スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋死なば(崇徳院)

2012.08.22.Wed.00:11
恋死なば鳥ともなりてきみが住む宿の梢にねぐらさだめむ

崇徳院(久安百首)



一度は天皇でもあった人が、こんな乙女の祈りみたいな歌を詠むとは。。この恋が終われば私も死んでしまう、そして鳥になって君の近くで眠りたいなんて…。きゅーん…。まあ、創作らしいんですけどね。そんなんええねん。ただこの歌が好きやねん。
スポンサーサイト

決断した

2012.08.21.Tue.22:19
今回は…我慢する!!

続きを読む "決断した"

木下グループ様の3連ショーについて

2012.08.18.Sat.22:04
どうしたらよいのか考えるためにも、ちょっと出場者別に見てみよう。

続きを読む "木下グループ様の3連ショーについて"

木下グループ様

2012.08.18.Sat.21:25
勘弁してくださいませ。

続きを読む "木下グループ様"

白蘭紅蘭 1952

2012.08.17.Fri.18:25
白蘭紅蘭 久我美子 沢村晶子

監督:仲木繁夫 脚本:棚田吾郎、舟橋和郎 原作:藤沢恒夫
出演:久我美子、沢村晶子、山内明、森繁久彌、根上淳、高杉早苗、春本富士夫、水原洋一、星ひかる、田端義夫、橘喜久子他
製作:土井逸雄 配給:大映 1952年白黒91分

あらすじ:建築家の井筒英志(山内明)は伯父の遺産を相続することになるが、その条件は「翡翠の指輪を持つ竹村千草なる女性を見出し結婚すること、結婚しない場合は竹村千草に全財産を相続すること」であった。友人の新聞記者眞田(森繁久彌)から同姓同名の歌手がキャバレーにいると聞かされ、そこで『竹村千草』(久我美子)に出会う。彼女は妖艶な美貌とエキセントリックな行動で井筒を翻弄するが、実は両親を失った本物の竹村千草の知人によって名付けられた偽物の竹村千草であった。本物の竹村千草(沢村晶子)は学者の岩本(根上淳)と恋仲だったが、後見人夫婦によって他の男性と政略結婚させられそうになっており、逃げ出して働いていた喫茶店で『たか子』として井筒と出会う。

続きを読む "白蘭紅蘭 1952"

被写体不明のブロマイド 女性①

2012.08.16.Thu.19:58
かなりの美女なので有名な方なんじゃないかと思うけど、残念ながら尋ねる人もいないのでそれっきりになっているブロマイド。
続きを読む "被写体不明のブロマイド 女性①"

本日休診 1952

2012.08.15.Wed.22:14
本日休診 柳永二郎

監督:渋谷実 脚本:斎藤良輔 原作:井伏鱒二
出演:柳永二郎、淡島千景、鶴田浩二、三国連太郎、佐田啓二、角梨枝子、田村秋子、長岡輝子、中村伸郎他
製作:山本武 配給:松竹 1952年白黒97分

あらすじ:18年前に三雲病院を開院した三雲医師(柳永二郎)は、戦後に甥を院長に迎えて病院を再興。その一周年記念日を休診にして、若院長は看護婦達と熱海へ、三雲医師は手伝いのばあや(長岡輝子)とのんびり…するはずだったが、本日休診の札がかかっているにもかかわらず次から次へと客や患者がやってくる。

全体的に三雲先生が面白すぎるw
続きを読む "本日休診 1952"

小津安二郎先生の思い出 笠智衆

2012.08.11.Sat.01:21
小津安二郎先生の思い出 文庫 笠智衆

笠さんの声が聞こえるよう、といくつかのレビューで目にしていましたが、まさに…。
今のところ小津作品でしか笠さんを見たことはないのですが、本当にあの語り口そのまま。あの頷きながら喋っているかのようなリズムで、淡々と、笠さんの半生と一緒に小津監督のエピソードが語られていました。

短いけど、続きは以下へ。


続きを読む "小津安二郎先生の思い出 笠智衆"

心に花の咲く日まで 1955

2012.08.10.Fri.21:36
心に花の咲く日まで 芥川比呂志 淡島千景

監督:佐分利信 脚本:田中澄江、井田俊郎 原作:田中澄江
出演:芥川比呂志、淡島千景、杉村春子、丹阿弥谷津子、仲谷昇、長岡輝子、文野朋子、飯田紀美夫、加藤治子他
製作:文学座 配給:大映 1955年白黒111分

あらすじというか内容紹介:半年前から失業中の笹山三吉(芥川比呂志)と、ミシンで生活を支える妻すず子(淡島千景)のお話。ほんとにお金がなくて、赤ちゃんもいるのにどうしよ!って感じなんだけど、引き出しから小銭を見つけたり頂きもののお菓子を取り合ったりして、少しの可笑しみを持って日々を明るく暮らしていく二人。

続きを読む "心に花の咲く日まで 1955"

津島恵子さん

2012.08.04.Sat.01:50
お亡くなりになられたと…。

ああ。

あの明るく爽やかな、綺麗な方が、逝ってしまわれた…。



どうぞ安らかに。

これからも作品を拝見します。楽しみにしています。
どうもありがとうございました。

ひまわり娘 1953

2012.08.03.Fri.23:53
ひまわり娘 有馬稲子 三船敏郎

監督:千葉泰樹 脚本:長谷川公之 原作:源氏鶏太 音楽:黛敏郎
出演:有馬稲子、三船敏郎、伊豆肇、村瀬幸子、木匠マユリ、荒木道子、杉村春子、小林桂樹他
製作:藤本眞澄 配給:東宝 1953年白黒89分

美しい美しい有馬稲子の主演作品。私的には三船敏郎はおまけだ。有馬稲子はとっても美しいけど、あまり大作に出て存在感を示したという印象がないので、若く美しい頃の有馬稲子の軽く楽しい作品を見たいと思っていたのです。
1953年、有馬稲子21歳の時の作品。
…思ったより若い。今調べたんだけど、なんとなく27歳ぐらいかと思ってた。失礼。

続きを読む "ひまわり娘 1953"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。