妖精は花の匂いがする 1953

2012.11.02.Fri.17:15
妖精は花の匂いがする 1953 久我美子 森雅之 18

監督:久松静児 脚本:田中澄江、若尾徳平 原作:藤沢恒夫
出演:久我美子、森雅之、木村三津子、根上淳、千秋実、青山杉作、浪花千栄子他
製作:大映 1953年白黒93分

あらすじ:女子大生の小溝田鶴子(久我美子)は病身の姉との二人暮らし。アルバイトをしてなんとか暮らしていたが、大学の月謝を払えず退学の危機にあった。親友の米川水絵(木村三津子)が田鶴子に内緒で月謝を払ってくれるが、田鶴子はなんとかお金を返すため、モデルの仕事をすることにする。女学生に人気の丹下助教授はそんな田鶴子を心配し、惹かれ、彼女のために動こうとするが、彼に思いを寄せる水絵はそれに苛立ち、田鶴子と水絵の間はぎくしゃくしていく。

続きを読む "妖精は花の匂いがする 1953"