スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバー12/6号

2012.11.22.Thu.21:24
羽生くん自身の言葉が何よりだと実感しました。
コーチ(と拠点)を選んだ理由、新しいプログラムについて、そしてスケアメのこと…
痛みも苦しみもステップにしていつも新しい自分を生きようとしている姿に、感動せずにいられません。

仙台への思いについても。聞いちゃいけないことじゃないんだね。今までも何度かインタビューで仙台や阿部コーチについても話しているけど、今回は「孤独と戦っている気持ちになることもある」。羽生くんにとってそれが触れられないものじゃないことがなんだか嬉しい。自分の気持ちを言葉で隠さないところが素敵だと思う。実は泣きました。涙腺ゆるいんだよ…。

インタビューは約3ページ。写真を入れると全部で6ページの特集。写真も文章もとてもよかったです。もう一冊買って保存版にしたいぐらい。

写真の美しさにはリアルに声が出た!wピンクの花バックと落ち葉のじゅうたんに寝そべるの図…もうこれ表紙で写真集出しちゃえよ!買いたいー!



拍手お返事↓
すーさま、コメントどうもありがとうございます。
私のつたない感想やらレポを読んでくださっていること、恥ずかしいような申し訳ないような気持ちがしますがやっぱり嬉しいです。ありがとございます!
私もまだまだNHK杯怖いです。表彰台固い、ということはファイナルも固い、と思われても、どんな可能性もありますもんね。最悪の結果も考えたくなってしまうのですが、羽生くんに習って成功を信じようと思います。明日は仕事で羽生くんの滑走時間に間に合うか微妙なところなのですが、祈るしかできないのでとにかく祈ります。
そしてどんな結果になってもEXではできるかぎりの声援送ってきます!すーさまの分も!
仙台から戻りましたらまた見てきたものについても書くつもりです。よかったらまた覗いてくださいね。つゆこ
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。