スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀ノ川 1966

2012.07.24.Tue.00:43
紀ノ川3

監督:中村登 脚本:久板栄二郎 原作:有吉佐和子 音楽:武満徹
出演:司葉子、岩下志麻、田村高廣、丹波哲郎、東山千栄子、有川由紀、沢村貞子、岸旗江、岩本多代他
製作:白井昌夫 配給:松竹 1966年カラー166分

和歌山の旧家の明治・大正・昭和を描く大作。
司葉子が22歳の花嫁から72歳の老婆までを演じるというのでちょっと不安だったのですが、それは大変に失礼なことでした。特殊メイクの技術も素晴らしいし、司葉子の演技力がなかなか立派。ただの綺麗なお嬢さんではなかったのですね。
彼女自身が鳥取の旧家筋の生まれなので持って生まれた分もあっただろうけれど、若く美しい花嫁の可愛らしさやあどけなさ、中年期の政治家夫人の静かなる険しさ温かさ、老年期の諦観滲むゆるやかな愛憎などを、年齢によって声も変えながら見事に演じ分けていた。

自分としては実は、これは傑作…!と鳥肌の立つほどの感動ではなかったのも正直なところだけど、司葉子への見方が完全に変わりました。こんなにも演じることへの執念を感じさせる女優だったのかと。これまでに見た出演作は「秋日和(1960)」のみだったので、本当に意外でした。

続きを読む "紀ノ川 1966"
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。