臨んでいる」。国際連盟(ISU)の公認スコアとならない全日本では13年にSPで103・10点、合計で297・80点と当時の世界最高を上回ったことがある。完璧に演じれば、今大会で330・43点を超える可能性もある。「自分の力を出し切るのが一番の目標」。今大会は来年3月の世界選手権の代表選考会を兼ねているが、羽生は既に代表入りが決定的。自らに集中し、86年の小川勝以来、29年ぶり5人目の全日本4連覇へ歩む。
▼世界選手権の代表選考 世界選手権は来年3月30日~4月3日に米マサチューセッツ州ボストンで開催。男子の枠は2、女子は3。全日本選手権優勝選手は決定。残りは全日本2、3位やファイナル出場選手、世界ランク、今季スコアの日本人上位3人から総合的に選考する。羽生はファイナル優勝、世界ランク1位、今季スコア1位で代表入りが既に確実になっている。
◆滑走順 滑走順抽選が行われ、男子の羽生は第4組4番目の全体22番目、宇野は全体24番目、30番目の最終滑走は15歳山本に決まった。女子は浅田が最終第5組1番目の全体25番目、全体30番目の最終滑走は昨年女王の宮原が務める。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/12/25/jpeg/ G20151225011745340_view.jpg

羽生王者の風格「僕は僕でどんどん上がっていける」
http://www.nikkansports.com/sports/news/1583564.html
フィギュアスケートの全日本選手権が今日25日、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。男子シングルのショートプログラム(SP)、フリー、合計点の世界最高得点保持者で4連覇がかかる羽生結弦(21=ANA)は最終調整後、ライバルを評して王者の風格を見せた。
羽生が公式練習後のインタビューの場で、ライバルを次々と評した。「宇野選手はどんどん上がってくる」「村上選手の4回転サルコーの確率は素晴らしいし、無良選手の4回転トーループの確率も素晴らしい。小塚さんのスケーティングも素晴らしいし、本当にどこを見ても素晴らしいスケーターだらけ」
その上で「僕は僕でどんどん上がっていけると思います」と言い切った。「自分がトップを張っていけるというプレッシャーをかけながら、やっていければ」。レベルの高さを認めながらも、日本一の座は渡さないつもりだ。
初めて日本一になった思い出のリンクへの凱旋(がいせん)だ。12年、直前のGPファイナルで優勝した高橋大輔を破り、高3で初優勝を果たした。それから3年、今ではすっかり追われる立場になった。「高橋さんが引退されて、違った緊張感がある。今までの滑ってきた全日本とは違った感覚で臨んでいる」。王者として、負けられない別のプレッシャーがかかる。
NHK杯、GPファイナルと2戦連続で世界最高得点をマークするなど好調をキープしてきたが、24日の練習ではジャンプで転倒、手をつくなど精彩を欠いた。ただここ2戦での「いいイメージ」は持ったまま。全日本選手権は国際スケート連盟(ISU)の公認記録には残らない大会だが、得点に「意識がないわけではない」。過去2戦と同じプログラムで、さらに納得のいく演技を目指す。【高場泉穂】
◆全日本選手権の男子連覇記録 4連覇以上は過去4人いる。佐藤信夫(1957~66年)は10連覇、佐野稔は5連覇(72~76年)。4連覇は有坂隆祐(40~48年、41~45年は中止)、小川勝(84~87年)の2人。
http://www.nikkansports.com/sports/news/img/004sports20151225-ogp_0.jpg

羽生貫禄デモ また出るか“世界最高”
http://www.daily.co.jp/general/2015/12/25/0008673916.shtml
「フィギュアスケート・全日本選手権」(25日開幕・札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)
24日は公式練習が行われ、NHK杯、GPファイナルと世界新記録を連発している男子の羽生結弦(21)=ANA=は、変わらぬ好調ぶりを披露。王者の貫禄を見せつけ、4連覇を狙う。
4連覇はもちろん、注目されるのは“次はどんな得点をたたき出すのか-”。そんな別次元の重圧を背負いながらも、羽生が貫禄のデモンストレーションを見せた。フリー「SEIMEI」の練習では、冒頭の4回転サルコー、4回転トーループと軽やかに成功。演技後半の4回転-3回転の連続ジャンプもしっかり決め、変わらぬ好調ぶりを示した。
ハードな日程が続く中での年内最終戦となったが、疲れは感じさせず「短い間隔で試合が続いているけど、いいイメージを持ちやすい。楽しみながらしっかりやりたい」と、力を込めた。
穏やかな笑みをたたえながら語る姿には、確固たる自信がみなぎる。ここ2戦は“神の領域”ともいえる完璧な演技が続く。11月のNHK杯で圧巻の演技を見せ、SP、フリー、総得点と3つの世界記録を樹立。その2週間後のGPファイナルではさらに神がかった演技を見せ、SP110・95点、フリー219・48点、総得点330・43点と異次元の得点まで引き上げた。
今大会は国内大会のため参考記録となるものの、勢いに乗っている羽生が、さらなる高得点をマークする可能性は十分にある。
「高橋(大輔)選手が引退し、町田(樹)選手もいない」。もはやライバル不在の中で迎える全日本には「違った緊張」があるという。突き動かすのは“絶対王者”としての使命感。GPファイナル3位の宇野ら下の世代からの成長株もいるが「宇野選手はどんどん上がっていけると思いますけど、僕は僕でどんどん上がっていけると思う。自分がトップを張っていくという重圧をかけながらやる」と、キッパリ言ってのけた。
2015年最後の大会。日本中の期待に応える準備はできている。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/12/25/Images/f_08673917.jpg
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20151225-00000010-dal-000-view.jpg

【フィギュア】羽生、4連覇へ「自分をコントロール」
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151224-OHT1T50112.html
フィギュアスケートの全日本選手権は25日、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。3戦連続300点超えが期待される羽生結弦(21)=ANA=は、平成以降で最多となる4連覇を狙う。
羽生が自身が13年に記録した297・80点の“大会記録超え”で、平成以降では最多の4連覇を決める。5週で3戦のハードな日程にも「自分が管理してきた体調を信じる。間隔が短く続いているのは、いいイメージを持ちやすい」と前向きだ。
NHK杯で322・40点、GPファイナルで330・43点と2戦続けて世界歴代最高得点。「意識がないわけではない。また違った緊張感がある。自分自身を観察しながらコントロールしたい」。今大会は国際連盟非公認だが、3戦連続300点超えが期待される。
昨季、高橋大輔と町田樹が引退し、顔ぶれも一新。「今までの全日本とはちょっと違った感覚」。追われる立場になったが「宇野選手はどんどん上がってくると思うし、僕は僕でどんどん上がっていけると思っている。トップを張っていけるぞ!というプレッシャーを自分にかけながらやっていく」と王者の風格を漂わせた。
◆シングルでの連覇 男子最多は1956~65年度の佐藤信夫で10連覇。72~76年度の佐野稔の5連覇が続き、4連覇は39~47年度(戦争による中止、中断を挟むを含む)の有坂隆祐と83~86年度の小川勝の2人。平成以降は4連覇以上がなく、04年度に2度の2連覇を含めて本田武史が通算6度目V達成。11年度に高橋大輔が07年度までの3連覇を含め通算5度目のV。女子は渡部絵美(72~79年度)、伊藤みどり(84~91年度)の8連覇が最高。
http://www.hochi.co.jp/photo/20151224/20151224-OHT1I50068-L.jpg

羽生、狙うは4連覇!4回転連発で好調維持/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151225/fgr15122505020003-n1.html
フィギュアスケートの世界選手権(来年3月、米国)出場権をかけた全日本選手権(札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)は25日、競技が始まる。24日には会場で開会式と前日練習が行われた。
次元の違いを見せつけた。男子4連覇を狙う羽生結弦(21)=ANA=は、この日の非公式練習で4回転ジャンプを次々に着氷。フリーの『SEIMEI』に乗り、状態の良さを見せつけた。
「高橋選手が引退して、町田選手もいないなか、違った緊張感がある。それを楽しみながら滑れたらいい」
11月のNHK杯で世界歴代最高となる合計322・40点をマーク。その2週間後のGPファイナルではこの得点にさらに8・03点を上乗せした。もはや神がかっていると言っても過言ではない。
GPファイナル3位の宇野昌磨(しょうま、18)=愛知・中京大中京高=の名前を挙げ「宇野選手はどんどん上がってくるけど、僕は僕でどんどん上がってくる」。もはや敵なしの羽生が、圧巻の演技で観客を魅了する。 (角かずみ)
http://www.sanspo.com/sports/images/20151225/fgr15122505020003-p1.jpg
http://www.sanspo.com/sports/images/20151225/fgr15122505020003-p8.jpg

羽生「自分に勝つ」 絶対王者が全日本4連覇へ闘志
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201512/CK2015122502000121.html
全日本選手権は25日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕し、男子のショートプログラム(SP)などが行われる。世界選手権(来年3~4月、米ボストン)の代表選考会を兼ね、優勝者は自動的に代表が決まる。24日は男女の出場選手らが会場で公式練習に臨んだ。
4連覇を狙う男子の羽生結弦(ANA)は4回転ジャンプで転倒があった。過去2戦は世界歴代最高得点を更新して優勝したが「全日本は全く違った心境がある」と気持ちを切り替えて臨む。昨年2位の18歳、宇野昌磨(愛知・中京大中京高)や12度目の出場となる26歳の小塚崇彦(トヨタ自動車)らも氷の感触を確かめた。
女子で7度目の優勝を狙う浅田真央(中京大)はSPのジャンプ構成変更を明言し、「良い試合をして、今年を締めくくりたい」と意気込んだ。昨年優勝の宮原知子(大阪・関大高)、昨年2位の本郷理華(邦和スポーツランド)らと優勝を争う。
26日に男子フリーと女子SP、27日に女子のフリーが行われる。

完璧な演技を続けているからこそ、わずかなずれも気になる。公式練習で珍しく4回転ジャンプやトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷が乱れた羽生は直後の会見で「反省点を整理して臨みたい」とSPに向け、集中を一段と高めた。
11月のNHK杯、今月上旬のグランプリ(GP)ファイナルで続けざまにSP、フリー、合計それぞれで世界歴代最高得点を更新。今回は国内大会のため国際スケート連盟(ISU)の公認記録にはならないが、周囲からさらなる高得点の期待を受け「意識をしないわけではない」と重圧も感じている。
過去の大会では2010年バンクーバー五輪銅メダル高橋大輔、14年世界選手権銀メダルの町田樹らしのぎを削るライバルがいた。相手の演技に奮い立ち、自然と自分のレベルも引き上げられた。
だが高橋は14年ソチ五輪後、町田は昨年のこの大会で引退。会見では18歳の宇野やベテラン小塚らの名を挙げ「どこを見ても、素晴らしい選手がいる」と称賛したが、海外勢を圧倒する力を付けた今、国内のライバルは事実上不在といっていい。
その分、敵は内面につくる。「トップを張っていけるように自分にプレッシャーをかけながらやりたい」。孤独な戦いに打ち勝つことで、GPファイナルを上回る演技につなげる。 (原田遼)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201512/images/PK2015122502100041_size0.jpg

【フィギュア全日本選手権】“絶対王者”羽生が余裕の4回転
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/487561/
【フィギュアスケート全日本選手権(25~27日、北海道・真駒内アイスアリーナ)】羽生結弦(21=ANA)が練習から“絶対王者”の貫禄を見せた。同じグループで滑ったGPファイナル3位の宇野昌磨(18=中京大中京高)、ベテランの小塚崇彦(26=トヨタ自動車)と比べても圧倒的な存在感を放ち、4回転ジャンプは余裕すら感じさせた。NHK杯、GPファイナルに続く連戦に「体調管理が難しい」と話しつつも「いいイメージを持ちやすい」。立て続けに歴代最高得点を更新してきた流れを今大会にも持ち込むつもりだ。
http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/12/e9dd0ad7557ed1d5c7bdf6fb9bd9f1d91.jpg



25日に全日本選手権 フィギュア
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=329101&comment_sub_id=0&category_id=114&from=news&category_list=114
http://chuplus.jp/pic/114/o/329101_0_00.jpg

能登さんのお写真も。
羽生結弦 全日本フィギュアスケート選手権 公式練習
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/post_172/
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512250.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512251.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512252.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512253.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512254.jpg
http://sportiva.shueisha.co.jp/photogallery/2015/12/25/hanyuyuzuru201512255.jpg

全日本選手権 きょうから 世界選手権切符かけ熱戦
http://mainichi.jp/graphs/20151225/hpj/00m/050/001000g/1
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2015/12/25/20151225hpj00m050001000q/91.jpg
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2015/12/25/20151225hpj00m050002000q/91.jpg

Figure skating: Hanyu in high spirit with 4th straight nationals in sight
http://kyodonews.net/news/2015/12/24/43710
http://kyodonews.net/resources/20151225KW___0011700010.PH.-.-.N.CI0004.jpg

☆追記(12/26 4:15)
SP前日練習後のインタビューのノーカット動画がフジ公式サイトに上がっていたので書き起こし。

―非公式練習を終えての心境
羽生:そうですねとりあえず、今、まだ、足の感覚、が、氷の感覚が、まだ氷の感触が、まだ残っている状況なので、しっかりとそのー、反省点を活かしながらまた感触を、えーしっかりと整理しながら、いる状態でいます
―連戦が続いていますが
羽生:…そうですね、あのーまあ連戦が続いているという、点においては、まあもちろん体調の管理だとかコンディションの管理だとかそういう点では難しいかと思いますけれども、まああのー、まあファイナル、ファイナルから続いていると、いえばもう、村上選手も、そして宇野選手も一緒に、こうやってずっとやってきている、ので、もうそういうこと関係なくとにかく、あのー、まあ自分が、あのー、なんだろ、(目を閉じて考えて)管理してきた、このコンディションだとか、またはそのー自分の体調だとか、そういうものを信じて、または、あのー、まあ続いているという点においては、その、なんだろ、(指を折って数えながら)NHK杯、ファイナル、そして全日本というふうに、すぐ…すごく試合が今、間隔が狭く続いているということは、ある意味ではそのいいイメージを持ちやすいとは思うので、まあそういうふうにほんとに、まあ、ほんとにいいイメージを持ちながら、やっていければいいかなとは思います
―今大会得点に関しての意識は
羽生:(インタビュアの質問に)はい。(続きを頷きながら聞いて)はい。(質問終わる)そうですね、あのーまあ意識、がないわけではないですただ、あのー、まあ全日本は全日本ですし、また違った緊張感があると思いますし、今自身も…今の僕自身も、全く違った心境でいると思うので、または、あのー、しっかりと、まあ明日からショートですけれども、しっかりと自分のこと考え、考えながら、自分自身をほんとに、あのー観察しながら、自分をコントロールできたらなというふうに思っています
―今年の全日本選手権について
羽生:そうーですねえ…まあ自分の中では全然違う感覚で、いっ、今までの、滑ってきた全日本とはまた違った感覚でこの全日本に臨んでいると思いますし、または、あのー、まあ髙橋さんが引退されて、または、まあ町田選手もいなかったりだとか、まあそういうふうな感覚の中で、また違った緊張感があるので、まあその緊張感を、楽しみながらまたは、しっかりと、あのー、なんですかね、自分の中で、感じながら、滑れたらいいかなというふうには思ってます
―周りの選手も含めて緊張感は
羽生:(質問を聞きながら)うん、うんうん。(質問終わる)いやあもう、宇野選手はもうどんどんどんどん上がってくると思いますし、まあ、僕は僕で、どんどん上がって行けると思いますしまた。まあそれはそれですごく楽しみですけれども。まあほんとに宇野選手以外でもほんとに、村上選手の、4回転サルコウの確率は素晴らしいと思いますし、無良選手の、4回転トウループの確率も素晴らしいと思いますし。小塚さんのスケーティングも素晴らしいと思いますし。ほんとにもうどこを見ても素晴らしいスケーターだらけなので、まあその中で、自分が、しっかりとトップを張って行けるぞと。そういうふうな、あのー、なんだろプレッシャーをかけながら、またこの試合でやっていければいいかなと思ってます(笑顔で頷いて終了)

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。