スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生くんのN杯EX関連記事など

2015.11.29.Sun.13:35
今日の羽生くん!(๑❛ᴗ❛๑)

羽生「唯一無二の存在になりたい」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/29/0008605490.shtml
フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯(27、28日、長野・ビッグハット)男子シングルで、SP(106・33点)、フリー(216・07点)、総得点(322・40点)と3つの世界記録を打ち立て優勝した羽生結弦(20)=ANA=が29日、一夜明け会見に臨んだ。「SP、フリーともノーミスは、初めてに近い。自分も興奮して、昨日はうまく寝られなかった」と、笑いながら「得点どうこうよりも、ノーミスの演技をそろえられたことに喜びを感じた。今までの成果が出せた」と、振り返った。
前日のインタビューでは「“絶対王者だぞ”と自分に言い聞かせた」と話していた。“絶対王者”とは-と問われると「五輪のマークをみたり、演技の前に300点を取りたいと思って揺らいでるようでは絶対王者じゃない。僕にとって、理想の王者は(トリノ五輪金メダリストの)プルシェンコ選手。憧れだし、絶対のヒーロー」。もう超えたのでは?という問いには「今とは採点方法が違う。彼には彼のプログラムがあって、僕には僕のプログラムがある。でも、オーラだったり、強さだったり、そういう雰囲気が僕の憧れ。彼のような唯一無二の存在になりたい」と、目を輝かせながら話した。
12月には男子史上初の3連覇の期待が懸かるGPファイナル(スペイン、バルセロナ)に出場。スケートカナダで敗れたチャン(カナダ)や、日本の新鋭、宇野昌磨(中京大)らライバルがそろうが、「他の選手は関係なく、自分の記録だけじゃなく、自分の演技を超えられるように頑張りたい」と、さらなる飛躍を誓った。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08605491.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08605493.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08605492.jpg
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151129-00000048-dal-000-3-view.jpg

「自分の記録じゃなく、自分の演技を超えられるように」…!あの演技をしてあの点数が出た後に、こんなことを…。もう、まだまだワクワクする。
そして練習写真美しいわー!なんという体のライン。オーラ、エネルギー。烈しく美しい。

映像も!

羽生「点数以上に自分の演技できた」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151129/k10010323261000.html
フィギュアスケートのNHK杯、男子シングルで史上初めて300点を超える世界最高得点をマークした羽生結弦選手が優勝から一夜明け、「点数以上に自分の演技を成し遂げられたことがうれしい」と心境を話しました。
羽生選手は、NHK杯の27日のショートプログラムと28日のフリーの両方で、4回転ジャンプを複数組み込んだ難しいプログラムに挑み、ミスのない完成度の高い技と豊かな表現力を見せ、合計で322.40と史上初めて300点を超える驚異的な得点をあげて2回目の優勝を果たしました。
羽生選手は優勝から一夜明けた29日、長野市の会場で報道陣の取材に応じ、「興奮してうまく眠れなかった。それくらい意味のある大会だった。点数以上に自分の演技を成し遂げられたことがうれしい」とかみしめるように話しました。
また、会心の演技ができた要因について「周りの応援やサポート、自分の練習状況など環境が整ったなか、自分をコントロールすることができたからだと思う」と分析していました。そして今後に向け「点数を意識しているようではまだ『絶対王者』ではない。もっといろいろな経験が必要だ。次の大会でもよい演技を求め、その中で課題を見つけたい」と抱負を話しました。
羽生選手は来月10日からスペインのバルセロナで開かれるグランプリファイナルで男子シングルで大会初の3連覇を目指します。

羽生くん本当におめでとう!SPもFSもノーミスおめでとう!SPもFSもトータルも世界最高得点更新おめでとう!SPとFSで合計5クワド達成おめでとうー!NHK杯2度目の優勝おめでとう!ファイナル進出おめでとう!いっぱいおめでたくて一度にまとめられないw
本当におめでとう、おめでとう。羽生くんのこれまでもこれからもおめでとう。
羽生くんのこれからがまた祝福に満ちたものになりますように。
今日も良い一日になりますように。EXもバンケもサンスポも、楽しみー!

☆追記(13:47)

羽生「4回転4つで十分とも思わない」 史上初300点超Vも満足せず/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151129/fgr15112912470009-n1.html
ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦(20)=ANA=が、史上初の300点超えを果たして優勝したNHK杯から一夜明けた29日、長野市内で心境を語った。
--一夜明けて
「点数どうこうではなく、とりあえず初めてに近い形でショートプログラム(SP)、フリーともにノーミスでできたことに喜びを感じている。環境とかいろいろな要素があるけど、練習してきた成果を出せた」
--睡眠は
「興奮してうまく眠れなかった。点数以上に自分の演技を成し遂げることができた。意味のある試合だった。会場が一体となって、周りのサポートがあった。自分との戦いに勝てる条件、環境が整っていた」
--自身が思う絶対王者とは
「プルシェンコ選手。オーラがあるし、いつも正確なジャンプを1つ1つ跳ぶ。彼になりたいとは思わないが、彼のような唯一無二の存在になれるよう努力したい。パトリック(チャン)選手、金博洋選手にしかできないことがある。(今大会で)僕自身の色を少しは見つけられた」
--GPファイナルのライバルは
「ロシア選手が出ていないのは珍しい。戦う相手が誰でも(今大会のような)演技をしないといけない。自分の記録だけでなく自分の演技を超えられるようにしたい」
--自身が目指す理想の演技構成とは
「分からないからこのスポーツは楽しい。(フリーで)4回転4つで十分とも思わない。今シーズンは4回転ループをやりたいと思っていて、できていない。日々の成長を楽しみながら、自分の限界に挑戦していく」

4Loもいつかそう遠くないうちに見られたりするのかしら…!

☆追記(15:12)

羽生「4回転4回で十分ではない」世界最高一夜明け
http://www.nikkansports.com/sports/news/1572871.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯男子シングルで、SP106・33点、フリー216・07点、合計点322・40点と3つすべてで世界歴代最高点を出し、優勝した羽生結弦(20=ANA)が29日、一夜明け会見で進化を誓った。
「興奮して寝られなかった。自分の演技を成し遂げられたことに意味がある」と満足感に浸ると同時に、昨晩のフリーを「もっとステップに気持ちが入れられる。もっともっと洗練させていける」と反省した。
今大会では男子出場者全員が4回転に挑戦。男子フィギュア界の新たな未来に向け、どんなジャンプが必要か聞かれると「わからない。わからないから楽しいんだと思います。(中国)金博洋選手は(フリーで)4回転ジャンプ4回で十分、と話していたけど(自分は)4回で十分かと言われたら、そうではない」と話した。

ステップかぁ…羽生くんが目指すステップはもっとすごいのね。これからのシーズンも楽しみ!

そしてEX練習のお写真きてたー!

blade901
https://www.instagram.com/p/-qEQ4apcuN/
To all the fans here in Japan.. Get ready! It's almost show time!
Congratulations to Yuzu and Taka for their podium finish this week at NHK15.
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xfa1/t51.2885-15/e35/12237217_894994853902379_951629964_n.jpg
Nov 29 2015 14:38:49

バルデさんと無良くんと羽生くん!かわいー!プーもいるw羽生くんの足元に置いてるのなんだろ?ポーチ?なんか緑色のマスコットみたいのついてるw

☆追記(18:05)

羽生「自分の記録超えていく」=歴代最高優勝振り返る-フィギュア
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015112900115
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯で男子世界歴代最高の合計322.40点をマークして圧勝した羽生結弦(ANA)が29日、一夜明けて長野市内の会場で取材に応じ、「点数以上に自分の演技を成し遂げられたことに意味を感じた」と実感を込めて語った。
ショートプログラムとフリーで2種類の4回転を計5度決めて完璧に滑り切った今大会を、「自分との戦いに勝てる条件が整っていた」と振り返った。次の目標は男子初の3連覇が懸かるGPファイナル(12月10日開幕、スペイン・バルセロナ)。「自分の記録を超えていく」と意気込み、さらに完成度の高い演技を求める。
目指す最強のプログラム構成について、「(フリーで)四つの4回転でも僕は十分ではないと思う。自分の限界に挑戦したい」と熱く語った。
女子でGP初優勝を果たした宮原知子(大阪・関大高)は「トップ選手と争える点数を出せるようになった」と自信を深めた様子。中国杯からの連勝を逃して3位に終わった浅田真央(中京大)は、「目指す演技をとことん求める」と巻き返しを誓った。
大会は成績上位者などによるエキシビションで幕を閉じ、羽生と宮原、浅田らが華麗に舞った。 (2015/11/29-17:33)


☆追記(22:30)

羽生、目指すはプルシェンコ「唯一無二の存在に」/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151129/fgr15112916480011-n1.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯を322・40点の世界歴代最高得点で制した男子の羽生結弦(ANA)が一夜明けた29日、会場の長野市ビッグハットで報道陣の取材に応じ「点数以上に、自分の演技を成し遂げられたことにすごく意味を感じた」と充実感を漂わせた。この日はエキシビションに臨む。
20歳のソチ冬季五輪王者は、理想の「絶対王者」に2006年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)を挙げ「彼のような唯一無二の存在になれればいい」と話した。12月のGPファイナル(バルセロナ)では史上初の3連覇が懸かる。「ファイナルでもいい演技を求めるが、その中で課題が見つかればいい」と、貪欲だった。
自己ベストを更新する203・11点でGP初優勝を果たした17歳の宮原知子(大阪・関大高)は「やっと200点を超えられたのはうれしいが、毎回200点を超えられるようにもっと練習したい」と意欲的だった。(共同)
http://www.sanspo.com/sports/images/20151129/fgr15112916480011-p1.jpg


真央、GPファイナル「やるしかない」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/29/0008606010.shtml
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606013.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606789.jpg
>エキシビジョンの練習の合間に話し込む羽生結弦(左)と浅田真央=長野ビッグハット(撮影・開出牧)
何喋ってるんだろー(◦´∇`◦)

NHK杯フィギュア 華麗にエキシビション
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151129/k10010323541000.html
フィギュアスケートのNHK杯は、すべての種目を終えてエキシビションが行われ、史上初の300点超えとなる世界最高得点で男子シングルを制した羽生結弦選手などが華麗な演技で会場を沸かせました。
NHK杯は29日、アイスダンス後半のフリーダンスが行われてすべての種目が終わり、各種目で上位に入った選手などが参加してエキシビションが行われました。
このうち、男子シングルで322.40という衝撃的な世界最高得点で優勝した羽生選手は、東日本大震災への思いを表現する曲で、感情豊かに華麗な演技を披露したほか、フリーで使っている映画「陰陽師」の曲を力強く演じました。
また、女子シングルで初優勝した宮原知子選手は、ショートプログラムのフラメンコの曲に合わせて情熱的なステップを見せたほか、浅田真央選手はタキシードの衣装で登場し、ファンに笑顔で応えながら軽やかに滑っていました。最後は、全員でリンクを回り、観客から大きな拍手や声援が上がっていました。

ニュース7の動画つき!

村元・リード組は7位 NHK杯、エキシビションで閉幕
http://www.asahi.com/articles/ASHCY35VVHCYOIPE002.html
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、NHK杯の最終日は29日、長野・ビッグハットでアイスダンスのフリーがあり、ショートダンス(SD)首位のマイア・シブタニ、アレックス・シブタニ組(米)がフリーでも順位を守り、合計174・43点で優勝した。村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)は7位、平井絵己、マリアン・デラアスンシオン組(大阪ク)は8位だった。
大会上位選手らによるエキシビションもあり、羽生結弦(ANA)や浅田真央(中京大)らが観衆を魅了した。

村元哉中 コンビ結成半年で臨んだNHK杯。「ミスもあったが、楽しく滑れた。まずは世界のベスト15を目指したい」
クリス・リード 「今後も国際舞台に出ていくので、改善できるところを見据えながら練習していきたい」

▽アイスダンス最終成績 ①マイア・シブタニ、アレックス・シブタニ(米)174・43点(SD〈1〉68・08点、フリー〈1〉106・35点)②ボブロワ、ソロビエフ(ロシア)169・33(〈3〉66・19〈2〉103・14)③ハベル、ドノヒュー(米)167・49(〈2〉66・57〈3〉100・92)⑦村元哉中、クリス・リード(木下ク)134・97(〈7〉53・44〈7〉81・53)⑧平井絵己、マリアン・デラアスンシオン(大阪ク)115・59(〈8〉43・61〈8〉71・98)
http://www.asahi.com/articles/images/AS20151129001577_comm.jpg

興奮し眠れず…記録塗り替えた羽生、歓喜の舞
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20151129-OYT1T50076.html
NHK杯は29日、上位選手らによるエキシビションが行われ、ショートプログラム(SP)とフリーで世界歴代最高記録を更新し、史上初めて300点台を突破した男子の羽生結弦(ANA)がフリーの演技の一部を披露するなどして観客を沸かせた。
羽生は「興奮してうまく眠れなかったけど、それだけ意味のある試合だった」と振り返り、男子史上初の3連覇を目指すGPファイナル(12月・スペイン)に向け、「得点だけではなく、内容も超えられるようにしたい」と意気込んだ。
女子でGPファイナル出場を決めた2選手も抱負を語った。NHK杯優勝で初めて切符をつかんだ宮原知子さとこ(大阪・関大高)は「全員が素晴らしい選手なので思い切ってやりたい」と語り、3位だった浅田真央(中京大)は、「考えるきっかけになった。やるべきことをやるしかない」と巻き返しを誓った。
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20151129/20151129-OYT1I50028-L.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20151129/20151129-OYT1I50027-L.jpg


NHK杯・最終日(エキシビジョン、アイスダンスFD)
http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1594/
http://spnavi.c.yimg.jp/spnavi/photo/figureskate/151129_fig_ex_opening2.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/spnavi/photo/figureskate/151129_fig_ex_hanyu_yuzuru1.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/spnavi/photo/figureskate/151129_fig_ex_hanyu_yuzuru4.jpg
http://spnavi.c.yimg.jp/spnavi/photo/figureskate/151129_fig_ex_hanyu_yuzuru6.jpg

時事のお写真も一枚。
http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0020381216.jpg

そして産経フォト。
羽生、宮原、浅田も 豪華共演のエキシビション
http://www.sankei.com/photo/story/news/151129/sty1511290012-n1.html
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p1.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p4.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p5.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p6.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p7.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p8.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p9.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p10.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p11.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p24.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p25.jpg
http://www.sankei.com/photo/images/news/151129/sty1511290012-p26.jpg
どーもくん達と触れ合ってる羽生くんが遊園地できぐるみの胸に飛び込むちっちゃい子そのもの過ぎてw演技中の羽生くん別人にもほどがある(✦▿✦)

ISU Figure Skating‏@ISU_Figure
https://twitter.com/ISU_Figure/status/670907107462524928
Bye, bye #GPNagano champs @ShibSibs @mhjd_85/ @Rad85E, Satoko Miyahara, Yuzuru Hanyu! C u soon at @gpfbarcelona
https://pbs.twimg.com/media/CU-KdWfUEAAuBbb.jpg:orig
19:08 - 2015年11月29日

金メダリストの記念写真!みんなニコニコで可愛いのにお写真ちっちゃい(つ∀`)

今日のインタ、羽生くんのところだけ抜粋。

羽生結弦「自分の限界に挑戦したい」NHK杯出場の日本勢、心境を語る
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201511290003-spnavi
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯(27〜29日、長野・ビッグハット)の男子で世界最高得点で優勝した羽生結弦(ANA)、同3位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)、女子でGPシリーズ初優勝の17歳・宮原知子(関西大中・高スケート部)、同3位の浅田真央(中京大)が29日、取材に応じ、大会を終えた今の思いを語った。
宮原、浅田とともに、GPファイナル(現地時間12月10日〜12日、スペイン・バルセロナ)行きを決めた羽生は「記録だけではなく、自分の演技を超えられるように今回の試合を反省していきたい」と、合計322.40点をたたき出した今大会からさらなる進化を誓っていた。
以下は取材に応じた男女4選手のコメント。
羽生「奇跡的な演技ができた」
今日は話短くいきます(笑)。とりあえず初めてに近い形で、ショートとフリー両方をノーミスでいけたことをうれしく思います。
(322点という点について)実際に自分も興奮してうまく眠れなかったんですけど、それくらい自分自身にとっては意味のある試合だったし、点数以上に何よりも僕自身が自分の演技を成し遂げられたことに意味を感じた試合でした。
(なぜショートとフリーのプログラム両方が完成した?)例えば、2012年の世界選手権のときのような感覚がありました。それとちょっと違ったのが、コントロールできたのかできなかったのか。そのときはけがもあって、マイナスの状態から皆さんが「頑張れ、頑張れ」と応援してくださったおかげで、奇跡的な演技ができました。今回の演技はプラスからプラスへの道のりだったので、自分との戦いもありましたけど、自分との戦いに勝てる条件、戦える環境が整っていたと感じました。それが応援だったり、自分の練習だったり、サポートしてくださる方々だったりでしたね。
(絶対王者というのはもっと上のレベルなのか?)まず五輪のマークを見たり、フリーの前にショートで良い演技をしたとか、300点取れたりだとかで揺らいでいるようじゃ絶対王者ではないなと自分では思います。ただそれはもっと経験していかないといけない部分だと思いますし、もっと経験できることだとも思うので、ファイナルに向けて一生懸命練習して、ファイナルでも良い演技を求めますけども、その中で答えが見つかればいいなと思います。(理想とする王者はエフゲニー・)プルシェンコさんです。プルシェンコさんの選手像が自分の中では絶対王者であり、憧れのヒーローという存在です。彼になりたいとは思わないですけど、彼のような存在になれるように努力していきたいです。
(昨日の映像は見た?)見ました。ステップに関しては、気持ちというよりも一つ一つの手の動きであったり、体の使い方であったり、もっと洗練させていけるのではないかと思っています。また、ジャンプに関しても後半の4回転は特に「跳ぶぞ」という感覚で入っているので、そこも同じようなステップを踏んでいるようでも、見ている方がハッとならないような感覚にできたらいいなと思いました。
(自分が思い描く絶対王者は具体的にどんなものなのか、いつからその言葉は頭の中にあった?)特に絶対王者にこだわりはないし、僕のイメージではプルシェンコさんのイメージが強くて、プルシェンコさんがなぜ絶対王者かというと僕にも分からないです。オーラであったり、その強さであったり、いつも正確にジャンプを跳んでいたり、そういう彼独特のものに僕はあこがれていたので、彼になろうと思っているわけではないけど、彼のような唯一無二の存在になれればいいなと思っています。
(フリーのプログラムの曲を選んだときに特別なインスピレーションがあった?)曲を選ぶときはいつも同じように感じているつもりです。どんな曲を選んだとしても、どんなプログラムを滑ったとしても、僕自身はいつも特別な思いを持って滑っているので、このプログラムが皆さんにとっては印象的なものであっても、そこに差はつけずにショートもフリーも頑張って滑っていきたいと思います。
(フリーの4回転+3回転は)演技構成表では4回転+2回転で出していますけど、練習の中では4回転+3回転で練習していて、つらい状況でも練習では発揮できていたので、なんとかなるかなと思って、一生懸命頑張りました。
(ファイナルの顔ぶれの変化について)ロシア勢がいないのは珍しいなと思ったのと、あとは相手がどうであっても、こういう演技をしなきゃいけないというのが今の自分の課題だと思うので、記録だけではなく、自分の演技を超えられるように今回の試合を反省していきたいと思います。
(最強のプログラムとは?)分からないです。分からないからこのスポーツは楽しいんだと思います。だって、金博洋選手は4回転4つで十分だと言っていました。でも僕はそうではないと思いますし。それはどうなるか分からないです。今季だって4回転ループをやりたいと言っていたのに、それがまだできていないわけで。本当に日々の成長を楽しみながら、自分の限界に挑戦していきたいと思います。
(略)
http://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2015/1129/201511290003-spnavi_2015112900011_view.jpg
http://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2015/1129/201511290003-spnavi_2015112900010_view.jpg

短…い?昨日よりは短い、うんw

そして…バンケ写真きたー!!!!!!

isao.makeup
https://www.instagram.com/p/-q47JcMJmt/
メダリスト
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xfp1/t51.2885-15/e35/12292745_108427982860074_1755180409_n.jpg
Nov 29 2015 22:18:58

無良くんとメイクさんと羽生くんと刑事くんとお寿司!
まぐろとサーモンとホタテとカンパチ?とガリ!あーお寿司食べたくなってきたw

☆追記(23:30)

羽生結弦、ガッツポーズもイメトレ通り
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/29/0008606790.shtml
史上初の300点超え、世界最高記録322・40点でフィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯の男子シングルを制した羽生結弦(20)=ANA=が一夜明けた29日、NHKの「サンデースポーツ」に生出演。世界最高となる216・70点で制した28日のフリー後半のトリプルルッツを決めた後で見せたガッツポーズは、イメージトレーニングから織り込み済みだったことを明かした。
すべては想定通りだった。冒頭の4回転サルコーから4回転トーループ、トリプルフリップ…。流れるように次々とジャンプをこなし、後半に入っても驚異の4回転トーループ+3回転トーループ。最後のトリプルルッツを決めると、両手でガッツポーズ!が思わず出たように見えたが…「もうやる気でいました。イメージトレーニングからガッツポーズしてました」。羽生がしてやったりの笑顔で振り返った。
疲れが出る後半の4回転、3回転のコンビネーションジャンプについて、プロスケーターでタレントの織田信成(28)に「疲れはなかったんですか」と聞かれると「とりあえず疲れても跳べる練習はしてきました」と即答。「(総得点の)300点、(フリーの)200点を超える勢いというか、そういうつもりでやってきたんで、あとはもう結果を残すのみだと思ってました」と、自信満々の仕上がりで臨んでいたことを明かした。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606792.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606791.jpg
http://amd.c.yimg.jp/amd/20151129-00000099-dal-000-2-view.jpg

もうさっきのサンスポの内容が記事にw

そして織田くんと!

織田信成 nobunari oda‏@nobutaro1001
https://twitter.com/nobutaro1001/status/670968958590181376
以前関西の番組で出会ったけん玉女子世界一の中村有美さん。「羽生選手けん玉好きなんですよね。ファンなのでこれを是非羽生選手に…!」と託されたけん玉、無事に渡すことができましたよ。
https://pbs.twimg.com/media/CU_CtGBUAAAccBE.jpg:orig
23:14 - 2015年11月29日

けん玉よかったねー!かわいいー!

☆追記(23:40)

羽生結弦、未体験の練習とは…
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2015/11/29/0008606991.shtml
史上初の300点超え、世界最高記録となる総得点322・40点でフィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯の男子シングルを制した羽生結弦(20)=ANA=が一夜明けた29日、NHKの「サンデースポーツ」に生出演。試合後の会見で連発した「血のにじむような」「今まで体験したことのないような」「本当につらい」練習の一端を明かした。
誰もが聞きたかった、その練習内容。プロスケーターでタレントの織田信成(28)が「具体的には?」と直撃したが、羽生は「言えないです」と、いたずらっぽく笑った。
ただ、大きな目標に向かって根本から練習法を変え、研究してきたと説明。「今まで自分が考えてきた常識を取っ払って、自信をつけられるような練習を工夫してやってきた」と話し、「自分がどうやったらきれいに跳べるかを、自分も織田さんも含め映像を見てひたすら研究してきた」と振り返った。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606992.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606993.jpg
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/29/Images/f_08606998.jpg

またサンスポの内容で記事が。どんな練習したのか気になるー!そして写真w上にも一枚あったけど、EX練習中に真央ちゃんと羽生くん真剣な顔で何話してるのかと思ってたら…最後羽生くんが「へ」で真央ちゃん爆ウケさせてるっていうwこんなに真央ちゃんが爆笑するって羽生くん変顔でもしてるのかw

☆追記(11/30 19:10)
バンケのお写真٩(๑>◡<๑)۶

cmr2070
https://www.instagram.com/p/-scVCVE-eN/
2015 NHK Trophy Team🎌Japan! #NHKtrophy #日本チーム #🎌⛸❤️
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xtp1/t51.2885-15/e35/12256743_464928710362073_69276826_n.jpg
Nov 30 2015 12:47:35
----------
https://www.instagram.com/p/-sc5p7k-fU/
2015 NHK Trophy 日本スケートせんしゅう!⛸✨🎌❤️✌️
https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xap1/t51.2885-15/e35/11313597_1640104772906521_901225522_n.jpg
Nov 30 2015 12:52:35

チームジャパン集合写真と、日本人選手のテーブル写真!国旗のプラカードを持ってるクリスから、刑事くん、羽生くん、無良くん、真央ちゃん、平井さん、マリオン、木原さん、知子ちゃん、村元さん!

田中刑事‏@deka_1122
https://twitter.com/deka_1122/status/671220205301862404
ゆづ切れてるけど寿司は美味しかったw
https://pbs.twimg.com/media/CVCnNojUEAAwtox.jpg:orig
15:52 - 2015年11月30日 (Archive)

刑事くんと羽生くんと、お寿司ー!これ羽生くんが撮ったのかな?二人よりもお寿司よりも刑事くんの手に一番ピントが合ってるっていうw

☆追記(12/4 13:45)

【フィギュア】羽生、300点超え一夜明け「自分の演技を成し遂げた」
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151129-OHT1T50101.html
フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯を世界歴代最高322・40点で制した羽生結弦(20)=ANA=が一夜明けた29日、会場の長野市ビッグハットで報道陣の取材に応じ「点数以上に、自分の演技を成し遂げられたことにすごく意味を感じた」と充実感を漂わせた。
理想の「絶対王者」に2006年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)を挙げ「彼のような唯一無二の存在になれればいい」と話した。この日はエキシビションで「天と地のレクイエム」を情感豊かに舞った。
12月のGPファイナル(12月10日開幕、バルセロナ)では史上初の3連覇が懸かる。「ファイナルでもいい演技を求めるが、その中で課題が見つかればいい」と、貪欲だった。
http://www.hochi.co.jp/photo/20151129/20151129-OHT1I50039-1.jpg

エキシビジョン大歓声 羽生「まだまだスケート人生終わらない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/30/kiji/ K20151130011600760.html
NHK杯の上位選手はこの日、エキシビションに出演した。羽生は「天と地のレクイエム」に乗って歓声を浴びると、アンコールではフリー「陰陽師」のステップを披露。フィナーレではマイクを握ってあいさつ。「まだまだ僕たちのスケート人生は終わりません。応援してください!」
浅田はタキシード風の衣装に身を包み、「踊るリッツの夜」を舞った。 [ 2015年11月30日 05:30 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/30/jpeg/ G20151130011600710_view.jpg

フィギュア:羽生、V3へ「自分超え」 次はファイナル
http://mainichi.jp/sports/news/20151130k0000m050099000c.html
今季のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズはNHK杯で終了し、来月10日に開幕するGPファイナル(スペイン・バルセロナ)に、日本勢5人の出場が決まった。ショートプログラム(SP)とフリーで計五つの4回転ジャンプを跳ぶ新たな演技構成を完成させた羽生結弦(ANA)は若手の台頭も踏まえ、さらなる高みを見据えた。
世界最高得点をマークしたフリーから一夜明けた29日。「興奮して寝られなかった。点数以上に、自分の演技を成し遂げられたことにすごく意味を感じた1日だった」としみじみ話した。
史上初めて300点超えを果たしたが、慢心はない。3連覇がかかるGPファイナルに向け、「自分の記録だけでなく、自分の演技を超えられるように」と向上心は尽きない。4回転ループの習得にも取り組んでいる。
女子は、宮原知子(大阪・関大高)が念願のファイナル切符を獲得した。完璧なSPで首位に立つと、フリーでも自己ベストを更新。ジャンプやスピンだけでなく、カナダでパントマイムのレッスンを受けるなど、取り組んできた表現力も向上。「初恋」をテーマにしたプログラムを情感豊かに演じてみせた。
1年の休養を経て復帰した浅田真央(中京大)から、初めてトップを奪ったが、「(優勝は)すごくうれしかったけど、なにか複雑な感じ」とおごりはない。NHK杯で3位に終わり「いろいろ考えたけれど、やるしかない」と言い切る浅田との再戦をはじめ、GPファイナルではメドベージェワ、ラジオノワと16歳のロシア勢も待ち受ける。
日本からは、村上大介(陽進堂)も初出場。昨季の世界ジュニア選手権優勝の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は、同2位の金博洋(中国)とともにシニア本格参戦1年目で、いきなりトップの舞台に上がる。【中村有花】
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/sports/images/ 20151130k0000m050101000p_size6.jpg

羽生、皇帝・プルシェンコを超え誓う
http://www.daily.co.jp/general/2015/11/30/0008607019.shtml
「フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯」(29日、長野市ビッグハット)
SP(106・33点)、フリー(216・07点)、総得点(322・40点)と3つの世界記録を打ち立てて優勝した男子の羽生結弦(20)=ANA=が29日、一夜明け会見に臨み、“皇帝”襲名に意欲を見せた。理想とする王者像に06年トリノ五輪金メダリストの“皇帝”、エフゲニー・プルシェンコ(33)=ロシア=を挙げ、「唯一無二の存在」となると誓った。次戦のGPファイナル(12月10日開幕・バルセロナ)では、プルシェンコを超える男子史上初の3連覇に挑む。
世界最高の夜から一夜明け、常にどん欲な羽生には珍しく、表情に満足感が漂っていた。「SP、フリーともノーミスは初めてに近い。興奮してうまく寝られなかった」。そして、笑いながら「得点より、ノーミスの演技をそろえられたことに喜びを感じた」と、納得の様子で振り返った。
質問が前夜のインタビューで発した「絶対王者」というコメントに及ぶと、自らの未来像をまくし立てた。絶対王者とは-と問われると「理想の王者はプルシェンコ選手。僕にとって憧れのヒーロー」と回答。得点の面では、すでに超えているが「今とは採点方法が違う。オーラだったり、強さだったり。彼のような唯一無二の存在になりたい」と目を輝かせた。
“ロシアの皇帝”のような存在になるための戦いは始まっている。この日の練習では、習得を目指している4回転ループに果敢に挑む姿があった。今大会、中国の新鋭・金博洋がフリーで4回転を4本入れる構成に挑んでいたが「僕は4回で十分とも思わない」と野心をたぎらせた。
3連覇への期待がかかるGPファイナル。今の羽生にとって、ライバルは自分しかいない。「ほかの選手は関係なく、自分の記録、演技を超えられるように頑張りたい」。過去の自分を打ち破り、その存在をより絶対的なものへと変えていく。
http://daily.c.yimg.jp/general/2015/11/30/Images/f_08607020.jpg


男子の4回転は質の争いへ フィギュアGPシリーズ終了
http://www.asahi.com/articles/ASHCY35VTHCYOIPE001.html
GPシリーズ最終第6戦のNHK杯で、男子の「ジャンプ新時代」は決定的になった。ショートプログラム(SP)とフリーを通じ、全員が演技構成に4回転ジャンプを組み込んだ。フリーで3種類の4回転ジャンプに4度挑んだ金博洋(中)も総合2位と健闘したが、優勝した羽生結弦(ANA)の演技は圧巻だった。
羽生はフリーでサルコーとトーループの2種類、3度の4回転ジャンプを入れ、すべてを成功させた。しかも、後半の連続ジャンプはこれまでの4回転―2回転ではなく、4回転―3回転に難度を高めた。
五輪王者の演技構成と、その結果たたき出した史上初のフリー200点、SPとの合計で300点突破という評価が、他選手を刺激するのは間違いない。「ただ4回転を跳べばいいか、というとそれだけではなく、きれいに降りなければいけない。そうすることで点数がもらえる」と羽生。跳ぶ数や難度はもちろん、出来栄え(GOE)の加点も目指した質の争いになってくる。 (略)
http://www.asahi.com/articles/images/AS20151129001577_comm.jpg

羽生、来季はフリー4回転5発!300点超えに続き「史上初」挑戦
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/30/kiji/ K20151130011600770.html
男子ショートプログラム(SP)、フリー、合計全てで世界最高得点をマークして優勝した14年ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、20=ANA)が、前人未到のジャンプ構成に意欲を示した。今季フリーは4回転ジャンプが3度だが、来季以降、史上初となるフリーでの大技5発に挑戦する可能性を示唆。12月10日開幕のファイナル(スペイン・バルセロナ)では、理想の選手に挙げるエフゲニー・プルシェンコ(33=ロシア)でも届かなかった男子初の3連覇を狙う。
自分に限界は設定しない。史上初の合計300点超えとなる322・40点をマークしても、羽生のスタンスは不変だった。中国の18歳・金(キン)博(ハク)洋(ヨウ)はルッツ、サルコー、トーループの4回転ジャンプを計4度、フリーで跳ぶ。金は「(フリーの)4回転は4つで十分」と話しているが、プリンスは「4つで十分かと言われれば、そうじゃないと思う」と更なる高難度プログラムへの挑戦に意欲を見せた。
フリーで大技5発は、誰もアタックしたことがない。羽生のフリーの4回転は、サルコーとトーループで計3度だが、シーズン前には4回転ループを組み込む野望を抱いていた。「今季、4回転ループをやりたいと思ってやってきたけど、まだできていない」。この日の練習では転倒したが、過去にはクリーンに決めたことがある。「日々の成長を楽しみながら頑張っていきたい」。4回転半も視野に入れており、来季以降の4回転5発は夢物語ではない。
常に進化を目指すのは、描く理想像があるから。「プルシェンコさんの選手像が絶対王者」。正確なジャンプを武器に06年トリノ五輪を制したプルシェンコに憧れ、小さな頃は髪形をまねしていたこともある。「オーラ、雰囲気、強さ…。彼独特のものに憧れていた。彼になろうというわけじゃなく、彼みたいに唯一無二の存在になれたらいい」と気合十分だ。
次戦はファイナル。プルシェンコは99―00年、00―01年シーズンに連覇を達成したが、次シーズンは2位に終わった。羽生が3連覇を達成すれば、男子初の偉業だ。自身を追う17歳の宇野も出場。「宇野選手もメディアを含めいろいろ言われると思う。ライバルだとか次期エースだとか。そういうのに関係なく、まず自分の記録だけでなく演技を超えられるようにしたい」。圧倒的なパフォーマンスと存在感で、オンリーワンへの道を突き進む。 [ 2015年11月30日 05:55 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/30/jpeg/ G20151130011600700_view.jpg

このお写真なんて楽しそうなの(๑˃́ꇴ˂̀๑)

【フィギュア】羽生が究極フリー計画 史上最高難度「4回転×5」
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151129-OHT1T50209.html
◆フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦 NHK杯最終日(29日、長野市・ビッグハット)
男女のエキシビションなどを行い、男子ショートプログラム(SP)、フリー、合計の“トリプル世界新”で優勝した羽生結弦(20)=ANA=が、2018年平昌五輪での連覇に向け、フリーで5度の4回転ジャンプを入れた史上初の高難度プログラムを検討していることを一夜明け会見で明かした。女子3位の浅田真央(25)=中京大=は12月のGPファイナル(10日開幕、スペイン・バルセロナ)へ気持ちを切り替えた。
羽生が4回転ジャンプを5度以上入れた究極のフリープログラムを目指す“絶対王者化計画”を掲げた。トウループとサルコーの2種類の4回転を3度入れ、史上初300点超えの322・40点を達成。異次元の世界に足を踏み入れたが、五輪2連覇に向けて慢心はない。4回転時代の未来像を問われると「分からない。分からないからこのスポーツは楽しい」としつつ「僕は4つで十分かと言われればそうではないと思う」と予告した。
18歳の新星、金博洋(中国)は最高難度のルッツを含めてフリーに3種類、計4つの4回転を組み込んだ。次なる目標を4回転ループの習得とする王者は「成長を楽しみながら、自分の限界へ挑戦していきたい」と宣言した。練習で度々成功しているループだが、まだプログラムに組み込めるような精度ではない。前日の優勝会見では「4回転ルッツは奇跡的に1度降りただけ。アクセルも数回チャレンジしたけど、回転も着氷もできていない」。日々挑戦する姿勢は変わらない。
理想の「絶対王者」にGPシリーズ22勝で、06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の名を即答し「憧れのヒーロー。彼のような唯一無二の存在になれればいい」と話した。GPファイナルではプルシェンコでもできなかった前人未到の3連覇がかかる。「戦う相手が誰であれ、今大会のような演技をしないといけない」。また新たな金字塔を打ち立てる。(高木 恵)
http://www.hochi.co.jp/photo/20151129/20151129-OHT1I50093-1.jpg
http://www.hochi.co.jp/photo/20151129/20151129-OHT1I50092-1.jpg

たーちゃんとハグする羽生くんの笑顔の無邪気さw

羽生、超人化計画!夢の4回転半で五輪連覇だ/フィギュア
http://www.sanspo.com/sports/news/20151130/fgr15113005030001-n1.html
フィギュアスケート・GPシリーズ第6戦NHK杯最終日(29日、長野市ビッグハット)「新皇帝」襲名へ-。前日28日に世界最高の322・40点をマークして優勝したソチ五輪金メダルの羽生結弦(20)=ANA=がトリノ五輪王者“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(33)=ロシア=超えを誓った。12月のGPファイナル(バルセロナ)で史上初の大会3連覇に挑戦。さらなる得点記録更新、2018年平昌五輪での連覇へ向け、4回転ループなど大技に挑戦する。女子3位の浅田真央(25)=中京大=はファイナルでの巻き返しを宣言した。
銀盤に刻んだ衝撃の余韻を楽しむように、羽生は東日本大震災の鎮魂歌『天と地のレクイエム』とフリーの『SEIMEI』を華麗に舞った。
「僕にとって理想の王者はプルシェンコ選手。絶対のヒーロー。彼のような唯一無二の存在になりたい」
27日のショートプログラム(SP)で106・33点、フリーでは216・07点をマーク。合計322・40点と3つの世界歴代最高得点をたたき出した希代のスケーターがあこがれるのが、皇帝プルシェンコだ。
もともと幼少期にマッシュルームカットをまねするなど、ロシアの英雄には並々ならぬ敬意を払ってきた。ソチ五輪で念願の初対決を果たし、存在の大きさを体感した。
その皇帝を超える。将来へ向け、準備を進めるのが4回転ループとクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)だ。4回転ループの基礎点は12・0点、4回転ルッツ(同13・6点)、4回転半ジャンプ(同15・0点)と難度が高くなるにつれ、基礎点が高くなる。
現在4回転サルコーなどで勝負する羽生にクワッドアクセルが完成すれば、350点も決して夢ではない。まだ、実戦で披露できるレベルにはなく、羽生自身、「今季、ループを跳びたいとやってきたけど、まだできていない」と打ち明ける。が、この日もエキシビションに向けた練習で4回転ループに挑んだ。
近い将来、さらに進化した4回転時代の到来が予想される。羽生は「僕は4つで十分かと言われればそうではないと思う」と負けん気をのぞかせる。不可能を可能にしてしまう男には、3年後の平昌五輪までに新たな4回転投入の期待が高まる。
「戦う相手が誰でも関係ない。自分の記録だけじゃなく、自分の演技を超えられるように頑張りたい」
まずは、ファイナルでのV3。その先にある最高得点。そして平昌での五輪2連覇。長野で伝説を生み出した「絶対王者」が無限に広がる可能性に挑む。 (江坂勇始)
クワッドアクセル
4回転半ジャンプ。進行方向に対して前向きに跳び上がり、空中で4回転半した後に、後ろ向きで着氷する。基礎点は15・0点(トリプルアクセルは8・5点)。最高難度のジャンプで、これまでに成功した選手はいない。

羽生結弦の野望「4回転4つでは十分じゃない」
http://www.nikkansports.com/sports/news/1573139.html
絶対王者が早くも野望を口にした。ショートプログラム(SP)、フリーともに歴代最高点を大きく塗り替え、前人未到の合計300点超え(322・40点)を達成したソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)が、一夜明け、29日の会見でフリーでの4回転ジャンプについて「4つで十分かと言われれば、そうではない」と発言。18年平昌での連覇に向け、それ以上に挑戦する可能性を示唆した。
大記録から一夜明けると、羽生は次の挑戦を始めていた。エキシビション前の練習で、成功したことのない4回転ループに挑んでいた。現在持つサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプに、もう1つを加えようと必死だった。会見では「今季、ループを跳びたいとやってきたが、まだできていない」と悔しそうに話した。
自分で出した得点が、新たな壁になった。それを超える、最強のプログラムとは何なのか。問いにこう答えた。
羽生 分からないです。分からないから楽しいんだと思います。(中国の)金博洋選手は4回転ジャンプ4つで十分だと言っていた。でも僕はそうではないと思う。
まだ、4回転4本を達成していないにもかかわらず、それ以上が必要だと口にした。大きな目標を掲げる背景には、男子フィギュア界の「4回転時代」の加速がある。今大会では男子全員が4回転を跳び、特に18歳の金は最高難度のルッツを含む4回転ジャンプ4本をフリーに入れた。連覇を狙う18年平昌五輪まで、さらにレベルが上がることは十分考えられる。
現規定で同じ4回転ジャンプを跳べるのは2回まで。もしフリーで5回跳ぶなら最低3種類が必要だ。羽生は既にルッツ、4回転半も練習し始めており、前人未到の「4回転5種類」が頭にはある。「日々の成長を楽しみながら、自分の限界に挑戦していきたい」。誰もが予想できなかったフリーの200点超え、合計点300点超えを達成してもなお、大きな可能性を秘めている。
エキシビションでは、フリーのラスト部分を再演し、観客を熱狂させた。2週間後には3連覇がかかるGPファイナル(12月10日開幕、バルセロナ)が待つ。「得点だけでなく、演技(の内容)も超えられるようにしたい」と、高いレベルを自分に求めた。【高場泉穂】
http://www.nikkansports.com/sports/news/img/sp-hanyu151130mt-ogp_0.jpg

ハイドロでこの目線…!FSの時もジャッジを睨み上げていたよね。ハイドロの部分って画面は全然顔アップになってなかったのに目が鋭く射抜くようにジャッジの方を見ていたの、忘れられない。

真央 羽生の驚異的スコアに「男子は凄く高いレベルに来ている」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/30/kiji/ K20151130011600830.html
NHK杯女子で3位だった浅田真央(25=中京大)は、寝付けぬ夜が明けて吹っ切れた。前日のフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を失敗するなど精彩を欠き、ホテルに帰ってもなかなか眠れず。「マイナスのことも考えて、プラスのことも考えた結果、もう考えるのはやめようと思った」と振り返った。
男子では羽生が驚異的なスコアをマーク。「毎年毎年レベルが上がっているし、男子は凄く高いレベルに来ている」と言う。自身もトリプルアクセルを武器に、女子では時代の先頭を走ってきた。12月のファイナルでは男女通じて最多となる5勝目が懸かる。スペインを訪れるのは初めてで、印象については「バルセロナ五輪は聞いたことがある。あとは、スペイン・バルって感じですかね」と笑っていた。 [ 2015年11月30日 05:30 ]


11年ぶりJリーグCSの視聴率はフィギュアに完敗
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151130-OHT1T50105.html
>羽生結弦(20)=ANA=が世界最高得点を記録し優勝した男子フリーの時間帯(後5時30分~6時30分)が18・0%、宮原知子(17)=関大高=や、浅田らが出場した後7時30分からの時間帯は平均23・5%、瞬間最高視聴率は31・0%まで上った。
普段あんまり視聴率とか気にして見てなかったけどメモ。サブチャンネル移行の悪夢…(✦▿✦)

Kurt Browning, Pj Kwong recap NHK Trophy
http://www.cbc.ca/sports/olympics/winter/figureskating/skate-canada-podcast-pj-kwong-1.3344598

株式会社フォート・キシモト PHOTO KISHIMOTO CORPORATION FB
https://www.facebook.com/photokishimoto/posts/1086976164653956:0
2015年11月29日
2015 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
エキシビジョン
羽生結弦 (JPN)
@ビッグハット
撮影:大内翔太/フォート・キシモト
© Shota OUCHI/PHOTO KISHIMOTO
Nikon D4s
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR
1/2000sec f/2.8 ISO:3200
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xfa1/v/t1.0-9/12316164_1086976164653956_4418192824272933527_n.jpg?oh=1605ef2b455367bca0353cc850f9c4fe&oe=56DEB8DF


フィギュアスケート
http://www.daily.co.jp/general/figure_photo/

羽生結弦、新採点方式で究極の点数へ。男子フィギュアの劇的進化を振り返る。
http://number.bunshun.jp/articles/-/824642
http://number.bunshun.jp/articles/-/824642?page=2
http://number.bunshun.jp/articles/-/824642?page=3
http://number.bunshun.jp/articles/-/824642?page=4
http://number.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/-/img_c036748f86df72d3a78d953209c9df3497863.jpg

羽生結弦 300点超えにあった自分との闘い「恐怖から逃げない」
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/sports/22307
http://jisin.jp/image?mode=show_image&cb_image_id=103906

フィギュアの進化を一気に加速させる羽生の「322点」 佐野稔の4回転トーク vol.⑦
https://op-ed.jp/sports_news/151130sano/

NHK杯男子 - 田村岳斗 -華麗なる舞- | J SPORTS
http://www.jsports.co.jp/skate/yamato/fs1516/nhk-4/

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。