スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すずかけの散歩道 1959

2013.07.21.Sun.06:48
すずかけの散歩道 1959 93 司葉子

監督:堀川弘通 製作:藤本眞澄、金子正且 原作:石坂洋次郎 音楽:服部良一
出演:司葉子、津島恵子、森雅之、笠智衆、杉葉子、太刀川洋一、青山京子、長岡輝子、多川譲二、星由里子、山田真二、賀原夏子、重山規子、富永ユキ他
製作配給:東宝 1959年1月9日公開 カラー72分

あらすじ:出版社勤務の香月久美子(司葉子)は長姉素子の嫁ぎ先である作家石丸市郎宅で暮らしている。石丸家長男の春雄は絵を描くことに青春を費やしており、進学を心配した母素子が家庭教師を探していた。その話を聞いた久美子の同僚野崎(太刀川洋一)が後輩の村瀬(山田真二)という男を紹介する。そんな折、久美子の次姉で今は専業主婦の高畠信子が暇を持て余しているので働きたいと相談に来る。同席していた野崎が軽くいなしたため信子は立腹するが、野崎が妹の洋品店に働き口を作ってくれ、何度か会ううちに二人は親密になっていった。久美子たちの上司で編集長の野呂(森雅之)は妻を亡くしており、久美子に出張中の留守宅を時々見てやってほしいと頼む。自分への気持ちの現れだと受け取った久美子は喜びを感じ、泊まり込んでの世話をすることにするが。
続きを読む "すずかけの散歩道 1959"
スポンサーサイト

紀ノ川 1966

2012.07.24.Tue.00:43
紀ノ川3

監督:中村登 脚本:久板栄二郎 原作:有吉佐和子 音楽:武満徹
出演:司葉子、岩下志麻、田村高廣、丹波哲郎、東山千栄子、有川由紀、沢村貞子、岸旗江、岩本多代他
製作:白井昌夫 配給:松竹 1966年カラー166分

和歌山の旧家の明治・大正・昭和を描く大作。
司葉子が22歳の花嫁から72歳の老婆までを演じるというのでちょっと不安だったのですが、それは大変に失礼なことでした。特殊メイクの技術も素晴らしいし、司葉子の演技力がなかなか立派。ただの綺麗なお嬢さんではなかったのですね。
彼女自身が鳥取の旧家筋の生まれなので持って生まれた分もあっただろうけれど、若く美しい花嫁の可愛らしさやあどけなさ、中年期の政治家夫人の静かなる険しさ温かさ、老年期の諦観滲むゆるやかな愛憎などを、年齢によって声も変えながら見事に演じ分けていた。

自分としては実は、これは傑作…!と鳥肌の立つほどの感動ではなかったのも正直なところだけど、司葉子への見方が完全に変わりました。こんなにも演じることへの執念を感じさせる女優だったのかと。これまでに見た出演作は「秋日和(1960)」のみだったので、本当に意外でした。

続きを読む "紀ノ川 1966"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。